何一つわからないってところから祈る|Say “I don’t know anything!”

Essay
私は何一つわかっていなかった! というSFチックな体験を伴う癒しがいくつも起きて、そこから頻繁に爆笑の波が来る、という生活がしばらく続いている。
おかげで腹筋が物理的に痛い。

赦しが起きるとき、前後の脈絡は自我の捏造ストーリーだった、ということを明確に感じることがある。
「私は完全に何一つわかっていなかった」
という、SFみたいな超体験というか、突き抜ける何かを感じて、笑うしかない。

ところで、献身的にこの道を歩んでいる兄弟たちは、「Stop, Ask,Listen and Follow」の言葉を合言葉に、立ち止まって聖霊のガイダンスを聞いて従う、という生活をしている。

私はこの言葉を意識しつつも、日常全てにおいて聖霊に聞く、に未だなってない。

不安な時や、闇が上がっていてヤバいと感じているときは、自分の無力を自覚しているから素直に祈って聖霊に頼ろうとする。
一方で、「一見平穏に見える」(と自己判断している)ときは、聖霊に尋ねる間もなく動いてしまう。

「聖霊に訊かないこと」は別に罪ではないけれど、それは状況を自己判断して、「自分でなんとかやれる」と思っているからなんじゃないか?とふと気づいた。
(これまでもそういう話は聞いていたけれど、スルーしていた。)

前後の脈絡に、意味があると信じているから。
世界がリニアな時間軸で存在していると信じているから。
因果関係が外側にあると信じているから。

だから、私は自己判断が可能だと思い込んでいる。

でも、自我と同一化している私に、状況を判断する能力は皆無である。絶対に無理である。
なぜなら、「私の信じている因果関係」は、自我の捏造ストーリーだから。

というか、「自分は誰か」ということをわかっている、という前提で下す「私の判断」は、ことごとく誤っている。

私は、自分が誰か、わかっていないからだ。

「ヤバい・ヤバくないという自分の判断基準が完全に間違っている」という知覚がなければ、
「自分で何とかできるという考えは狂気の沙汰である」という結論にはならない。

全面的に聖霊に話を聞いたほうが 絶対に自分の利益になる
という確信は、「私は自己判断が可能だ」という傲慢さがあると至れない。

↓ 動画は、自分の判断がいかにあてにならないかわかって爆笑しているときのやつです。
私は「聖なるもの」を妖怪とか、恐ろしいものとして認識しているという、完全に狂った知覚で生きている。

え、じゃあなに!?
幼少期からたびたび起こる金縛りとかは、全部愛に対する防衛だったの?!というのを、爆笑しながら驚愕と共に理解したのでした。

私は「聖なるもの」を妖怪とか、恐ろしいものとして認識しているという、完全に狂った知覚で生きている。

この完全に狂った知覚は、私の願望から生じている。

2021年の5月に、知的には理解していたつもりだったのだけど、体感としてこんなにハッキリわからせてもらったのは本当にありがたい。
◆悪霊は存在しない|There are no evil spirits

お化け怖い知覚の図解

I had none of it figured out! I have been living for a while now, with several healing experiences that involve a sci-fi experience called “I didn’t know what I was doing” and frequent waves of laughter coming from it.
My abdominal muscles physically ache because of this.
When forgiveness occurs, there is a clear sense that the context before and after was a fabricated story of the ego.

I didn’t understand anything at all.
I can’t help but laugh when I feel a super experience like science fiction, or something that penetrates through me.

By the way, the brothers who are walking this path with devotion are living their lives with the words “Stop, Ask, Listen and Follow” as their watchword, stopping to listen and follow the guidance of the Holy Spirit.

I am aware of these words, but I have yet to listen to the Holy Spirit in all aspects of my daily life.

When I am anxious or feel that darkness is rising and I am in trouble, I am aware of my own helplessness, so I pray honestly and try to rely on the Holy Spirit.
On the other hand, when things are “seemingly peaceful” (as I judge myself to be), they move without asking the Holy Spirit.

I suddenly realized that it is because I judge the situation by myself and think that I can handle it by myself.

Because I believe that the context before and after has meaning.
Because I believe that the world exists on a linear time line.
Because I believe that causality is external.

So I believe that I am capable of self-judgment.

But, I identified with the ego, have no ability to judge the situation. It is absolutely impossible.
Because “my belief in causality” is a fabricated story by the ego.

Or rather, “my judgment” based on the assumption that I know “who I am” is wrong at every turn.

Because I do not know who I am.

Without the perception that “my criteria for judging whether something is bad or not is COMPLETELY wrong,” I cannot conclude that “the idea that I can handle it by myself is insane”.

It is absolutely in my best interest to listen to the Holy Spirit in its entirety.
The conviction that “I am capable of self-judgment” cannot be reached with the arrogance that “I am capable of self-judgment.

↓ The video is of me laughing when I realized how unreliable my judgment is.
I live with a completely crazy perception of “holy” as a specter or something horrible.

Oh, then what!
All the frequent kinbaku and other things that have happened to me since childhood were all defenses against devine love? I understood this with laughter and astonishment.

I perceive the “sacred” as a specter or something terrible.
I live with a completely crazy perception.

This completely deranged perception stems from my desire.

In May of 2021, I thought I understood this intellectually, but I am so grateful to have been made to understand it so clearly as a physical experience.
◆悪霊は存在しない|There are no evil spirits

Illustration of how ghosts become scary