負けられますように│be a loser to God

Essay
賞賛されたい・すごいと言われたい・認められたい・わかって欲しい
という気持ちは、

勝ちたい

という気持ちの現れで

「私が正しい」という主張が

その奥底には

神との分離を意図する決断が隠されている。

ひとつであった神から離れて、自分は神より優れたものだと主張するために
「私は神から離れ得た」と思い込もうとしている。

神から離れていないのに、
離れたと思い込むことで絶望してみじめになり

神から離れる力はないのに、
絶望とみじめさを隠ぺいするために
誰かに・何かに勝って能力を証明しようとする。

実際の所、私が勝負を仕掛けている相手は神だ。

私が勝とうとしている相手は全部、神の代理人だ。

私は神に勝とうとしている。

負けて負けて負け続けたら、
シーソーゲームでいい気分になることは出来ないから
ようやく「別の見方をしたい」と願えるようになるのかな

幻想の中の勝ち負けが、この世のものではない私にとって、「幻想に夢中になるためにエキサイトさせる」以外に、一体どんな意味があるのか 

神を相手に勝負を仕掛けて勝つということは、
分離を選び続けることに他ならない。
勝つことは、私とその他という別々の存在があるという証明になる

勝ちたいと願うとき、私は地獄を作ろうとしている。
勝ちたいと願うとき、私はひとつである天国を捨て、分離という地獄を作ろうとしている。

神に対して敗者であるということは、みじめではない。

神に負けたということは、
私は天国から離れる能力はなかった、
私はずっと神の子であった
と認めることだ。

兄弟に対して敗者であるということは、
兄弟の姿を借りた聖霊に対して敗者であるということだ。

兄弟に対して勝とうと思うのをやめよう
率先して地獄を作ろうとするのをやめよう

喜んですべての人に敗北しよう
そしたら、兄弟と溶け合って、一つであることを思い出せる
そしたら、私は神とひとつであることを思い出せる

兄弟に負けることは一見みじめに見える
でもそれは偽りの自己による誤った知覚だ
「地獄を作りたい偽りの自己」による誤った知覚だ

聖なるものを、聖なるもののまま愛せるように

私は神に負けることを毎瞬選ぶ必要がある。

兄弟に負けることが天国を選ぶことになるなら
私のやるべきことは徹底的に負け続けることだ。

誰かに賞賛されることや、認めてもらうこと、理解してもらうことを、望むことではない

私は神に負けることを毎瞬選ぶ必要がある。

毎瞬、神に負け続けられますように

無力であることを、選び続けられますように

I want to be admired, told I’m great, recognized, and understood.
These feelings are a manifestation of the desire to win.

The insistence that “I am right”

Underneath it all a hidden decision to separate from God.

In order to separate from the one God and claim that I am better than God.
and I say “I have separated myself from God.”

Actually I am not separated from God, but the thought of being separated makes me desperate and miserable.

I make my despair and misery by believing that I am separated from God.

In order to cover up their despair and misery, they try to prove their ability by beating someone or something.

In fact, the person I’m trying to beat is God.

All the people I’m trying to beat are agents of God.

When I say “I’m right, I know more than him”, I’m trying to win against God.

If I keep losing and losing and losing at this life-game,
I’ll finally be able to desire that “I wanna see things differently”.

What on earth does winning and losing in an illusion mean to me, other than “excite me to be crazy about the illusion”, which is not of this world? 

To win against God is to continue to choose separation.
Winning proves that there are two separate entities, me and the other.

When I want to win, I am trying to create hell-universe.
When I want to win, I am abandoning heaven, which is one, and creating hell, which is separation.

It is not miserable to be a loser to God.

I did not have the ability to leave heaven.
so, I have always been a child of God.
I have always been a child of God.

To be a loser to brothers is to be
a loser against the Holy Spirit in the form of brothers.

I wanna stop trying to win against brothers.
I wanna stop trying to take the initiative in creating hell.

I wanna gladly be defeated by everyone.

Then I can meld with my brothers and remember that we are one.
Then I can remember that I am one with God.

To be defeated by brothers are seemingly miserable
But it’s a false perception of the false self.
It’s a false perception by the false self that wants to create hell.

To love what is holy as holy.

I need to choose to lose to God every moment.

If losing to brothers means choosing heaven.
All I have to do is keep losing.

It’s not about wanting someone to admire me, to accept me, to understand me.

I need to choose to lose to God every moment.

May I continue to be defeated by God every moment.

May I continue to choose to be powerless.