神には敵わないので私は無罪|I am innocent because I am no match for God

Awareness
「自分は罪深い」と言い張りたい気持ちが、どこかに強くある。

例えば子供の頃、ももこはご飯を食べるのが苦手だった。
「生き物を犠牲にしないと私は大きくなれないのか」と思った。
「じゃあ食べたくない」と思った。

「私は誰かの命を奪わなければ生きてくことさえ出来ないんだ。生きること自体が大罪だ、食物連鎖のピラミッドの頂点にいるんだから。殺害と搾取を前提としないと生きていけないなんて、あんまりだ」

そう思ったら、小学生の私は生きている限りこの罪から逃れられないという絶望的な気持ちになった。
もっと成長してヒンドゥーのカルマ(業)について知ってからは、「これはますます逃げられんな」と思った。

食事の度にいちいちそこまで思いを馳せていたら気分が悪くなるので、そのうち何も考えないようになった。

でも、その後も「自分は罪深い」という形容しがたい感覚は、手を変え品を変え、繰り返しももこの人生に現れ続けてきた。

これは自責の感覚のみではなく、他責の形にも投影される。潜在意識においては「あなた」も「私」も一緒くたなので、誰かを咎めることはそのまま自分を裁くのと同じなのだった。

肉体を持つ自己にアイデンティティを置く限り、「私はカルマを背負った罪人である」という根源的な罪悪感はなくならない。
抑圧することで目を逸らすことはいくらだってできるけれど、抑圧されたものは別の形で噴出する。
これはとてもシリアスな、差し迫った問題に感じられる。

「私は罪深い」と証明するために、私はいくつもいくつも問題を作っては投影し続けてきた。
そのたびに、様々なことを学んで、一つ一つを解決してきた。
その時々で役に立った具体的な教えはたくさんあった。
ときには同じ問題に苦しむ人に、お金をもらってアドバイスすることができるほど、私は色んなことに習熟した。
でも、もう対処療法は十分だ。

奇跡講座において、「無数の問題の根本にあるのは、『私は神から離れた』というたったひとつの巨大な罪悪感である」というアイデアを知ったとき、私はそれが真実だとわかってしまった。

<私は神から離れた>

幼少から持ち続けてきた形容しがたい絶望的な感覚と、この言葉は、まさしく波長がぴったんこ!そうこれよ、と私の直感は叫んだ。
この言葉は、私にとって言い知れない恐怖を伴って感じられるようになった。

「私は神から離れた」
「聖なる源から離れたから、私は罪深い存在である」
「私はかつて神の子であった者(私)を殺害し、地獄へ落とした」
これらの感覚は、セットになっている。

肉体を持つ自己として存在することへの罪悪感は、「私は神から離れた」というたった一つの大きな罪悪感を原型として投影されたものだ。

この感覚を表現するなら、

がびょーん(゚д゚lll)

である。
「私は神から離れた大罪人だ」

無意識に抑圧され、大海に薄められていた毒が、言語化されたことにより超ウルトラハードな感じでわたしに襲い掛かった。これまでは希釈されていたのに、毒瓶をリッター単位で直飲みしているみたいなドシリアスな精神状態になった。
どうしていいんだかわからない。死ぬ。しかも聖霊は容赦なく四方八方から愛のメッセージを送ってくる。もう逃げたくてたまらない。死ぬ。愛が怖い。こんなに罪深い私が救われるわけない。死ぬ。愛してるって言わないで。アタイはそんな愛に値する価値のある存在じゃないんだからぁぁああと、週2ペースでオンオン泣いていた。こんなの奇跡講座じゃない、絶望講座じゃねーかと思った。
そう、真面目なコース学習者が通ると言うなむ、いわゆる自我の大暴走です。

死にそうな気持ちで書いた記事1
さらに発狂している記事2

絶対に目覚めたくない|I never want to wake up 

それは裁くべき「罪」ではなく、訂正可能な「誤り」である

そんなわけで、奇跡講座を学び始めて1年以上経っても、ももこはずっと心の奥で「私はこの罪深さの感覚から脱する必要がある」「赦しの実践を行うまでは、私は罪深い」という感覚があったのです。

「より聖なる者に近づくために、<赦し>を行う必要がある。それまでは私は不完全だ」というような。

ところが最近、瞑想中に聖霊から

「<私は罪深い>という信念は、『私は神から離れる能力があります』って主張しているのと同じだよ~ん」

と言われて脱力してしまい、シリアスな気分が吹っ飛ぶという事件が起きました。

そ、そうか……!
<私は罪深い>という信念を持つことは、全然謙虚じゃなかったのか!!

同じことを、これまでもテキストや勉強会の中で何度も何度も何度も教えてもらっていたのですが、おそらく私が受け入れる段階になかったので、一切わかっていなかった。
あれだけさんざん勉強会で言われていたのに、まったく腑に落ちていなかった。
マイティーコンパニオンの皆さま、辛抱強く教えて続けてくれてありがとう!!アタイ、やっとちょっとだけわかったわ!!嘘、わかってないかもしれないけど、ちょっとだけ進歩したと思うわ!!(笑)←わかったとか言い出したらヤバイと言うことはわかってきた( ´艸`)

「私は罪深い存在です」という言葉は、跪いて懺悔をしているような、一見非常に謙虚なおもむきがあるのがやっかいです。

ところが、聖霊によると、「<私は罪深い存在です>と主張することは、『私は神から離れうる、神に勝る特別な能力を持つ存在です』という主張になる」ので、
自分に罪があると主張することは、謙虚どころか狂気の沙汰で、ものすごい勘違いなんだよとやさしく言われて、ハッとしました。(今更)

三段論法でまとめてみた▼

・「私は罪深い」=「私は【神の子】を辞めて神から独自に離れ、罪を犯す能力がある」
・「私は神の子を辞めて神から独自に離れ、罪を犯す能力がある」=「私は神より優れた特別な存在だ」
∴「私は罪深い」=「私は神より優れた特別な存在だ」
これは恐ろしい。
スーパーエクストリーム勘違いだッッ!!!

この論法だと、「私は罪深い」と主張することは「私こそは神である」と詐称することとほぼほぼイコールになります。

「いったいキミは自分を何だと思っとるのかね、神に勝つ気なのかね?」とツッコミを入れたくなった。
きっと、回答は2通りあるよね。

自我
私は自我です。神に勝つ能力があります。
神から離れることができるので、私は罪深いです
神の子
神の子でーす!負けまーす!
創造主と同じ土俵に立てるわけないじゃん

謙虚さと、自分が罪深いという信念は、絶対に両立できない。
自分が罪深いという主張は、自分は神に勝つ能力があるという不遜さのあらわれだからです。

神の子に、神から離れる能力などはないのだ。

「自分は神の子ではない」という誤った信念を抱くこと自体が、神に対する傲慢さの表れというか、「ほんとうに何をやってるんだかさっぱりわかっていない」狂気の状態なんだね。

【結論】

神に敵うわけがないので、私は神の子です。そして神の子に罪はないのだった!

ちなみに、聖霊からは「あなたは自分の個人的な努力によって聖性を獲得できるわけではない」とも言われました。
赦しの実践をする中で、あたかも自分の努力で聖性を獲得するようなイメージがあったのが、完全に払しょくされた気がします。

負けるが勝ちなんだねー

この羽毛のごとき願望、この微小な幻想、罪への信念の微々たる残骸だけが、かつては世界のごとくに見えていたものの遺物のすべてである。それはもはや容赦なく平安を阻む防壁ではなくなっている。(中略)
真理の大いなる翼の前で、一片ひとひらの小さな羽毛にどれほど力があるというのだろう。
それは鷲の飛翔に対抗したり、夏の訪れを妨げたりできるだろうか。
雪に覆われた庭を夏の太陽が溶かすのを妨害できるだろうか。
この小さな取るに足りないものがいとも簡単に持ち上げられ、運び去られ、二度と戻ってこなくなるのを見なさい。
そして、後悔ではなく喜びをもって、それに別れを告げなさい。
なぜなら、それ自体は無であり、あなたがそれによる保護をもっと強く信じていたときにも、それは何も表していなかったからである。
溶けてゆく雪片をじっと見つめ、冬の寒さを思い出して震えているよりも、夏の太陽に挨拶するほうが望ましくはないだろうか。

(「奇跡講座」上巻 中央アート出版社|T19-Ⅳ平安への障害8-9)

木曜の読書会でこの箇所を読んで、思わず笑いが止まらなくなった。
聖霊が、自我に対して、とても詩的にボロカス言っている。
「おかえり!」と笑顔で声をかけられた気がした。

There is a strong urge somewhere in me to insist that “I am sinful”.
For example, when she was a child, Momoko had a hard time eating food.
I thought, “I can’t grow up without sacrificing living things.”
“Then I don’t want to eat it.”

“I can’t even live without taking someone else’s life. It’s a mortal sin to live, because I’m at the top of the food chain pyramid. It’s too bad that I can’t live without killing and exploiting.”

“I was in elementary school at the time, but this thought made me feel hopeless.I would not be able to escape from this sin as long as I lived.”

When I grew up and learned more about Hindu karma, I thought, “This is even more difficult to escape.”

If I had to think about it every time I ate, it would have made me sick, so I eventually stopped thinking about it.

But even after that, the ineffable feeling of “I am sinful” has continued to appear in my life, changing hands and repeating itself.

This is not only a sense of self-blame, but is also projected in the form of other blame. In the subconscious mind, “you” and “I” are one and the same, so blaming someone is the same as judging myself.

As long as we place our identity in our physical self, we will never lose the fundamental sense of guilt that says, “I am a sinner with karma on my shoulders.”
We can always look away by repressing it, but what is repressed will erupt in another form.
This feels like a very serious and pressing issue.

I have been making and projecting many, many problems to prove that “I am sinful”.
Each time, I have learned different things and solved each one.
There have been many specific teachings that have been helpful at times.
I’ve learned so much that sometimes I get paid to give advice to people who suffer from the same problem.
But I don’t need any more coping mechanisms.

When I learned the idea that “at the root of countless problems is a single, enormous guilt: ‘I am separated from God,'” in the course, I knew it was true.

“I am separated from God.”

The words were on the exact same wavelength as the inexplicable feeling of despair I had carried with me since childhood! That’s it!, my intuition screamed.
These words came to me with an inexplicable sense of dread.

“I am separated from God.”
“I am sinful because I am separated from my holy source.”
“I have murdered the one who was once God’s child (me) and cast me into hell.”
These are a set of senses.

The guilt of existing as a physical self is an archetypal projection of the original great guilt, “I am separated from God”.

The best way to describe this feeling is

OMG

I’m not sure how to describe it.
“I am a great sinner, separated from God.”

The poison that had been unconsciously repressed and diluted in the ocean was now verbalized and attacked me in a super ultra hard way.
I was now in a serious terrible state of mind, as if I was chugging gallons of poison.
I don’t know what to do. I feel dying. And the Holy Spirit is relentlessly sending me messages of love from all directions. I couldn’t wait to escape. I feel almost dying. I’m afraid of love. How can I be saved if I’m so sinful? I’ll dying. Hey, Don’t tell me you love me. I’m not worthy of that kind of love…
I cried and cried at a rate of two times a week.
I thought, “This is not a miracle course, it’s a despair course.”
Yes, this is the kind of ego outburst that all serious course learners go through.

Here’s an article I wrote while feeling like I was dying
and more…almost crazy one

絶対に目覚めたくない|I never want to wake up 

It is not a “sin” to be judged, but an “error” that can be corrected.

So, even after more than a year of studying the miracle course, Momoko always had the feeling in the back of her mind that “I need to get rid of this sense of sinfulness, and that until I practice forgiveness, I am sinful.”

Like,
“I need to do forgiveness so that I can become more holy. Until then, I’m incomplete.”

However, recently, during meditation, the Holy Spirit told me
“The belief that “I am sinful” is the same as claiming that “I have the ability to separate myself from God”.”
It was so surprised me and my serious mood was blown away.

So, yeah……!
Having the belief that “I am sinful” wasn’t humble at all!

The same thing had been taught to me over and over again in texts and study sessions, but I didn’t understand any of it, probably because I wasn’t at the stage of acceptance.
Even though I had been told so much in the study sessions, it had never really sunk in.
Thank you, Mighty Companions, for your patience and continued teaching! I finally understand a little bit! No, I may not understand, but I think I’ve made some progress! (haha) ← I’ve come to understand that it’s not understand to saying I understand XD

The trouble with the phrase, “I am sinful,” is that it has a seemingly very humble face, as if one is kneeling in repentance.

However, according to the Holy Spirit, “to claim, ‘I am sinful’ is to claim, ‘I have a special ability that separates me from God and makes me superior to God.”
The Holy Spirit gently told that claiming that I am sinful is not humility but insanity and a terrible misunderstand, and I huffed. (After all this time)

I summarized it in three paragraphs ▼

・I am sinful = I have the ability to quit being a child of God, to separate myself from God, and to sin.
・I have the ability to quit being a child of God, to separate myself from God, and to sin=I won God
∴ “I am sinful” = “I am superior and special to God.”

This is horrible.
Super Extreme Misunderstanding!!!!
In this argument, claiming “I am sinful” is almost as good as fraudulently claiming “I am God”.

“What the hell do you think you are, trying to win over God?”
I’m sure there are two ways to answer that question.

Ego
I am the ego. I have the ability to win over God.
I am sinful because I can separate myself from God.
Child of God
I’m a child of God! I haven’t any special power to separate from God!
How can I be on the same playing field as the Creator?

Humility and the belief that I am sinful are absolutely incompatible.
For the claim that I am sinful is a manifestation of my irreverence that I am capable of defeating God.

A child of God does not have the ability to separate himself from God.

“The false belief that “I am not a child of God” is itself a sign of arrogance toward God, or rather, a state of insanity in which “I really have no idea what I’m doing.

[Conclusion]

I am a child of God because I cannot overcome the Creator. And there are no sin in the Child of God!

Incidentally, the Holy Spirit also told me that “you cannot attain holiness through your own personal efforts.”
In practicing forgiveness, I feel that I have completely dispelled the image that I had of achieving holiness as if it were through my own efforts.

I guess losing is winning!

This feather of a wish, this tiny illusion, this microscopic remnant of the belief in sin, is all that remains of what once seemed to be the world. ²It is no longer an unrelenting barrier to peace.(omission)
How mighty can a little feather be before the great wings of truth? ²Can it oppose an eagle’s flight, or hinder the advance of summer? ³Can it interfere with the effects of summer’s sun upon a garden covered by the snow? ⁴See but how easily this little wisp is lifted up and carried away, never to return, and part with it in gladness, not regret. ⁵For it is nothing in itself, and stood for nothing when you had greater faith in its protection. ⁶Would you not rather greet the summer sun than fix your gaze upon a disappearing snowflake, and shiver in remembrance of the winter’s cold?

I read this passage in Thursday’s reading group and couldn’t stop laughing.
The Holy Spirit is ragging on the ego in a very poetic way.
“Welcome back!” I felt like the Holy Spirit was saying to me with a smile.