「私は間違っている」ほうが幸せ | I’m wrong, I’m happy

Progress
何かをきっかけに、「自分が無能で怠惰で恥ずべき存在である」
という気持ちがブワーッともりあがることがある。

それはたいてい、初めは誰かや何かに対する怒りとして意識に上ります。

別に誰でもいいんだよね。
きっかけも、なんでもいいんだよね。
相手をジャッジして罪を着せることで、自分の無垢さを確立しようとしているだけなのです。

「私が無罪であるために、お前は有罪だ」
という単純な力動です。

世界はロールシャッハテストのようなもので、
ほんとうは意味のない素粒子のスクリーンに
自我の投影機がその欲求に従って意味を映し出しているだけです。

「怒りが沸く」状況においては
相手に問題があるとして、原因を求めがちですが
「頭に血が上っているとき、私は正しいって言い張りたいときは、絶対に自分が間違っている。」
ということを忘れないようにしたい。

これは物理的なレベルの条理の話ではなく
もっともっと深いところでの話になります。

相手を罪に定めようとする、その人差し指は、実は自分を指さしている。

「おまえ」と言いながら
「わたし」と言っている。

「お前に罪がある」という言葉は
「わたしは罪深い」と言っている。

ニュースを見て政治家を批判し
家族を見て腹を立て
仕事をして不満を言う。

これは実際のところ、すべて「私は罪深い存在です」という宣言です。

そこまで自覚を深めると、かなり悶絶することになるので、
私は怒りの底にあるものを見過ごそうとしてしまう。
だってそんなの見たくないもの。

原因が外側にあると思ってたら、内側を見ないで済む。

もちろん、
物理的なレベルでの解決策は、必要とされることもある。
犯罪を犯した人は法に則って適切に裁かれる必要がある、
子供は愛情をもって育てられる必要がある、
大けがをしたら病院に行った方がいい、
歯磨きしてから寝た方がいい。

それについては、それが真実だと信じているレベルに従って行われるとよいと思います。
物理的なレベルでの解決策が邪悪なわけでは決してないので。

しかし
もっとも深いところでの解決策は、「心」です。
この罪悪感が解消されない限り、
手を変え品を変え、私は外側に「罪」を映し出します。

外側にどれだけ腹を立てるかは、
どれだけ自分に罪深さを感じているか、ということとイコールです。

自分の罪深さ、というものも幻想なのですが、
この幻想がリアリティを伴ううちは、抑圧したり無視したりせず
「こういう気持ちを感じているんだな」と
湧き上がってくるに任せて見つめる過程が必要です。

自我の闇を打ち明けることと、
感情のままに怒りや悲しみを表現することは、似て非なるものです。

なぜなら目的がちがうから。

心の平安と再びつながるという目的のもと、兄弟に自我の闇を打ち明けるのは
聖霊に、時間を短縮してもらう行為です。
「本当は、私(あなた)は神の子であるとわかりたい」
「だから、私の見方がまちがっていることを望む」
という祈りが、その打ち明けの後に続きます。

攻撃や自己顕示の意図を持って、糾弾したり感情を語るのは
自我との同一化を深める行為です。
「私の知覚が正しい。だからあなた(世界)が変わりなさい」
「私は肉体であることを望む」
という願望が、その言葉の奥にあります。

世界の側を変えようとするのではなく
「別の見方がしたいです」
と宣言することで
私の心を変えてもらいたい。

そして、
私が神様から離れるなんて
そもそもできるはずがなかったのだということを
教えてもらいたい。

毎瞬、毎秒、教えて欲しい。

「私は肉体ではない。私は自由である。
私は今も神が創造したままの私なのだから」

って。

Something triggers a feeling of “I am incompetent, lazy, and shameful.
It usually starts out as anger towards someone or something.

It doesn’t matter who it is, right?
The trigger can be anything.
I’m just trying to establish my innocence by judging and guilting others.

“You must be guilty in order to guarantee my innocence.”
It’s a simple dynamics.

The world is like a Rorschach test,
a screen of subatomic particles with no real meaning,
just the ego’s projector projecting meaning according to its desires.

In an “angry” situation,
it’s easy to assume that the other person is the problem and seek the cause.
“When I’m mad, when I want to say I’m right, I’m definitely wrong.
I want to remember that.

I’m not talking about the physical level.
It’s about something much deeper.

The index finger that is pointing to the other person as guilty is actually pointing to myself.

“You” means “I”.

The words,
“You are guilty” means “I am sinful”.

I watch the news and criticize the politicians.
I look at my family and get angry.
I complain about my work.

All of this is,
in fact,
a declaration that “I am sinful.”

When I get to that point of awareness, it can be quite agonizing.
I try to overlook what’s at the bottom of my anger.
Because I don’t want to see that.

If I think the cause is on the outside, then I don’t have to look on the inside.

Of course
Solutions on a physical level are sometimes necessary.
People who have committed crimes need to be brought to justice according to the law.
Children need to be raised with love and care.
If you are seriously injured, you need to go to the hospital.
You should brush your teeth and then go to bed.

I think it would be better if it was done according to the level of truth we believe it to be.
Because the solution on a physical level is not necessarily evil.

But
The solution at the deepest level is the mind.
As long as this guilt is not resolved
I will continue to project it to the outside world.

How angry I am with the outside
is
equal to how guilty I feel about myself.

My sinfulness is also an illusion.
But while this illusion looks real, we should not suppress it or ignore it, but let it come up and look at it as it comes up.

Expressing the darkness of the ego to the Holy Spirit and confiding one’s anger and sorrow with emotion impulsively are two different purposes.

Expressing the darkness of the ego to a brother is an act of asking the Holy Spirit to shorten the time.

“I really want to know that I (you) am a child of God, so I hope I am wrong.” follows the confession.

Denouncing and talking about feelings with the intention of attacking or showing off is an act of deepening identification with the ego.
“I know you are wrong.”
“My perception is correct, so you (the world) should change.”

Instead of trying to change the world.
By declaring, “I want to see things differently.
I want to change my mind.

And
I want you to teach me
That I was never separated from God
in the first place.

I want to know,

“I am not a body. I am free.
For I am still as God created me.”
(A Course in Miracles| W-201)

every moment.