無防備という名の無敵 | Invincibility in the name of defenselessness

Essay

久しぶりに友人と会って話をして

「私もう、本音のコミュニケーションしか欲してないんだ」
とわかって、ひそかな戦慄と共に、何かが過ぎ去った感じがあった。

私はもう、
忖度とか、タテマエとか、お世辞とか、そういうものをひとつも必要としない。

そういう雑音は要らない。

前からその傾向はあったけど。
潔癖な感じではなく、シンプルに必要ないと感じるのです。

以前は相手が元気になるように、あるいは心に届きやすいように、少しのお世辞や誇張表現を混ぜて話すことが多かった。

それが親切だと思ってた。
そういうコミュニケーションが楽しいと思ってた。

でもちがうことに気付いた。

それは、保身だ。

ももこという個別のアイデンティティが、嫌われることで不利益を被ったり、傷つくことを避けるための保身だった。

愛のためなら、本当の本音しか話したらいけない。

やさしくオブラートに包むことが必要な場面もあるかもしれないけれど

友の役に立ちたいとき、
親切ごかして本音を偽ってはいけない。

本音を偽るとき、
私は利己心を優先しているとわかった。
それは、愛のためにならない。

雑音を、混ぜるくらいなら、黙っていたい。

本当の本音は、罵倒でさえも愛の響きしか持たない。

底の底にある本音をわかちあうなら

わたしたちは無敵だ。

「友よ、あなたは神の子です。」
「私は、神の子に出会うためにここに来ました」
「本当の姿を見せてください」

ところで、こないだまで週2で、重度身体障害者の福祉施設で働いてました。

「もし自分が何の役にも立たないとすれば、そんな自分に価値を認めることは難しいです」と祈ったら導かれた場所でした。
この記事らへんの時期に祈った)

「社会的には何も生産的なことをしてない人たち」から、たくさんのことを学ばせていただきました。

どんな格好をしていようと、どんな在りようをしていようと、あなたの奥にはかならず聖なる霊が存在している。

肉体は虚飾である。
何が出来ようが、出来なかろうが、病気だろうが健康だろうが、金持ちだろうが貧乏だろうが、頭が良かろうが悪かろうが、全く関係ない。

奥にいる
神の子がいる

あ、やりきったな。
と思った翌日に、契約終わりの電話が来ました。

次はどこで何を学ぶのだろうか

It’s been a while since I’ve seen and talked to a friend.

“I realized that I only wanted honest communication anymore.
With a secret shiver, I felt that something had passed.

I was no longer interested in
I don’t need any more discoveries, flattery, sycophancy, or any of that stuff.

I don’t need any of that noise.

I’ve always had that tendency.
It’s not that I’m fastidious, it’s simply that I don’t feel the need for it.

I used to mix a little flattery and hyperbole in my speech to make the other person feel better or to reach their heart.

I thought that was kindness.
I thought that kind of communication was fun.

But then I realized that I was wrong.

It was self-preservation.

It was self-protection to avoid being disadvantaged or hurt by being disliked for the sake of Momoko’s individual identity.

For the sake of love, I should only speak my true feelings.

There may be times when it is necessary to wrap things up gently, but

When I want to be of service to my friends, I must not pretend to be kind.

When I disguise my true feelings
It’s not in the service of love.

I’d rather keep my mouth shut than add noise to the mix.

True feelings, even cursing, can only have the sound of love.

If we share our true feelings at the bottom

We are invincible.

“My friend, you are a child of God.”
“I have come here to meet a child of God.”
“Show me who you really are.”

By the way, until recently, I worked twice a week at a welfare facility for the severely disabled.

I prayed, “If I am of no use to society, it is difficult for me to recognize my own worth,” and the Holy Spirit led me to work there.
(I prayed around the time of this article.)

“I’ve learned a lot from “people who aren’t doing anything productive in society.

No matter how you dress, no matter how you are, there is always a holy spirit inside of you.

The body is an illusion.
It doesn’t matter what you can do or not do, whether you are sick or healthy, rich or poor, smart or not smart, it doesn’t matter at all.

Behind it all is the real you.
There’s God’s child.

OK, I’ve done it.
The day after I thought I had done it, I got a call to end the contract.

I wonder where is next HS guidance and what I learn next…