ゆく当てのない怒り|Anger with nowhere to go

Essay
「私が本当は誰なのか教えてください」
と祈ったら、
ゆく当てのない怒りのムーブが、ぐるぐると心の中の「原因」を探しているのを感じた。

誰に対する怒りなのか
あの人ではない
この人でもない
ぐるぐると照合しては「ちがう」と言う。

これじゃろ、と行きついたのは
「私」宛だった。

キャラクター・ももこの私じゃなくて
「一者である私」のことだ。

「一者である私」は、途方もない怒りをもてあましている。

この怒りを自分宛に抱えもっておくわけにはいかない。
そうしたら私は有罪になってしまう。
誰かに、誰かに押し付けたい。

誰かいないか、誰か、誰か、誰か。
そうして無数の「私」が生まれた。

私は、この怒りを、出てくることを許可する。
キャラクター・ももことしては許容してこなかった、この怒りを、
聖霊という監督の下に、開放することを許可する。

私は途方もなく怒っている。
なんでそんなに深く怒っているんだろう。
私は、なんでそんなに深く怒っているのか。

私はまず、神の子を殺すことに同意したという罪がある。
と思っている。

そして、その罪を隠ぺいするために
無数の私たちを殺すために作り上げ、
神の子を散り散りに分裂させて、
何度も何度も虐殺し続けたという、
数えきれない罪を犯したと思っている。

そして
その罪を隠ぺいするために
さらに被害者と加害者がいるかに見せかけ
肉体なき殺人を日々神の子に犯させている!!!!!!!!!!!!!!!

私は、神の子に、年がら年中、宇宙の始まりから終わりまで
大量殺戮をさせつづける、という罪を強要している、加害者だ。
と思っている。

でも、怒っていたら、その罪は「誰か」のものになると感じている。糾弾が私の無罪を証明するとして、攻撃し続ける。

だから、無実を主張するためには、
逃げられないこの罪から一時的に逃げたような気分になるためには、
誰かを悪者にして、神の裁きから逃げ続けたいと思っている。

私はこの大罪を神から糾弾されることを予期している。
だから、反論するために攻撃しなきゃいけないと思う。

とても気持ち悪い。

「私は悪くありません」と言うために
「あいつが悪いんです」と犯人を捏造するために
私は自分を分裂させて私たちになった。

[私が無罪であるために、彼は罪人である必要がある]

人間が何世紀経っても戦争をやめないのは当然だ
人間の存在意義は、罪の押し付け合いによって成っている。

精神分裂した「私という一者」のパペット同士が
右手と左手で不毛な殺し合いをやり続けている。

殺し合うために作り出された存在が、殺し合うのは当然だ。

そして
私はもはや
殺し合うのをやめたいのです。

主よ、私を見てください。

主よ、私を見てください。

私は、あなたの創り出した被造物に、罪を犯すよう強要したと感じています。
私は、あなたの愛する一人子に、凶悪犯罪を犯し続けるよう卑劣な手段を講じました。

私は、あなたの愛する子供が、みじめでい続けるように、
ずっとずっと、いたいけな幼子の顎に鈎をひっかけて引き回し、
「さあ殺せ、さあ犯せ、さあ嘘をつけ、さあみじめになれ、這いつくばれ」と強要し続けています。

私は、あなたの愛する幼子を、言葉で表現できないようなむごたらしい方法で、虐待し続けています。
私は、この犯罪に同意し、しかも自発的にそうしました。

私こそがあなたを殺した犯人です

私は、あなたの愛する子が、しっぽを噛む蛇の時間の永遠の中で、
共食いしながら繁殖し続けるように、
みじめであり続けるように、
血と糞尿と骨を肥料に、罪を隠ぺいするための農園を栽培しています。
まるで瓶詰の虫のよう

殺すために生む
生きるために殺す

胸が痛い。

「罪」をドッヂボールのように
あっちへやり、こっちへやり
そうして私は罪悪感に発狂して
人形劇のパペットに憑依する。

主よ、もういやです。

私はもう、殺したくありません。
私はもう、殺したくありません。
私はもう、殺すのはやめたいのです。

助けてほしいのです。

もう一秒も待てない。

私は、あなたの愛する子供に戻ることを望みます。
私は、罪を犯したというこの悪夢から
目覚めることを望みます。

I prayed, “Please tell me who I really am.

I could feel the endless movement of anger searching for the “cause” in my mind.

Who was I angry at?
Not that person.
Not this person either.
I checked and checked and checked, and said, “No.”

This is it, I thought.
It was addressed to “me.

Not the character Momoko, not me.
Not the character Momoko, but me, the one.

I, the One, am overwhelmed with tremendous anger.

I can’t keep this anger to myself.
If I did, I would be guilty.
I want to push it onto someone, anyone.

Somebody, somebody, somebody, somebody.
And so countless “I “s were born.
Some-Body.

I allow this anger to come out.
I allow this anger, which I have not tolerated as a character, Momoko, to come out.
I allow it to be released under the supervision of the Holy Spirit.

I’m tremendously angry.
I don’t know why I’m so deeply angry.
Why am I so deeply angry?

First of all,
“I am guilty of agreeing to kill the Child of God.”
I believe that.

And then to cover up that sin.
Made up to kill countless of us, and
And to divide the children of God into scattered pieces.
I have committed countless sins.
I’m sure I’ve committed countless sins.

And,
And to cover up their sins,
I pretend that there are more victims and perpetrators.
And to cover up my sins, I make it look as if there are more victims and perpetrators,
and
I make the children of God commit murder without bodies every day!!!!!!!!!!!!!!!

I made the Child of God to commit genocide year after year, from the beginning to the end of the universe.
I am the perpetrator of the crime of forcing the Child of God to commit genocide year after year, from the beginning to the end of the universe.
That’s what I think.

But I believe that if I am angry, the guilt will belong to “someone else”.
So, I keep attacking “someone else=me”, assuming that the accusation proves my innocence.

So, in order to claim my innocence.
To feel like I’ve temporarily escaped from this crime that I can’t escape.
I want to keep running away from God’s judgment by making someone else look bad.

I expect to be denounced by God for this mortal sin.
So I feel like I have to attack him to refute him.

I feel so bad.

To say, “It’s not my fault”.
To say, “It’s not my fault,” to fabricate a culprit, “It’s his fault”.
“It’s his fault”.

“For my innocence, he should be guilty”

It’s no wonder humans haven’t stopped fighting wars over the centuries.
Man’s raison d’etre consists of the imposition of guilt.

The splintered puppets of the “One I Am” are at each other’s throats.
They continue to kill each other with their left and right hands.

It is natural for beings made to kill each other to kill each other.

And
I no longer
I want to stop killing each other.

Lord, look at me.

Lord, look at me.

I feel that I have coerced your creation into committing sin.
I believe, I have taken despicable measures to ensure that your beloved only child continues to commit heinous crimes.

I have taken despicable measures to make your beloved child continue to be miserable.
“Come on, kill me, come on, go to the crime!”
I have been forcing your beloved child to stay miserable by hooking him in the jaw and dragging him around, saying, “Now kill me, now rape me, now lie to me, now be miserable, now crawl”.

I continue to abuse your beloved infant in unspeakable and gruesome ways.
I consented to this crime, and I did so voluntarily.

I am the one who killed you.

I believe so.

I am the one who killed you so that your beloved child can continue to reproduce and cannibalize itself in the eternity of the tail-biting snake’s time.
To continue cannibalizing and reproducing.
May them continue to be miserable.
Fertilized with blood, feces and urine, and bones, I cultivate a plantation to cover up my sins.
It’s like a worm in a bottle.

I beget to kill.
Killing to live.

My heart aches.

We play “sin” like a dodge ball.
Over here, over there.
And I go crazy with guilt.
I’m possessed by a puppet show.

Lord, no more.

I don’t want to kill anymore.
I don’t want to kill anymore.
I don’t want to kill anymore.

I want you to help me.

I can’t wait one more second.

I want to be your beloved child again.
I want to wake up from this nightmare of having sinned.
I want to wake up from this nightmare of sin.

Help me, Lord.