「赦し」は自力でやらない|I shouldn’t do Forgiveness on my own

Training

すべての感情を聖霊にさらけ出すことを自分に許可する

子供のころから高校生にかけて、ももこはバイブルカルト、しかも分類すると「破壊的カルト」と呼ばれる教団にいました。マインドコントロールして、脱会したら死ぬとか脅される系の。
家族全員教団から抜けることは出来ましたが、結構大変でした。

キリスト教用語をベースとした奇跡講座を学ぶには、そんな幼少のみぎりから培った聖書の知識がとても役に立っています。
(旧約聖書から新約聖書まで、幾度となく通しで読んだからね……)

がしかし、神に対する誤った概念や恐怖感も併せて刷り込まれるアンハッピーセットだったので、奇跡講座を始めて半年くらいしてから、心の中で神への葛藤が激化しました。

過去生での殉教のビジョンも相まって「神め、聖霊め、キリストめ、憎い!こんなに尽くしたのに私の魂が救われないのはなんでだ!F〇CK!!」という狂気じみた叫びが内側からマグマのように噴出したのです。
映画「沈黙-Silence-」のトレーラーを観ただけで、怒り狂って泣きわめいたほどです。
「神が憎い、聖霊が憎い、キリストが憎い」と号泣しながら自転車で近所を二時間ぐるぐる回り続けたりしてました。

これまで学んできた自我的な目線における「神」に対する概念があぶりだされ、キャラクターももこはメロスも驚く激怒っぷりで、聖霊に対して文句と罵詈雑言を言いまくりました。

参考:ワプニック博士の動画講座「神への憎悪に触れる」

自我と一体化しすぎて、マジで意味不明なことをやっている(笑)
でも、「聖霊に、自分の考えを全部さらす」というこのプロセスがなければ、こんなにスピーディに心の癒しは起きていなかっただろうとも思います。

思っていることを全て正直に隠さず聖霊に打ち明けることは、
治療のために患部を聖霊という名医に見せることです。

どんなに汚いドロドロの感情に思えても、全部吐き出すことを自分に許可する。
そうでないと、聖霊は治療することができません。

その痛みが幻覚であるという形而上学的な概念は、
この段階ではいったんわきへ置いておきます。

だって、その時点では痛みを感じていることは事実だからです。

自我と一体化した「私」が痛みを感じているのに、「これは夢だから」とか「神は最善をなさっているはずだから」などと頭での理解に状況を当てはめて痛みをコントロールしようとするのは、危険なことだと感じます。

形而上学的な概念にリアルな感情を寄せていこうとする行為は、「赦しを自分で行おうとすること」です。
そして、自我と一体化した「私」に、本当の赦しは不可能です。
抑圧され隠蔽されて、新しい投影が起こります。

自我との一体化を剥がし、神の子の自覚を取り戻すために赦しを必要としているのに、自分で赦そうとするのは逆効果です。

なぜ私がこう言い切るかというと、前述のバイブルカルトにおいて、「教えに合わせて自分の感情をコントロールすること」を日常的に行った結果、心身に不調をきたしたためです。

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。

新約聖書 (Ⅰテサロニケ人への手紙5:16-18)

この聖句は、「神の子」のアイデンティティからは非常にまっとうな内容です。
しかし、自我と一体化した「私」の目線からだと、単なる拷問にもなり得ます。
そしてこの世界に来ている人は、基本的に自我と一体化しています。

「神の子」としての自覚が回復していないのに、すべてを聖なる存在として見ることができないのは当然です。
被害者と加害者がいるように見えているのに、それを無視して「すべてに感謝します」というのでは、精神的におかしくなります。
そんなわけで、案の定当時のももこは心身の乖離を起こし、日常的に幽体離脱しているみたいな状態でした。

つまりこの聖句は、「神の子」の自覚が回復していることを前提としています。
「自我と一体化した私」のまま本気で実行しようとすると、むしろ危険です。

「いつも喜び感謝することができない私は、イエス様の言う通りにできない罪人だ」と思い込む可能性があります。

まじめな学習者あるあるとして、
「奇跡講座のワークブックに取り組み始めると、奇跡講座を自分を裁く道具にする」
という現象が頻発します。

これは、自力で赦しを行おうとするために生じるパラドックスです。

そんなことをしてたら、かえって聖霊の仕事を邪魔することになります。

「赦し」のために必要なのは、以下の手順のみです。

1)問題と感じる状況を、目をそらさずに見つめ、沸き上がる感情を抑圧したり否定せず、そう感じることを許可する
2)こんな風に感じてます、と聖霊に打ち明ける
3)「これが正しい」と言い張りたい考えを手放して、「この見方が間違っていることを望みます、聖霊と一緒に見たいです」と願う

このプロセスにおいて、Living Miraclesの平安へのツールByron Katieのワークは私にとって非常に強力な助けになってくれています。
映画を見て葛藤を疑似体験したり、兄弟の打ち明け話を自分事として聞くのも、自我との同一化を剥がしていく方法として効果的です。

1と2をすっ飛ばして、知的な理解だけで取り組もうとすると、うまくいきません。
それは、「自我と一体化した私」を「正しさ」によって抑圧することになるからです。

赦しは、自分でやろうとしない。
なぜなら、葛藤を感じている自分とは「自我と一体化した私」であって、神の子としてのアイデンティティを自覚した「本性の私」ではないからです。

そして、「自我と一体化した私」の感情は、裁かれるべき罪ではありません。
「自我と一体化した私」に沸き起こる感情の数々は、罪ではありません。(大事なことなので二度言った)

「あ~!根本的に私の世界への見方自体が、間違いだったのかぁ!」と教えてもらえるだけのものです。

「罪」について補足
キリスト教でいう「罪」(ギリシャ語のハマルティア)は、​本来は「的外れ」を意味する言葉なので、業罰とセットになりがちな「罪」という訳語でいいのかという議論は未だにあるようです。

手術は名医に任せて、患者は素直にどこが痛いか言えばいいのです。
聖霊に向かって、「あいつがムカつくんです、いっそ殺してやりたい、ウギャー!!」とか言っていいのです。
というより、第一段階としては、正直にそれを聖霊に伝えなくてはなりません。

まずは、自分がどんな感情を抱いているかを、全部太陽聖霊にさらして天日干しする必要があります。
それを経たうえで、「この感情が正当だと言い張りたい考えを、手放すことを望みます」というステップ3に至ることが出来ます。

名医相手に、痛いところを隠している場合ではない。
患者が自力で手術したらあかん。

自力で赦そうとしないのが大事

以下は、奇跡講座を学んでいる中で感じてきた、知覚の変化のプロセスです。

1)「この世界」「この宇宙」のすべては自我の「神から離れた」という罪悪感の投影によって作られた。
 神が作ったわけではない。

2)神が創造したのは「神の子」であり、神の子に一切の罪はない。
 「自我」は「私は神から独立分離した」という夢を現実だと信じている「放蕩息子」である。

3)「私」は実は「自我」ではなく、その本性は「神の子」であるという気付きが生じる。

4)「ぜ、全部聖なるものだっただと……!?」
神の子のアイデンティティから見ると、全て聖なるものになる。

この状態になって初めて、「いつも喜び、絶えず祈り、すべての事について感謝する」ことが可能になります。
また、ここでいう「祈り」も「~~してください」といった不足感を満たすためのこの世的なお祈りとは全く違うため、注意が必要です。
関連記事はこちら:主よ、私はここにおります

常時4の状態↑になっていないなら、私はまだ「神の子としての知覚を全的に取り戻した」とは言えません。
「ありがとう祭り」を24時間年中無休開催できないうちは、なんにもわかっていない統合失調症患者であるという自覚を忘れたらいけません……(そうでないと、すぐに「私が正しい」と神に言い始めるため)。

とはいえ、だんだんシリアスさが抜けていくので、人生が楽ちんになってくるのは確かです。

Allow myself to expose all emotions to the Holy Spirit

When I was a kid to in high school, I was in a bible cult, and I would classify it as a “subversive cult”. It was a kind of mind control cult where they threatened you with death if you left the cult.
My whole family was fortunate to be able to leave the cult, but it was quite difficult.

In order to learn ACIM based on Christian terminology, the knowledge of the Bible that I developed from a very young age has been very helpful.
(I’ve read through the Old Testament and the New Testament so many times……)

However, since it was an unhappy set which was also imprinted with a false concept and fear of God, about six months after I started ACIM, the conflict with God intensified in my mind.

Also I had many visions of martyrdom in my past lives, which combined to make me say, “God, Holy Spirit, Christ, I hate you! Why can’t my soul be saved when I’ve done so much for you? F*CK!”

Just watching the trailer of the movie “Silence” made me cry out in anger.
I would ride my bicycle around the neighborhood for two hours in circles, crying, “I hate God, I hate the Holy Spirit, I hate Christ”.

The concept of “God” from the egoic point of view that I had learned so far was exposed, and the character Momoko was so furious that even Hamlet was surprised, and she complained and cursed the Holy Spirit.


I was so integrated with the ego that doing things that really don’t make sense (hahaha).
But without this process of “exposing all my thoughts to the Holy Spirit,” I don’t think the healing of my heart would have happened so quickly.


To be honest and not hide everything that you are thinking, to confide in the Holy Spirit.
It is a way to show the Holy Spirit, the master doctor, the affected part of me for healing.

It doesn’t matter how dirty it seems, I have to allow to let it all out.
Otherwise, the Holy Spirit will not be able to heal.

At this stage, the metaphysical notion that the pain is a hallucination should be put aside.

Because at that moment, the pain feeling is true for “me”.

It is dangerous to try to control pain by applying our mental understanding of the situation, such as “this is just a dream” or “God must be doing what is best,” when the “I” that is one with the ego is feeling the pain.

The act of trying to bring real emotions to a metaphysical concept is “trying to do forgiveness myself”.
And for the “I” who is one with the ego, true forgiveness is impossible.
It is repressed and hidden, and a new projection occurs.


It is counterproductive to try to forgive myself when I need forgiveness to strip away the unity with the ego and regain the awareness of the Child of God.

The reason why I say this is because in the aforementioned bible cult, I experienced physical and mental discomfort as a result of routinely “controlling my emotions to fit the teachings.

Rejoice always, 17 pray continually, 18 give thanks in all circumstances; for this is God’s will for you in Christ Jesus.

New Testament (I Thessalonians 5:16-18)

This verse is very true from the identity of a “Child of God”.
However, from the perspective of the “I” who is one with the ego, it can be mere torture.
And those who have come to this world are basically one with the ego.

It’s natural that I can’t see everything as holy when I haven’t recovered my sense of being a “Child of God.
It would be mentally deranged to say, “I am grateful for everything,” while ignoring the fact that there appears to be a victim and a perpetrator.

So, as expected, Momoko at that time had a divergence of mind and body. It was as if I was in a state of astral projection on a daily basis.

In other words, this verse assumes that the awareness of the “Child of God” has been restored.
However, it’s very dangerous if I really try to do it with the “ego-integrated me”.

If I try to do it seriously as an “ego-integrated me,” I may end up thinking, “I’m a sinner who can’t do what Jesus says because I can’t always be joyful and thankful.”

It’ll same situation would occur frequently in ACIM learners.
When I start working on ACIM workbook, I used it as a tool to judge myself.

This is a paradox that arises when “I” try to do forgiveness on my own.
And, which in turn interferes with the work of the Holy Spirit.

For forgiveness, the following steps are all that is needed.

1) Look at the problematic situation without looking away, and savor the feelings that arise without suppressing or denying them. all allow feelings.
2) Confide in the Holy Spirit that this is how I feel.
3) Let go of thoughts that want to insist “This is right,” and pray, “I hope my view is wrong, and I want to see it with the Holy Spirit”.
Living Miracles’ tools “Instrument for peace” and Byron Katie’s “The work” can be very powerful aids in this process.
It’s also effective ways to peel away the identification with the ego watching movies to simulate conflicts and listening to siblings’ confidences about themselves are.

If I skip steps 1 and 2 and try to work on intellectual understanding alone, it will not work.
This is because the “I” that is one with the ego will be suppressed by “rightness”.

Forgiveness should not try to do it on my own.
This is because the conflicted self is the “I that is one with the ego,” not the “I that is true nature,” which is aware of its identity as a Child of God.

And the feelings of the “ego-integrated me” are not a sin to be judged.
Yes, the emotions that arise in the “I am one with the ego” are not sins. (I said it twice because it’s important.)

It’s just something to teach me,
“Ah! My view of the world itself was fundamentally wrong!

Additional information about “sin
The Christian word for “sin” (Greek hamartia) originally meant “missing the mark,” so there is still some debate about whether it is a good translation for “sin,” which tends to be combined with karmic punishment.

Leave the surgery to a good doctor, and patient should just tell where the pain is.
We can say to the Holy Spirit, “That guy is pissing me off, I want to kill him! uwaaa!!”
Yes, the first step is to be honest with the Holy Spirit.

First, I need to expose all of my feelings to the sun.
After that, I can go to step 3, “I want to let go of the idea that I want to claim” that these feelings are valid.

I am dealing with a great doctor, and this is not the time to hide my pain. hahaha
The patient shouldn’t operate on himself.

It’s important not to try to forgive by my own self

The following is the process of perceptual change that I have been experiencing in my study of ACIM.

1) Everything in “this world” and “this universe” was created by the ego’s projection of guilt for being “separated from God”.It was not created by God.

(2) God created Child of God, and the Child of God has no sin whatsoever.
The “ego” is the “prodigal son” who believes that the dream of “I am separate and independent from God” is real.

(3) The realization arises that the “I” is not actually the “ego”, but its true nature is the “Son of God”.

4) “It was ALL HOLY…….OH MY GOD!!”
From the point of view of the identity of the Son of God, everything becomes holy.

Only in this state will it be possible to “rejoice always, pray continually, and be thankful in all things.
It is also important to note that “prayer” here is completely different from worldly prayers to satisfy a sense of lack, such as “Please ~~ me.
See related article: Lord, Here I Am

If I’m not in a constant state of 4↑, then I haven’t yet “fully regained my perception as a child of God”.
As long as I can’t hold a “thanks festival” 24/7, I have to remember that I’m a schizophrenic who doesn’t understand anything. …… (Otherwise, I’ll soon start telling God that I’m right).

Nevertheless, I am sure that life will become easier and easier as the seriousness of the situation gradually diminishes.

ABOUT US

MomokoChild of God
天国からの家出娘
<日々の目標>
・愛以外が在るように見えるなら、私は狂っていると認める。
・自分が正しいと主張すること=神に勝とうとすることをやめる。
・自分が無知であり、何も理解していないことを認める。
・跪いて神に全面降伏し、最後尾から全身で聖霊の声を聞くことだけを願う。
・これは、自我のためか、聖霊のためか?目的を自問する

The prodigal-runaway daughter from Heaven
<Daily Goals>
・If there seems to be anything other than love, I admit I'm crazy.
・Stop trying to win over God by claiming I'm right.
・Acknowledge that I'm ignorant and do not understand anything.
・Get down on my knees and fully surrender to God, hoping only to hear the voice of the Holy Spirit with my whole body at the bottom.
・Is this for the sake of the ego or for the sake of the Holy Spirit? Ask myself the purpose.