祈り=意宜り INORI~To declare I’m a Child of God~

Essay
毎朝、だいすきな聖霊と過ごす時間(瞑想ともいう)を取っているのですが、「祈り」について思いを馳せていたときに、これは「意宜いのり」なんだ、ということがしっくりきました。

祈りといっても、最近の私の祈りはだいたい「主よ、私はここにいます」と言って笑ってるだけなんだけど。

このお祈りは、
「物理的存在としてのキャラクターももこがこの場所に居ます」
という意味ではなく、
「神の子としての『私』が、神の子としての自覚を持って、神の前に居ます」
という意味になります。

だから、「私は全てもっています」「ありがとうございます」という意味でもあります。

私=ももこじゃないし、
私=肉体じゃないし、
私=人間じゃない
という意志を、神に伝えること。

そして、神の子としての存在の祝福に浸ること…

「宜る」という文字は、元は天皇陛下が使うものとされていたようです。

祝詞のりととは、「」なのかもしれません。

天皇陛下は、日本においては「神の子供」としての象徴的存在です。

「私は神の子としてここにいます」
という神への宣言である祈りは、まさに「意宜いのり」なのだろうと思います。

神道の祓詞にも、
「咎過在らむをば、神直備・大直備に見直し聞き直しましまして、平けく安けく仕へ奉らしめ賜ふ……」(御門祭祝詞)
さらに
「罪という罪はあらじ」(大祓祝詞)
というフレーズがあり、とても象徴的だとよく感じます。

直備神なおひのかみ
日本神話にみえる神の名。ナオビは誤りを無くし正常な状態へ改めること。《古事記》および《日本書紀》の一書で,この神は伊弉諾(いざなき)尊の禊に際し,枉津日(まがつひ)神に続いて出現する。
祝詞に〈咎過在らむをば神直備(かむなおび)大直備に見直し聞き直して〉(《御門祭祝詞》),〈言寿ぎ鎮め奉る事の漏り落ちむ事をば神直日命,大直日命聞き直し見直して〉(《大殿祭祝詞》)とある。

平凡社 世界大百科事典より

神直備・大直備は日本の神々であり、聖霊とは呼び方は違いますが、「叡智によって誤りをなくし正常な状態へ改めてくれるグレートスピリット」としての役割は同じであると言えます。
(奇跡講座はあえてキリスト教用語を新しく定義し直して使うことで、従来のキリスト教の枠組みから純粋非二元へと読者を導いてくれる奇跡的なレッスンです。これは、キリスト教という宗教によって罪悪感に苦しんだ人にとっては、それだけでも解放をもたらす様式だと言えます。が、ぶっちゃけ、どんな呼び方でも、本質的にズレなければどうでもいいと思う。言葉は表象の表象に過ぎないので……)。

過ちを犯したと信じたならば、聖霊の導きのもと、見直し聞き直してもらい「それは本当に本当か」を確かめよう。

肉体があるという前提だと、罪という概念は存在し得ます。
しかし、「私」はひとつの心(霊)であるという自覚のもとに、我と彼の差はなくなり、相手がないために、罪という罪は消え去ります。

心理学ではラカンの鏡像段階論で
「人間は他者の眼差しによって、肉体の統一像を獲得する」
と言われています。
他者のまなざしを通して、自我意識の基礎となる位置固めをしているということです。

自我は、主体(見るもの)と客体(見られるもの)という関係によって、世界が二つに分離してしまう状態を前提とします。

時間は、自我(観測者)がなければ発生しません。(量子重力理論を調べるとおもしろいよ)

自我との同一化を剥がしていくのが「赦し」です。
そして、赦しが完了したら、宇宙まるごと世界が消失するだろうと言われています。

あまねく命はすべてひとつの私であり、私とは「神の子」です。
しかし、それを忘れて眠り、この世界という「『私』以外が在る」夢を作り出しました。

幻想をリアルとして認識している段階では、「〜〜してください」「〜〜がほしいです」という祈りからはじまります。
でも、それはこの世という幻想を真実だと感じていて、不足感を埋めるために別の幻想をください、という「幻想を強化するための願い」になります。 

それが悪いわけではないけれど、
この世の物理的不足感を埋めるための代替として、別の物理的な何かを補填することを求めるのは、「私は人間で、神の子ではありません」という祈り(宣言)になってしまいます。

神は幻想には関与していない。
なぜならこの世界を作ったのは神ではなく、神より上に立ちたい、特別になりたいと願った自我だからです。

本物の神が作った世界なら、戦争も飢餓も災害も殺害も、虐待も強姦も貧困も、あるわけないもんね。
そもそも他の命を食べなければ(奪わなければ)生きていけないという仕組み自体が悲劇です。
肉体を神は作っていません。

神が創造したのは、霊としての神の一人子(本性の私)だけです。

神の一人子としての自覚がハッキリした人を、覚者と呼びます。

有名な固有名詞としては、ナザレのイエスとかゴータマ・シッダールタとか。
本も読める身近な覚者としては、クリシュナムルティ、ラマナ・マハルシ、ヨガナンダ、五井昌久さんなどがいます。
肉体として生きてる覚者としてはDavid Hoffmeister、Mooji、Byron Katieなどが有名です。(自分で覚者と名乗ってないかもしれないけど)

ナチスの収容所で死んだエティ・ヒレスムも、目覚めた人だと思うけど、私は最近まで彼女のことを知りませんでした。

実は覚者はもっともっともっともっとたくさんいて、有名になることで目覚めを促進させる役割と、そうでない役割があり、そうでない場合はたいして世間に知られないまま愛に還っていくのだろうと思います。

隣の家のおばあちゃんが、実は覚者かもしれない。

神の子としての自覚に目覚めるのは「特別」なことではなく、元の自分(ひとつの心)に戻るだけのことなのだと思います。

自我の投影ムービーを再生する主人公「私」をおりて、祈りとともに神の子の視点で観ることを思い出そう。

神の子ステッカー作っちゃったw
原価で売ってるから儲からないけど、面白いからシェアしちゃう。
Tシャツやマグカップもありますぞ。

Every morning, I spend time with my favorite Holy Spirit (also called meditation), and when I was thinking about prayer, it hit me that this is “inori”.
(inori: means prayer as Japanse)

Although these days my prayers are usually just saying, “Lord, here I am,” and smiling

This prayer does not mean, “The physical presence of the character Momoko is here.”

Instead, it means,
“I, as a child of God, in front of before God with the awareness of a child of God”.

So it can also mean, “I have everything”, “Thank you very much”, “I’m completely satisfied” and “I’m perfectly happy.”

I am not Momoko.
I am not a body.
I am not a human being.
I am a Child of God.

And to be immersed in the blessings of existence as a Child of God…

The word “Nori” was originally supposed to be used by the Japanese Emperor TEN-NOU.
(TEN: means Heaven/ NOU: means Royal)

This is just my personal reflection,
the Japanese Shinto prayer text is called “norito”, which may be the original Japanese word for “declaring sound”; NORI-OTO.

The emperor is a symbolic figure in Japan as a “Child of God”.

I believe that the prayer, which is a declaration to God, “I am here as a child of God,” is truly an “inori.

In the Shinto purification rituals, there is a saying, “If there is any iniquity, let it be reviewed by Kamu Naohi and Dai Naohi, and let them serve you peacefully and safely…”
Furthermore
“There is no sin called sin.”

I often feel that this phrase is very symbolic.

God of Naohi
Name of a deity in Japanese mythology. Naohi means to eliminate errors and restore things to normalcy. In the Kojiki and Nihonshoki, this deity appears after the god Magatsuhi when Izanagi purifies himself.
If there are any sin, ask the great Naohi, Kamnaohi, to review and listen again them, and correct any errors.

From Heibonsha World Encyclopedia
Although Kamu Naohi and Dai Naohi are Japanese gods and are called differently from the Holy Spirit, their roles as “Great Spirits” who eliminate errors and restore normalcy through wisdom are the same.
(ACIM is a miraculous lesson that leads the reader out of the traditional Christian framework and into pure non-duality by daring to redefine and use Christian terminology. This alone is a liberating style for those who have suffered guilt by the religion of Christianity.
However, frankly speaking, I think any name can be used as long as it is not inherently misaligned. (Because words are just representations of representations……)

If I believe I have sin, let’s have it reviewed and heard again under the guidance of the Holy Spirit to see if it is really true.

If I assume that I have a physical body, the concept of sin can exist.
However, with the realization that “I” am one mind (spirit),
the difference between I and He disappears,
since there is no partner, the sin of sin vanishes.

In psychology, Lacan’s mirror image stage theory says, “We acquire a unified image of the body through the gaze of others.”
It is through the gaze of others that we establish the foundational position of our ego consciousness.

The ego assumes a state in which the world is separated into two by the relationship of subject (what is seen) and object (what is seen).

Time cannot occur without the ego (observer). (It’s interesting to look up the theory of quantum gravity.)

Forgiveness is the process of stripping away the identification with the ego.
ACIM said that when forgiveness is complete, the entire universe will disappear.

All life is one me, and I am a Child of God.
However, I forgot this and slept, and created this world, a dream in which there is something other than “I”.

In the stage of recognizing the illusion as real, we begin with prayers such as “please do this” and “I want this”.
However, it becomes a “wish to strengthen the illusion” because we feel that the illusion of this world is true, and we ask for another illusion to fill the lack. 

Not that there’s anything wrong with that.
But, asking for something else physical to fill in as a substitute for the sense of physical insufficiency in this world is a prayer (declaration) that says, “I am a human being, not a child of God.

God is not involved in the illusion.
This is because it is not God who created this world, but the ego who wished to be above God, to be special.

If the real God created the world, there would be no wars, no starvation, no disasters, no killing, no abuse, no rape, no poverty, right?
It is a tragedy that we have to eat (or take) other life to survive in the first place.
God did not create the body.

God created only His only begotten Child (the real me) as a spirit.

A person who has a clear awareness of being God’s only Child is called an enlightened person.

Famous proper names include Jesus of Nazareth and Gautama Siddhartha.
Familiar sages who can also read books include Krishnamurti, Ramana Maharshi, Yogananda, and Masahisa Goi.
David Hoffmeister, Mooji, Byron Katie, etc. are famous as sages who live in the flesh. (Although they may not have claimed to be s an enlightened person themselves.)

I guess Ettie Hillesm, who died in a Nazi camp, is another awakened person, but I didn’t know about her until recently.

In fact, I think there are many, many, many more awakened people out there, some of whom promote world’s awakening by becoming famous, and some of whom don’t, and if they don’t, they return to love without much publicity.

The grandmother next door may actually be an enlightened person.

I believe that awakening to the awareness of being a Child of God is not a “special” thing, it is just a matter of returning to your original self (one heart).

Quit being the hero “I” playing the ego projection movie. And with prayer, remember to watch from the perspective of a child of God.

I made a God’s Child sticker.
I’m selling them at cost, so I’m not making any money, but it’s fun, so I’m sharing them.
T-shirts and mugs are also available! hahaha