ありがとう祭り|Thanks Festival

Essay
奇跡講座を学び始める前、私はよく言葉にならない感謝の念でいっぱいになり、ただ茫然と「ありがとう」のバイブレーションに浸っていることがあった。
目に映るものすべての縁が光って見えたり、すれちがう人がみんな神様に見えたりしていた。

突然ハートが開かれる感覚がやってきて、打ち寄せる波のように「ありがとう」「ありがとう」「ありがとう」が私の存在を震わせるのを感じて、ひたすらうっとりしてしまう。
この感覚のときは、ごみステーションのごみ袋にも愛を感じ、道端に吐かれたゲロにも、ゴキブリにさえ愛を感じる。

私はこの状態を、「ありがとう祭り」と呼んでいる。
他になんと形容したらいいんだかわからない。

奇跡講座を学び始めてから、「ありがとう祭り」の開催が間遠になっていた。
このコースは自我を炙り出していく学びだから、自分の抑圧し隠してきた心の闇が、どんどん意識に上がってくる。
だからこそ怒涛のように罪悪感が私の生活を覆った。

その中でひとつ、明確になったことで非常に解放された概念があった。

私は自我を「悪者」にして裁こうとしていたから、
自我を異物として強制除去せねばならないと思い込んでいた

ということです。

それこそ自我の思う壺だったかもしれん。

自我は、「悪者」ではない。

なぜなら、自我はリアルではないからです。

あなたは、分離の道具が救済の手段として解釈し直され、愛の目的のために用いられるようにしたいとは思わないだろうか。復讐という空想から逃れて解放されるという変化を、歓迎し、支持したくはないだろうか。
肉体についてのあなたの知覚は明らかに病むことがあり得るが、それを肉体に投影してはならない。破壊行為のできないものを破壊的なものにしたいというあなたの願望は、いかなる真の結果ももたらさない。
神が創造したものは、神の意志であるから、神が望む通りのものでしかあり得ない。
あなたには神の意志を破壊的なものにすることはできない。

あなたは自分の意志が神の意志と衝突するという空想を作り出すことはできるが、それだけのことである。

「奇跡講座」上巻 (T-18.VI.5:1-7) 中央アート出版社

自我を敵視して除去しようとするのではなく、
現れ出る全てを神の子として知覚し直そうとするのが赦しである。

しかも「赦す」のは私の役割ではない。
私が「罪」と判断しているそれを一緒に見て、「幻想だよ」とやさしく教えてくれるのは、聖霊の仕事だ。

顕れ出るすべては癒やされていない「私」の患部の表象であり、
敵ではなく神の子の祝福を受けるべき反射するだけの光である。

私の知覚する全世界は「私」のシンボルとしてそこに立ち現れている。
そしてシンボルはバーチャルであり、「私」が癒されることによって同時多発的に癒される。

部屋中のすべてが、肉体のすべてが、踏み出した外の世界のすべてが、すれ違い出会う存在のすべてが、テレビのニュースのすべてが、インターネットの情報のすべてが、鉛筆が、マウスが、味噌汁が、「私」のシンボルとしてそこに立ち現れている。

と思ったら、もう全方位的に祝福するしかない気分になってくる。
「全部私なの、うふふふ」という気持ちになってくる。

ムカつく相手に対しても「あなたは一体、私に何を教えようとしてこんなことをやってくれてるんだろう」という気分になる。

もちろん、自我と同一化して反射的に怒りが沸くこともあるけど、どこへ戻ればいいか、基点を見つけた感じがあった。

奇跡講座を学ぶ前のありがとう祭りは、基点の場所が明確ではなかったので、突然起きて驚きながらそれを味わうというやや受け身な感じだった。

今は、能動的にそこへとどまれる感じがする。

体感的には、自分の肉体より半歩ほど後ろから見ている感じ。

「私」は行為者ではなく、見ている。

「私」を見せてくださりありがとう
聖なるものへと導き続けてくれてありがとう

「彼ら」は存在しない
とても透明だ
ひたすら透明だ

基点に戻ってくると、ありがとう祭りがプチ開催されるので、なんだか勝手に顔が笑ってしまう。
愛でないものは、存在しない。
なぜなら私は神の子だからです。

Lesson 264

私は神の愛に包まれている。

父よ、あなたは、私が自分を見ている場所で、私の前に立ち、後ろに立ち、傍らに立ち、私の行くあらゆるところに立っておられます。あなたは、私が見るすべてのものの中に、私に聞こえるあらゆる音の中に、私の手を取るすべての手の中においでになります。あなたの中で時間は消滅し、場所というものは無意味な概念となります。あなたの子を包み、安全に守るのは愛そのものだからです。この愛以外に源はなく、この愛の生成を共有しないものは無でしかありません。また、あなたの一なる被造物を超えて存在するものはなく、それ自体のうちに一切を保持する夢に包まれることなく存在するものもありません。父よ、あなたの子はあなたと同じです。あなたの永遠なる愛のうちに心安らかでいられるように、今日、私たちは御名において、あなたのみもとに参ります。

兄弟よ、今日、この中で私と一つにつながろう。
これは、救済の祈りである。私たちと世界を一緒に救済するものに、私たちはつながるべきではないだろうか。

「奇跡講座」下巻 中央アート出版社| W-264.1:1–2:3

Before I started studying ACIM, I was often filled with unspoken gratitude, and would just be stunned and immersed in the vibration of “thank you.
The edges of everything I saw seemed to glow, and everyone I passed seemed to be a god.
Suddenly, I would feel my heart open up, and I would just swoon as I felt “thank you,” “thank you,” and “thank you” shake through my being like waves crashing.
When I have this feeling, I feel love for the garbage bags at the garbage station, for the vomit on the street, and even for the cockroaches.

I call this state a “thank you festival”.
I don’t know how else to describe it.

Since I started studying ACIM, the frequency of phenomenon of “Thank You Festival” has decreased.
Because this course is about exposing the ego, the darkness in my heart that I have suppressed and hidden is coming to my consciousness.
That’s why guilt swept over my life like a raging river…

There was one concept that was very liberating as it became clearer to me.

I had been trying to make the ego the “bad guy” and judge it.
I had been convinced that the ego was a foreign body that had to be forcibly removed.

Actually,

The ego is not the “bad”.

The ego couldn’t be “bad” because the ego is not real.

Would you not have the instruments of separation reinterpreted as means for salvation, and used for purposes of love? ²Would you not welcome and support the shift from fantasies of vengeance to release from them? ³Your perception of the body can clearly be sick, but project not this upon the body. ⁴For your wish to make destructive what cannot destroy can have no real effect at all. ⁵What God created is only what He would have it be, being His Will. ⁶You cannot make His Will destructive. ⁷You can make fantasies in which your will conflicts with His, but that is all.

Forgiveness is not an attempt to eliminate the ego as an enemy.
Rather, it is forgiveness that seeks to re-perceive all of all as the Child of God.

Moreover, it is not my role to forgive.
It is the work of the Holy Spirit to see with me what I judge to be sin, and to gently tell me that it is an illusion.

Everything that comes forth is a representation of the diseased part of the unhealed “me.
The whole world as I perceive it is not the enemy, but only a reflected light that should be blessed by the Child of God.

The whole world as I perceive it stands there as a symbol of “me”.
And the symbols are virtual and are healed simultaneously as “I” am healed.

Everything in the room, everything in the body, everything in the outside world that I step out into, everything that I encounter in passing, everything on the TV news, everything on the Internet, the pencil, the mouse, the miso soup, all stand out there as symbols of “me”.

When I think about it, I feel like I have no choice but to congratulate myself in all directions.
I feel like, “It’s all me! It’s all me! WOW!”.

And I feel about “What the hell are you trying to teach me by doing this, Christ?” to someone who pisses me off.

Of course, there are times when I identify with my ego and get reflexively angry, but I felt like I had found a base point from which to return.

Before I took the Miracle Course, I was a little passive at the Thanksgiving Festival because I didn’t have a clear place to base myself.

Now, I feel like I can actively stay there.

I feel like I’m looking at it from about half a step behind my body.

I am not a “me” but I am only watching as Child of God.

Thank you for showing me this.
Thank you for continuing to lead me to the sacred.

There is no “they”.
It’s so transparent.
Just transparent.

When I come back to the base point, there is a petite festival of thanks, and my face kind of smiles on its own.
What is not love does not exist.
Because I am a child of God.

Lesson 264

I am surrounded by the Love of God.

1. Father, You stand before me and behind, beside me, in the place I see myself, and everywhere I go. ²You are in all the things I look upon, the sounds I hear, and every hand that reaches for my own. ³In You time disappears, and place becomes a meaningless belief. ⁴For what surrounds Your Son and keeps him safe is Love itself. ⁵There is no source but this, and nothing is that does not share its holiness; that stands beyond Your one creation, or without the Love which holds all things within itself. ⁶Father, Your Son is like Yourself. ⁷We come to You in Your Own Name today, to be at peace within Your everlasting Love.

2. My brothers, join with me in this today. ²This is salvation’s prayer. ³Must we not join in what will save the world, along with us?