制御不能な愛に身を委ねる|Surrender to uncontrolable love.

Essay
ありがとう祭りが気持ち良いから、意図的にその状態を作り出そうとしてしまう。

私はまだ愛をコントロールして支配下に置こうとしている。

uncontrolableな愛に身を委ねる練習の必要を感じる。

まだ思考を使いすぎてる。

Sくんに抱かれながら、私は今キリストに抱かれている、と感じた途端笑い出してしまい「どうしたの」と聞かれた。
「気持ち良かろうが良くなかろうが、あいしてる」と思ったら、頭がおかしくなるような快感が内側からどんどん大きくなり、びりびりと震える稲妻が私の全身を覆って、「私」の境界が揺らいだ。

衝動のままに光を感じようとする存在を、枠の中に抑制しようとする思考がいた。

私はまだ、与えられるものをどんな風に感じるかコントロールしようとして、愛のパワーを制限している。

常識的に振る舞えるように。
おかしくならないように。

感じ切るのがこわい。

自分を失うのが怖い。

しかし、もっともっと深いところで 

愛の炎の前に燃え尽きたい

神の愛を求める針が、
一ミリもずれずにそれを指すのです。

ただそれが欲しい。

The thank you fest feels so good that I deliberately try to create that state.

I am still trying to control love and bring it under control.

I feel the need to practice surrendering to uncontrolable love.

I’m still using too much thought.

While being held by my husband, I felt that I was now being held by Christ.
As soon as I felt that I was in Christ’s arms, I started laughing, and he asked me what was wrong.
“Whether it feels good or not, I’m loving him,” I thought, and the pleasure that was driving me crazy grew louder and louder from inside.

There was a thought that tried to restrain the being that was trying to feel the light in its impulse within a frame.

I am still limiting the power of love, trying to control how I feel about what is given to me.

Act like a common sense person.
Don’t go crazy.

I’m afraid to feel it all.

Afraid of losing myself.

But much deeper than that

I want to burn up in front of the flame of love

and

The needle that seeks God’s love
points to it without shifting even a millimeter.

I just want it.