神は「しもべ」を求めていない|God doesn’t want “servants”

Awareness
こないだ、娘のみっちゃんが叱られてへそを曲げ、「みっちゃんを召使いにしていいよ」「パパとママの奴隷にしていいよ」という、意味の分からないことを言い出した。

ももことSくんは「何を言ってるんだ」と笑って、みっちゃんの挙動を見ていた。

ももこはみっちゃんに、「みっちゃんは『うちの子』として育てたんだから、召使いになるようには育ててないんだよ」と笑い、
Sくんは「だいたい、そんなに文句ばっかり言う召使いは召使い失格です」
と笑った。

みっちゃんは「召使いにしていいって言ってるじゃん!」と怒って、しばらくぷんぷんしていたが、そのうち私の腕の中で「笑われたのが嫌だったの」と言ってめそめそし、しばらくしてコテッと寝た。かわいい。

瞑想の中で、「みっちゃんが言っていることは、もしかして神様に私が言い続けていることなのでは?」と思い至った。

聖書の中で「主のしもべ」とか「はしため」と言った言葉は、神に仕える善き存在の代名詞として多用されている。

しかし、イエスが話した放蕩息子のたとえ話の中で、
すってんてんになって後悔し「召使いにでもしてもらおう」と決意して帰ってきたアホな息子に父ちゃんは駆け寄り(権威ある父親が駆け寄るという時点で、当時の文化的に非常識らしい。それくらいなりふり構わず愛を示すということ)、豪華な服を着せて「大事なひとり息子が帰ってきたどー!」と家をあげてお祝いする、という展開がある。

神は、私を「召使い」として創造したわけではない。

神は、「神の子」を、召使いとか、はしためとか、しもべとか、奴隷にしようなどとは、全く思ってない。

自分を卑下するのは、「自我」の私の罪悪感である。

そもそも、神は完璧で何も必要としていないのだから、召使いなんか別にいらない。
神のしもべを称するなら、「自称」をつけなきゃいけない。
だって神は神の子を召使いにしようとは思ってないから。
単に、「大切にされてる神の子なんだよ」と思い出してほしいだけだ。

好きでやってる「押しかけしもべ」のくせに、哀れっぽく被害者っぽく犠牲者感満載で「やらされてるんですぅ」ムードを醸すのは、いったいどういう了見だったのだろう。
どうも、私は神を暴力装置だと位置づけていたらしい。頭がおかしい。

「私」が癒され神の子の自覚を取り戻し、天国を思い出すこと、それだけが神の望みである。

つまり。
神の唯一の望みをかなえるための、神が求める「献身」とは、ひたすら「私」が癒されることなのである。

要するに、

「私」が献身しているのは、
「私の癒し=神の子としての自覚を取り戻すこと」に対してだけである。

つまり、つまり、つまり

神は、私の献身において、何一つ「犠牲にする」ことを求めていないのであった。
私が被害者意識丸出しで「神に使われる」とか「神に捧げる」とか感じてきたことは、まるっきり幻想である、ということです。

私は神から何一つ奪われることはない。

神は、ひたすらに、私が癒されることだけを望んでいる。
私が神の子としての自覚を取り戻し、神との親子関係の絆を取り戻すことだけを望んでいる。

献身したって、なにひとつ、私は失わない。
私は「神の目的のために私を使ってください」と祈り続けてきたけれど

神の唯一の望み=私が癒されること


それなら私の献身とは
「私(全体)が癒されるために私(個体)が使われる」というだけである。

もう何も怖くない。

神に従っても、私は何一つ失わない。

全部もらえる。

神は、ひたすら与え、与え、与えたもう。

神の意志、つまり「私が癒されることを望むかどうか」は、完全に自由意思である。

やりたいから好きでやっているのに、父ちゃん(神様)を強制執行力のある暴力的な雇い主みたいに扱うのはおかしい。

「権威」と「暴力(強制力)」というのを、私はセットで考えてしまっている。これは私がこれまで自分に教え込んできた訓練の成果だと思う。

国家とは暴力装置だ、という言葉もあるくらいだ。

だから、私は「神に使われる」という言葉を、強制的に奴隷にされるような感覚で、犠牲になるような気持ちで捉えていたところがある。それをやりたいって、ドМかよ。嫌な気持ちになるわけだ。

きっと、父ちゃんに私の自由意思を制限するパワーがあったら、私はそもそも世界の夢を見ようという意志すら持つことはなかった。

_____

聖霊よ。

私は私の治療のために、私のすべてを使ってほしい。
この投影テレビの中から出るために、私は何でもやります。
時間も、お金も、働き方も、どのように思考をめぐらし、どのように呼吸するかも、すべて、瞬きひとつ残さず、
すべて使ってください。
受け取りを拒否してきたものを、すべて私宛にもう一度送り直してください。今度こそ受け取ります。
受け取ることができるように、私の心を段階的に訓練してください。

兄弟を、私として見ることができるように、
そして私を、神の子として見ることができるように、
聖霊に片時も離れず私の目になってほしいと、
いつでも心から望むことができるようにしてください。

先ほど、みっちゃんを学校に送り出す前に彼女が見ていたスクリーンを消そうとしたら、ちょうどスポンジボブが「僕は自分が誰なのか思い出した!」と叫ぶシーンで笑っちゃった。
前後の文脈を見てなかったけど、「ものまねしすぎにご用心」というタイトルの話で、視聴していたみっちゃん曰く「ものまねしすぎて自分が誰だかわからなくなっちゃってたんだけど、さっき思い出したのよ」という答えだった。

みっちゃん、きみは一体どこまで聖霊の使いなんだ。
いつもいつも、体を張って教えてくれてありがとう。

<まとめ>
・神の唯一の望みは、「私」が神の子としての自覚を取り戻し、神との親子関係の絆を取り戻すこと。つまり、「私」が癒されること。
・神の目的は全的に「私」に益する。
 (ただし、個としての私に都合がよいとは限らない)
・私の献身は「私(全体)が癒されるために私(個体)が使われることを受け入れる」ということへの献身、つまり治療の許可を出し処方箋通りにすること。
・神は神の子を召使いにする気はないので、「神のしもべ」という呼び方には「自称」あるいは「押しかけ」を冠するべき。
・神は暴力装置ではなく、強制力はない。

神は、「「私」は神の子である」という自覚を取り戻してほしいだけで、他に何も望んでいない。

衝撃だった。
何が衝撃って、奇跡講座のテキストは全編通して↑これを書いているにもかかわらず、私は全くその意味をわかってなかったことが衝撃だった。
笑うしかない。何も、シリアスなことはなかった。

私がやってたのはギャグ漫画だった。

The other day, my daughter, Micchan, bent her navel after being scolded and said something that I didn’t understand, “You can make Micchan your servant,” or “why don’t you make me a slave to Mommy and Daddy”.
I and husband S laughed and said, “What are you talking about?” and watched Micchan’s behavior.

I laughed and said to Micchan, “I raised you as ‘my child’, not as a servant.”
S laughed and said, “Generally speaking, a servant who complains so much is not qualified to be a servant.”

Micchan got angry and said, “I told you that you can use me as a servant! ”
Micchan got angry and pouted for a while, but then she said, “I didn’t like being laughed at,” and whimpered in my arms. She was so cute.

In my meditation, I thought, “Could it be that what Micchan is saying is what I keep saying to God?”

In the Bible, the words “servant of the Lord” is often used as synonyms for good beings who serve God.

In the parable of the prodigal son, Jesus told how much the father loved his foolish son.
When the father saw his son, who was thinking, “I’ll go back to my father’s house and have him make me a servant,” he was overjoyed and said, “My son is baaaaaack!” And he throws a big party.The whole house was celebrating his son’s back.
The father had no intention of making his son a servant at all.

God did not create me as a “servant”.

God does not want to make a “child of God” into a servant or a slave.

It is the guilt of my “ego” that makes me despise myself.

In the first place, God is perfect and doesn’t need anything, so he doesn’t need any servant.
If I want to call myself a servant of God, I have to add “barging-in”.
Because God doesn’t want His child to be “servants”.
He simply wants us to remember that we are God’s child who are being cared for.

I wonder what kind of thinking it was to create a mood of “I’m being made to do this”, full of pity and a sense of victimization, when I am a “barging-in servant” who likes to do it.
Apparently, I had been thinking of God as a violent device. I was crazy.

All God wants is for me to be healed, to regain the consciousness of a child of God, and to remember heaven.

In other words.
The “devotion” that God requires in order to fulfill His only desire is for “me” to be healed.

In short.

“I” am dedicated only to “my healing = regaining my consciousness as a child of God.”

In other words, in other words, in other words…

God was not asking me to “sacrifice” anything in my devotion!!
All the times I have felt victimized and “used by God” or “dedicated to God” is a complete illusion.

God can’t take anything away from his Child.

God only wants me to be healed.
He only wants for me to be healed, for me to regain my consciousness as a child of God, and for me to regain the bond of parent-child relationship with God.

I will not lose anything in “my devotion”.
I have been praying, “Please use me for your purposes.”

But, God’s only desire is for me to be healed!!!!

Then my devotion is simply,
“I (the individual) will be used to heal me (the whole).

I’m not afraid of anything anymore.

I don’t lose anything when I follow God.

I get everything.

God just keeps on giving, giving, and giving.

Whether or not I really want to be healed depends on my free will.

It’s not right to treat the Father (God) like a violent employer with coercive enforcement powers when I like to do it because I want to.

I’ve always thought of “authority” and “violence (coercion)” as a set. I think this is a result of the training I’ve been giving myself.

There is even a saying that “the state is a violent device”.
That’s why I used to think of “being used by God” as a kind of forced slavery, a kind of sacrifice.
If I want to do that, I’m a masochist. No wonder I felt so bad.

I’m sure that if my father had the power to restrict my free will, I would never have had the will to even dream about the world in the first place.

_____

Holy Spirit.

I want you to use all of me for my healing.
I will do whatever it takes to get out of this projection television.
I want you to use all of my time, all of my money, how I work, how I think, how I breathe, everything, without leaving a single blink of an eye.
Use it all, please.
Everything I have refused to receive, send it back to me again.
I will receive this time.

Train my mind step by step to be able to receive,
To see my brother as me.
And to see me as a child of God.
Help me to truly desire the Holy Spirit to be my eyes, never leaving me for a moment.
I want the Holy Spirit to be my eyes.

_____

When I tried to turn off the screen she was watching before I sent Micchan off to school, I noticed at the scene where Sponge Bob shouted, “I remembered who I am!”
I laughed at the scene.
I hadn’t seen the context before and after, but it was titled “Beware of imitating too much,” and Micchan, who was watching, answered, “Sponge Bob was imitating others so much that he lost track of who he was, but he just remembered”.

Micchan, You are the messenger of the Holy Spirit.
Thank you for always teaching me.

<Summary>

God’s only desire is for me to regain my consciousness as a child of God and to regain the bond of parent-child relationship with God. In other words, “I” must be healed.
God’s purpose is to benefit “me” in its entirety.
  but not necessarily to benefit me as an individual.
My devotion is to “accept that I (the individual) be used to heal me (the whole),” that is, to give permission for treatment and follow the prescription.
The term “servant of God” should be replaced by “self-appointed” or “barge in” because God does not intend to make His children servants.
God is not a violent device and has no power of coercion.

God only wants us to regain the awareness that “I” am a child of God, and nothing else.
I was shocked.
What shocked me was that even though the entire text of ACIM says this upfront, I had no idea what it meant.I could only laugh.
There was nothing serious about it.

What I was doing was only a gag comic.