悪霊は存在しない|There are no evil spirits

Essay
幼少からよく金縛りに遭っていたので、長年悪霊や妖怪の類を恐れてきたのだけど、

彼らは私の罪悪感が「外側」に罪を転嫁するための分離の想念を具現化したものだったことがわかって、
概念がコペルニクス的転回を遂げ、
もはや意味がわからないを通り越して
「あばばばばば」ってなった。

これは「そんなもん信じるのばかじゃん(笑)」みたいな話ではなく
(いや究極にはそうだけど、そうなると「世界があるって信じてるの?ばかじゃん(笑)」になる。ももこはまだそこまで言えない)

感じる・聞こえる・ビビるをリアルな日常体験として味わってきたのに、

彼らを人と同じく愛の扉と見たいと祈ったら、

悪霊なんつーものは存在していない 全部聖霊だった

とわかって慄いている。
という話です。

「聖霊とともに見る」を人間相手にずっと練習してきて、「ムカつく奴らは全部キリストだった」という結論が体感としてなじんできたので、

長年ビビり続けてきた「悪霊」「妖怪」「おばけ」にも、これを適用してみたのです。

そしたらよ。

悪人が存在しないのと同様に
悪霊は存在しない

ということがわかってしまった。
えええええ

「私」がすべての黒幕であることを認めたくないあまり、「悪」や「邪念」を切り離して「なんかヤベー意味わからん奴ら」として悪霊カテゴリにまとめて放り込んだのが、それらだったらしい。

ピュアな悪意、邪念、低俗な意識、恐怖など、ももこは人間相手には実はあまり感じたことがありません。
が、それらを代わりに「悪霊」に投影していたようです。

悪霊は「私」の内側にある罪を「私のじゃありません」と責任転嫁するために、十字架を背負わせて有罪にしていた存在だった。

「私」はすべての黒幕である。
しかしその「私」は自我と同一化した私なので、
その「私」は嘘であり、本性の「私」ではない。

本性の私は神の子以外の何者でもない。

神の子の私として「悪霊」を見たら、彼らは完全に聖霊だった。
彼らを悪霊にしていたのは、「自我と同一化した私」だった。

今朝は「私が神の子以外のなにかであるはずがない」というハッキリした自分の声を胸の中で聞いて、明け方ものすごくパチっと目が醒めました。
声は5分位何回も繰り返し続いていた。

(その後二度寝しちゃったんだけど)

こうして徐々に、世界から「怖いもの」が消えていくんだろうな。

なんかびっくりしすぎて飽和状態。


画像はDavid Hoffmeisterの心のレベルを図にしたやつです。

「自我の私」として在りたいという欲求があったら、その欲求は信念に影響を与え、信念が思考を作り、思考が感情を導き、感情が知覚を生む。

「私」が自我であることを望むことが、私の知覚を馬鹿狂いさせ、世界があるかのように認識する統合失調症状態にしている。

「神の子の私」として在りたいという欲求を持って初めて、私の知覚は訂正される。

私は真実が見たい。
神の子としてここを見たい。

I’ve been afraid of evil spirits, ghosts and monsters for many years, since I used to get caught in sleep paralysis from my childhood.

But when I found out that they were the embodiment of my guilt, the idea of separation to shift the guilt to the “outside,” the concept took a Copernican turn.
I was like, “OH MY GOD”

This is not a “you’re too stupid to believe that” kind of thing.
(Well, ultimately, yes, but then,
I still can’t say “You believe a world existence? You’re an idiot!” now)

I’ve experienced feeling, hearing, and being scared as real daily experiences,

and I prayed to see them as doors of love, like people…

Then, I realize
There is no such thing as an evil spirit. It was all Holy Spirit.

I’ve been practicing “Seeing with the Holy Spirit” with human beings for a long time, and I’ve come to the conclusion that “all those annoying people were Christ.

So I tried to apply it to the “evil spirits,” “ghosts,” and “monsters ” that had been scaring me for years.

And voila!

Just as there are no evil people There are no evil spirits.

Just as there are no evil people, there are no evil spirits.
“OH MY GOD”again!

Apparently, I was so reluctant to admit that I was the mastermind behind everything that I separated “evil” and “evil thoughts” and threw them all together into the evil spirits category as “people who don’t make any sense.

Pure malice, evil thoughts, lowly consciousness, fear, etc., Momo-ko has never actually felt much of these in her human counterparts.
But it seems that she was projecting them onto the “evil spirits” instead.

The evil spirits were the ones who were making her carry the cross and guilty in order to shift the blame for the sins inside of her, saying, “It’s not mine.

The “I” is the mastermind behind everything.
But that “I” is the I that identifies with the ego.
But that “I” is a lie and not the “I” of my true nature.

The I of my true nature is none other than the Son of God.

When I saw the “evil spirits” as I, the Son of God, they were totally the Holy Spirit.
What made them evil spirits was the “I who identified with the ego.

This morning, I woke up at dawn with a huge crack in my chest, hearing my own voice clearly saying, “I can’t be anything other than a child of God.
The voice kept repeating over and over for about five minutes.

(I fell asleep twice after that.)

I guess this is how “scary things” gradually disappear from the world.

I was so surprised that I was saturated.


The image is a diagram of David Hoffmeister’s level of mind.

When there is a desire to be the “I” of the ego, that desire influences beliefs, beliefs create thoughts, thoughts lead to feelings, feelings lead to perceptions.

The desire for the “I” to be the ego makes my perceptions ridiculous and schizophrenic, perceiving the world as if it were there.

It is only when I have the desire to be the “I,” the Son of God, that my perception is corrected.

I want to see the truth.
I want to see here as a child of God.