隠せると思うなよ!| Don’t think you can hide it!

Essay
昨日、すっぽんぽん土下座ノートを作った。
これは、私の自我の隠蔽したい叫びをどんどこ書いていこうという意志のもとに作ったものです。
奇跡講座をやっていたら、「それっぽいスピリチュアルなことを書いて、素晴らしいコース学習者として見られたい」という馬鹿丸出しの欲望が出てきたので、そんなことやってたらいつまでたっても自我の中をウロウロしつづけることになるぞという危機感がありました。
BBSもその目的のために作ったので、よければ匿名でも書き込んでいってください。)

今朝、たくさん書いて消しちゃった記事がひとつあるんだけど、そこにパートナーであるSくんに関する気付きがありました。
それは、こんな文章です。

「私はSくんに、遺伝子上でのお父さんと、父なる神を一直線に繋げて見ている」

「Sくんは、私が昔風俗嬢をやっていたことを告白した直後に『そんなことどうでもいいからいつ結婚してくれるの』とプロポーズしてくれ、妊娠時にほぼ二股状態でお腹の子の時期がかぶっているのをわかった上でみっちゃんの父親になると言い、結婚後も私が前後不覚に酔っぱらってゲロまみれになったのをジャブジャブ丸洗いしてくれ、風呂場で失禁し昏倒したのを世話してくれて、何度も何度も私の借金を立て替えてくれて、夕飯を作ってくれたりマッサージをしてくれて、くだらない嘘をついたのがバレても、愛してる愛してると何べんだって言ってくれる。こないだは彼の手によって私の陰毛を尻毛まで全部剃られたし、私が彼に見せていないのは、もはや脱糞シーンと内臓くらいなのではないだろうか。いや、放尿と出産シーンは見られているからそれもほぼクリアかもしれない。
今更彼に何か隠せると思うこと自体、どうかしているんじゃないか。彼に対して何か隠蔽したところで徒労に終わる。どうせ全部バレる。彼に何か隠そうとすることは不可能だ。

「Sくん=お父さん=神」として見るなら、私は神に対していいカッコしよう・愛されるために私の無価値さを象徴すると思わしき何かを隠そうとし続けてきたけど、それが不可能であるとやっとわかった、みたいな感じだった。

そういえば、交際当初より、Sくんからは
「ももちゃんはええかっこしいよな。やめろそれ」
と、何年もなんねんも、ずーーーーーーっと言われ続けてきたのに、私は素のままで愛される自信がなかったので、十年以上彼に対して「ええかっこしい」であり続けてきました。化けの皮すでに剝がれとるっちゅーねん。あほか!

そして、さきほど読んだワプニック博士のテキストに、以下の文章がありました。

「奇跡が恐れを連想させる唯一の理由は、闇による隠蔽が可能であるという信念があるからである。」ひとたびあなたが「闇による隠蔽は不可能である」と認識することができたなら、そして、防衛はそれが行うと言っていることを行わないとわかったなら、そのとき、あなたは次のステップを踏む準備ができたことになります。それは、第一章の少し後(T-1.Ⅳ)で説明されています。そうすれば、あなたは「隠さなければならないことは何もない」ということを理解するようになります。なぜなら、この罪悪感はおぞましいものではないからです。それは、単に馬鹿げた信念体系であり、いずれ消えてしまうものです。だからこそ、私たちは奇跡を選ぶことを恐れているのです。

私があんなにめちゃくちゃ怖がっていたのって、「闇による隠蔽が可能であるという信念」のせいだったの??馬鹿じゃないの?

隠せると思ってること自体が浅知恵だし、どうせバレるんだから隠蔽は不可能だってあきらめた方がいい。
(って、十年かかってやっとわかってきたけどさあ!)
そう思ったら、Sくんに対して、今更取り立てて「隠したい」と思うこと自体そんなにないんじゃないか、と気付いて晴れやかな気持ちになってきた。

隠したいっていうのは、「こう見られたい」「こうは見られたくない」というコントロール欲の発露だ。
キャラクター・ももこは、サービス精神という名の獲得欲求により、「見せ方」の印象操作をしようとする傾向がかなり強いです。
好かれたいから。相手にとっての有用性を証明したいから。

私は、彼に対して、「こう見せたい」「こう思ってほしい」というコントロール欲求を、やっと無意味だったと本当に思えるようになってきたんだ。

それは、とりもなおさず父親に対して「いい子だと思ってほしい」と感じて行ってきた取り繕いだし、父なる神に感じてきた「良い信徒じゃないと愛されない」という勘違いと同じ感情でした。

そして、該当の個所のテキストを読んでみた。
以下です。

Ⅳ 闇からの脱出

闇からの脱出には二つの段階がある。
第一は、闇による隠蔽は不可能だという認識である。
この段階は通常、恐れを伴う。
第二は、たとえ可能だとしても、あなたが隠したいようなものは何もないという認識である。
この段階は恐れからの脱出をもたらす。
何も隠さなくてもよいと思うようになったとき、あなたは進んで聖餐にあずかろうとする意欲を持つだけでなく、平安と喜びも理解するだろう。

「奇跡講座」T-1-4 中央アート出版社

私はこの文章を読んで、盛大に笑いました。
なぜって、この文章ね、テキストの10ページ目に書いてあるんだ。めっちゃ最初の方に。

私は、この章を読んでいて、アンダーラインをあちこちにひいているのに、該当箇所だけすっとばしていた。
私は「学んでいる」つもりで、全然この本を読んでいない。

自我の抵抗が凄まじすぎて、たぶん目を通しても「意識に入ってこない」ようになっていたんだと思う。
そして、そういう箇所は絶対にここだけではないはずだ。

私は何一つわかってない。
わかっていないことを隠さずにいたい。

pray
聖霊よ、「こんな風に見られたい」というコントロール欲求を、私の心の中から完全に消し去らせてください。
闇による隠蔽は不可能だってことと、たとえ隠せたとしても、私が隠したいものは何もないんだってことを、わからせてください。
私が不完全で、なにか隠し事をしなければ愛されないという自己洗脳を手放します。
イエスよ、あなたと一緒に「私」が誰であるかを見たいのです。
Yesterday, I made a “notebook to expose the cries of my heart in a completely naked and honest way(※only Japanese)”.
This was made with the intention of writing down any and all cries that my ego wanted to hide.
Because I have a foolish desire to write something spiritual like that and be seen as a great course learner. I felt a sense of crisis that if I did that, I would keep on wandering around in my ego forever.
(This BBS was also created for this purpose, so please feel free to post anonymously if you like.)

This morning, I wrote a lot and erased one of the articles, in which I noticed something about my partner, S.
It’s this sentence.

“I see in S a straight line between my genetic father and God the Father.”
“S proposed to me right after I confessed that I used to be a prostitute, saying, “I don’t care about that, when will you marry me? At the time of my pregnancy, I was in a relationship not only S but also with another man, so he declared to me that he would be the father of my child, knowing that there was a possibility that the child in my belly was not his.
After we were married he washed me when I was drunk and covered in vomit, took care of me when I was incontinent and fell into a coma in the bathroom, paid my debts over and over again, cooked me dinner, gave me massages, and told me over and over again that he loved me, loved me, loved me, even when he found out that I lied to him. The other day he shaved off all my pubic hair, even my butt hair, and I think the only things I haven’t shown him are my defecation scene and my internal organs. No, he’s seen my urinate and give birth, so that might be almost clear too.
It’s crazy to think that they can hide anything from him already, isn’t it? Any attempt to hide something from him would be futile. It will all come out anyway. It’s impossible to try to hide anything from him.”

If I look at it as “S=Dad=God,” it’s like I’ve been trying to hide something that I think symbolizes my worthlessness in order to look good and be loved by God, but I’ve finally realized that it’s impossible.

I remembered that from the beginning of our relationship, S had been telling me
“You’re so pretend to cool, aren’t you, Momochan? Stop it.”

But I didn’t have the confidence to be loved as I was, so I continued to be “cool” to him for more than ten years. I can’t to pretend to cool to him anymore. That’s ridiculous!

Then, I read the following sentence in Dr. Wapnick’s text.

“The only reason miracles are associated with fear is because of the belief that concealment by darkness is possible. Once you are able to recognize that the cover of darkness is impossible, and that your defense will not do what it says it will do, then you are ready to take the next step. It is explained a little later in Chapter 1 (T-1.IV). Then you will come to understand that there is nothing to hide. Because this guilt is not a horrible thing. It is simply a ridiculous belief system that will eventually disappear. That’s why we’re afraid to choose miracles.

THE FIFTY MIRACLE PRINCIPLE OF A COURSE IN MIRACLES” (by Kenneth Wapnick, Ph.D)

Was it the “belief that a cover-up by darkness is possible” that had me so insanely scared? Isn’t that stupid?

It’s shallow to think that it’s possible to hide something, and I should give up on the idea that it’s impossible to hide something because he’ll going to find out anyway.
(It took me ten years to finally understand this, though!)
When I thought about it, I realized that there wasn’t much that I wanted to hide from S, and I began to feel better.

Wanting to hide something is an outgrowth of the desire for control, “I want to be seen this way” and “I don’t want to be seen that way.
The character Momoko has a rather strong tendency to try to manipulate the impression of “showing off” through her desire for acquisition in the name of service.
Because she wants to be liked. Because she wants to prove har usefulness to the other person.

I’ve finally come to truly believe that my desire to control him, to “appear this way” and “want to be think that way,” was pointless.

It was the same feeling that I had been feeling toward my father because I wanted him to think I was a good boy, and it was the same feeling that I had been feeling toward God the Father because I was under the misapprehension that he would not love me unless I was a good believer.

Then I read ACIM text of the passage of this issue.
Here is what I found.

The escape from darkness involves two stages: First, the recognition that darkness cannot hide. ²This step usually entails fear. ³Second, the recognition that there is nothing you want to hide even if you could. ⁴This step brings escape from fear. ⁵When you have become willing to hide nothing, you will not only be willing to enter into communion but will also understand peace and joy.

I laughed out loud when I read this sentence.
Because this sentence is written on the tenth page of the text. It’s at the very beginning.

I was reading this chapter, and I was underlining all over the place, but I just skipped over the relevant part.
I thought I was “learning” but I hadn’t read the book at all.

The ego’s resistance was so great that it probably didn’t “enter my consciousness” even if I read through it.
And I’m sure this is not the only such place.

I don’t understand any of it.
I don’t want to hide the fact that I don’t understand.

prayHoly Spirit, let me completely erase from my mind the desire to be in control, to be seen this way.
Let me know that it is impossible to hide from the darkness, and that even if I could, there is nothing I want to hide.
Let me go of the self-brainwashing that says I’m inadequate and that I have to hide something to be loved.
I want to see WHO AM I with you, Jesus.