「わかる」ということ|What it means to “knowing”

Essay

「わかる」ということ

現在のデスクトップ背景はこの画像。
ジャンピング岡潔と、毎日のお祈り文章を組み合わせたやつです。
ダウンロードはご自由にどうぞ。

ももこは数学以前に算数がよくわからないにも拘らず、
数学者の岡潔さんについては、昔から非常なシンパシーを感じます。同じ星から来た人の匂いがするというか…。

熱心な念仏信者だったそうですが、彼は数学というツールを、神を知る道(倫)として用いた人であったと感じます。

森田真生さん著「数学する身体」より以下抜粋します。

「わかる」ということ

「わかる」という経験は、脳の中、あるいは肉体の内よりもはるかに広い場所で生起する。
にもかかわらず、自然科学が理性をことさらに強調して、心的過程のすべてを脳内の物質現象に還元しようとすることで「人の心は狭いところに閉じ込められてしまっている」。
岡潔はこのように嘆いた。

この身体、この感情、この意欲といえば本来はすむところを人はなぜか、「自分の」この身体、「自分の」この感情、「自分の」この意欲と言わずにはいられない。

ところが数学を通して何かを本当にわかろうとするときには、「自分の」という意識が障害になる。
むしろ「自分の」という限定を消すことこそが、本当に何かを「わかる」ための条件ですらある。

My current desktop background is this image.
It’s a combination of Jumping Oka Kiyoshi and the daily prayer text.
Feel free to download it.

I’ve always felt a great sympathy for mathematician Kiyoshi Oka, despite the fact that I don’t understand arithmetic very well.
I can smell that he is from the same planet….

I heard that he was an ardent believer in Nembutsu, and I feel that he was a person who used the tool of mathematics as a way to know God.

The following is an excerpt from “The Mathematical Body” by Masao Morita.

What it means to “knowing”
The experience of “knowing” occurs in a much larger place than in the brain or even in the body.
Nonetheless, natural science’s overemphasis on reason and its attempt to reduce all mental processes to material phenomena in the brain has “confined the human mind to a narrow place.
This is what Kiyoshi Oka lamented.

For some reason, we can’t help but say “my” body, “my” feelings, and “my” motivation, when we should just say “this body, these feelings, and this motivation.

However, when trying to truly know something through mathematics, the awareness of “my” becomes an obstacle.
In fact, erasing the limitation of “my own” is even a condition for truly “knowing” something.