私、ママの子供じゃないの|Mam, I’m not your child.

Essay
明日、保育園の卒園式を迎えるみっちゃん。
おててをつないでランラランの帰り道、神妙な顔で告白してきた。

み「みっちゃん実は…パパとママの子じゃないんだ…」
私「えっ、誰の子?」
み「実は、神さまの子供なのよ」
私「…そ、そうね…!?」
み「あと、ママもパパも全員神さまの子供なんだよ。お月さまもあの車も信号機も電気も、全部神さまのなんだよ。誰も『自分の』じゃないんだよ」

びびった。

この人はちょくちょく「いま絶対私の心を読んだね?」という言動をかますのですが、私は最近ずっと「人生のすべてから所有格を外すこと」について考えていたのです。

人生の苦しみの発端は、「私の○○」という所有格のついた意識から来るのでは?という…

私の肉体
私の時間
私の考え
私の家族
私の子供
私の伴侶
私のお金
私の仕事
私の責任
私の問題
私の苦しみ
愛すべき「私の」特別なアイデンティティー

「私の」という所有格を「その」に入れ替えて、神に捧げ返すことで、それらを「聖なるもの」として捉え直すことになります。

差し当たって、
「みっちゃんは『私の』子供ではなく、『神さまの』子供である」
という宣言をご本人からされてしまったので、
「私の子じゃないとかそんな無責任なこと言えない」みたいな上っ面の言い訳は出来なくなってしまった。やべー

ちなみに旦那さんからもらったペアリングは、一年前はあんなに嬉しかったはずなのに、全然指にはめられなくて自分でも困惑しています。 
今は湿疹も収まりましたが、指輪をつけることに「なんか、ちがうかんじ」がする。

しかし「『私の』旦那さん」という目で彼を見ないようにしたら、なぜかいつもより凛々しく見える謎現象が起きています。

私は彼らを所有していない。
私は彼らを所有していない!

彼らは「私の」家族ではない。
彼らは「私」の家族ではない!

彼らは「神さまの」家族。

私は何ひとつ「私の」ものを所有していない。
「私」はわたしの本性ではない!

わたしは神さまのものです。
だから
わたしには何ひとつ足りないものはない。

Tomorrow, My daughter, Micchan, will celebrate her graduation from preschool.
On the way back home, holding hands, she confessed to me with a serious face.

Micchan said, “Actually, Micchan… I’m not Mom and Dad’s child…”
I said, “Whose child is it?”
Micchan: “Actually, I’m God’s child.”
I said, “Yes, that’s right…?”
Micchan “Also, my mom and dad are all God’s children. The moon, the car, the traffic lights, and the electricity are all God’s children. No one is ‘mine’.”

I was frightened.

This person often says and does things like, “You definitely read my mind right now, didn’t you?

I’ve been thinking a lot lately about removing the possessive from everything in my life, and I’ve been wondering if all the suffering in my life stems from my possessive consciousness. So…

My body
My time
My thoughts
My family
My child
My Companion
My Money
My Work
My Responsibilities
My Problems
My Suffering
My beloved “my” special identity

By replacing the possessive “my” with “its” and offering them back to God, we are reclaiming them as “holy.

She said,
“Micchan is not ‘mam’s’ child, Micchan is ‘God’s’ child.”
Oh my God!
You are NOT my child, but God’s child.
So, I can’t make any excuses like “She’s my child” or something anymore.
Oh no!

By the way, the pair of rings my husband gave me must have made me so happy a year ago, but I can’t put them on my fingers at all, and I’m confused myself. 
The eczema has subsided now, but I feel “kind of different” about wearing the ring.

But when I try not to look at him with the eyes of “my” husband, there is a mysterious phenomenon that somehow makes him look more dignified than usual.

I don’t own them.
I don’t own them!

They are not “my” family.
They are not “my” family!

They are “God’s” family.

I don’t own any of “mine”.
“I” am not my nature!

I belong to God.
So
I do not lack anything.