犯罪者の私を赦す|Forgive myself as Judas Iscariot

Essay
旦那さんが、最近ずっと凶悪犯罪について調べていて、お正月は家族で初日の出ではなく横浜刑務所を見に行きました。

私が奇跡講座で「赦すこと」を学び、日常生活に徹底してそれを適用するようにしたところ

彼は次々に「赦しにくいネタ」=より私の根源的な罪悪感に結びつく概念を持ってきてくださいます。 

私が楽しい話をしようとするのに、
「その話、ワシ興味ない。それより…」と遮って、〇〇殺人事件と死刑制度の是非についての話をやめない。
彼は仕事で核兵器禁止条約のためのプロモーション動画を作ったりしてるので核兵器の話とかね。

本当にありがとう。

おかげで隠されている私の罪悪感の浄化が捗ります。

そんなわけで、
殺人犯も神の子である、その本性はキリストである、そして私は彼であるという認識に至るまで、知覚の歪みを聖霊と共に見る、という、すげーハードなワークを繰り返す正月でした。

新年早々、なんで号泣しながら私はこんなことしてるんだろうと思ったけど、見なかったことにはできないのです。
こころの動きを丁寧に見ていきます。
あなたはわたし、の対象は、どんな相手にも適用されるから。

ところで、「奇跡に難しさの序列はない」のは聖霊が行うからであって、赦すのは私の自我がすることではありません。
自我から見たら、レベルの差はあるように見えるし、被害者に肩入れして怒りがわきあがり、まったく赦せるわけがない。

私のすることは、以下の手順を踏むことのみです。

0)望ましくない状況があるように、私の自我が知覚する→怒り、悲しみなどがわく(=被害者意識がある)
・ここで私の自我が望む想定の、最低と最高をそれぞれ列挙する。

1)「私には状況判断能力がない」ということを認める。

2)「私の知覚が間違っている可能性がある」ということを認める。そして私の想定を手放すと宣言する。

3)私は自分が正しくて自分が被害者であると知覚したがゆえに怒っているが、「この知覚が間違っていることを望む」と祈る。

4)「聖霊とともに、この状況を見たい」と祈る。

5)「世界はない!」と気付いて、怒りが消える。

年明けに、友人が主催する「アカシックにつながる会」というスピリチュアルな学習会に招待されました。そこで、瞑想などで心身を整えてからシンボルを使用して「未来を見る」ワークを行いました。

そこで、ショックのためにしばらく歯の根が合わないほどのイメージを見て愕然としました。

未来を見るワークだったのですが、私が見たのは過去生の因縁でした。

「私が大切にしたいものはなんですか?」
という質問に対して、返ってきた答えは、非常に強い義務感を伴う回答でした。

「私は教えたい。たくさんの方たちが私を教えてくださったから、今度は恩返ししたい。私は私の先生たちに、恩返しのために教えなければいけない」

同時に
私が「教えてあげている人たち」「助けてあげた人たち」というのが、
過去生においてはすべからく私の恩人恩師たちだった、しかもこれまで嫌な役をやってくれた人ほど、私に嫌われることを厭わずにレベルアップに協力することを志願してくださった愛の人たちだった、というビジョンが一斉に浮かびました。

その後見えたのが、深い紫と青い光を発する服を着て、闇の中で背中を丸めてかがんでいる、大柄の男性でした。

彼は私だ、と直感し
彼に名前を尋ねたところ
「イスカリオテのユダ」
という声とともに
「私は先生(キリスト)を裏切ってしまった」
という凄まじい罪悪感が何重ものエコーになって私を襲いました。

そして、彼が転生を繰り返す中で、その罪悪感を鋳型として、どれだけ自身を罰し続けることを選んできたかのビジョンを無数に受け取りました。

涙が止まらなくなり、体がぶるぶる震え始めました。

天の采配で、同席メンバーのみなさんがとても親切な方ばかりだったので、すぐに落ち着くことができましたが、かなり衝撃的な体感でした。

ところで、魂というのは転生において分割されることもあるという説があります。
つまり、同じ世界線と時間軸において「自分の前世は〇〇だ」という人たちが複数いてもおかしくありません。

そんなわけで、私こそが唯一のユダの生まれ変わりであるとは考えていません。

というか、ユダを「神の子を裏切ってしまった罪悪感」のシンボルとして捉えるなら、
投影の世界を作り出した全世界の人たちは、全員がユダの意識を共有しているとも言えます。
(キリスト意識の闇バージョン)

アカシックにつながるワークが、私を集合的無意識における罪悪感のシンボルに、ピンポイントで連れて行ったということも考えられます。

どちらにせよ、彼は私です。

帰りの電車でまた赦しのワークをやってみたところ、即座に聖霊から応答がありました。

「愛する子よ、私は何世紀、あなたが自分を赦すことを待ったと思っているの」
とてもあたたかい快活な笑い声でした。

後で考えるとこれは聖霊の愛あるジョーク(聖霊視点では時間は存在しないので、全然待ってないよ、という意味)なのですが、その時は必死で気づかなかった。笑

思えば、旦那さんのおかげでリアル殺人犯の赦しについて真剣に行なうことになったのも、今回の赦しの前準備になっていたように思います。

ただ、あんまり感情的にショックな経験だったので、ふらふらしながら帰宅しました。

ところが、普段なら連続殺人事件の話をここぞとばかりにしてくる最近の旦那さん。
それが、明るい曲を流し、陽気にみっちゃんと聴き入っては、楽しそうにずっと歌っているのでした。

彼らに一体何が起きたんだろう?と私は驚きましたが、実際は何か起きたのは私の「内側」の話でした。

私の中のユダのイメージが
「私は先生を裏切らなかった」
と言い、彼の姿がキリストの姿に変わりました。
キリストは、私の胸にまっすぐに指を差し
「ここにいるよ」
と言いました。
「これからもここにいるよ」

__
 
その後、自分でもまたアカシックにつながるワークをやってみました。

すると、今度は
「私が大切にしたいものはなんですか?」
という問いかけには、

「愛!!!!!!!」

という言葉が、大音声の笑い声で返ってきました。

なにこれ。笑
もうちょっと具体的に聞けるよう練習してみます。笑

おもしろかった!

私に関わるすべてのみなさん。
私を救ってくださり、本当にありがとうございます。

My husband has been researching violent crimes for a long time now, and on New Year’s Day, our family went to see Yokohama Prison instead of the first sunrise.

When I learned about “forgiveness” at ACIM and tried to apply it thoroughly in my daily life

One after another, he would bring me “hard-to-forgive stories” = concepts that were more connected to my fundamental guilt. 

When I try to tell him something fun, he says,
“I’m not interested in that…”
He interrupts me and doesn’t stop talking about murder cases and the pros and cons of the death penalty.
He makes promotional videos for the Nuclear Weapons Convention for his work, so we talked about nuclear weapons.

Thank you so much.

Thanks to you, I’m making progress in purging my hidden guilt.

And so it goes.
It was a New Year’s day to repeat the hard work of seeing with the Holy Spirit the distortions of perception until I came to the realization that the murderer is also a child of God, that his true nature is Christ, and that I am him.

At the beginning of the New Year, I was crying and wondering why I was doing this, but I couln’t pretend that I didn’t see it.
I carefully watch the movements of my heart.
Because the subject of “you are me” applies to any person.

By the way, “there is no order of difficulty in miracles” because the Holy Spirit does it, and forgiveness is not something my ego does.
From my ego’s point of view, there seems to be a difference in levels, and there is no way I can forgive at all because I am so angry and shoulder to shoulder with the victim.

All I do is to take the following steps.

My ego perceives that there is an undesirable situation, which makes me angry, sad, etc. (i.e. I feel victimized).
I will now list the lowest and highest assumptions that my ego wishes to make.

1) Admit that I am not capable of judging the situation.

2) Acknowledge that my perceptions may be wrong. And I declare that I will let go of my assumptions.

3) I am angry because I perceived myself to be right and I am the victim, but I pray, “I hope this perception is wrong.

4) I pray, “I want to see this situation with the Holy Spirit.

5) “There is no world! and the anger disappears.

At the beginning of the year, I was invited to a spiritual study group called “Akashic Connection Group” organized by a friend. There, after preparing my body and mind through meditation and other means, we did a “seeing the future” work using symbols.

There, I was shocked to see an image that made me unable to root my teeth together for a while due to shock.

It was the work of looking into the future, but what I saw was the cause and effect of my past life.

I asked the question, “What do I value?
The answer came back to me with a very strong sense of obligation.

“I want to teach. I want to teach. Many people have taught me, and now I want to give back. I have to teach my teachers in order to repay them.”

At the same time, I had a vision that all the people I was “teaching” and “helping” were my benefactors and teachers in my past lives, and that the people who had played unpleasant roles in the past were people of love who volunteered to help me improve, even if they didn’t like me.

Then I saw a large man, wearing clothes that emitted a deep purple and blue light, hunched over in the darkness with his back arched.

I knew in my gut that he was me.
I asked him his name.
Judas Iscariot.”
He said, “I am Judas Iscariot.”
I felt a terrible sense of guilt,”I have betrayed my teacher.
I was struck with multiple echoes of guilt.

And I received countless visions of how he had chosen to continue punishing himself with that guilt as a template for his repeated incarnations.

I couldn’t stop crying, and my body began to shake.

By the grace of God, I was able to calm down quickly because the members in attendance were all very kind, but it was quite a shocking experience.

By the way, some says a soul can be split in reincarnation.
In other words, it is not surprising that there are several people who say that their previous life was “00” in the same world line and time axis.

Therefore, I do not believe that I am the only reincarnation of Judas.

Or rather, if we take Judas as a symbol of “guilt for betraying the Son of God.
It can be said that all the people in the world who created the world of projection all share the consciousness of Judas.
(Dark version of Christ consciousness)

It is also possible that the Akashic work has pinpointed me to the symbol of guilt in the collective unconscious.

Either way, he is me.

I did the forgiveness work again on the train on the way home and got an immediate response from the Holy Spirit:
“My dear child, how many centuries do you think I have waited for you to forgive me?
It was a very warm and lively laugh.

In hindsight, this was a loving joke from the Holy Spirit (meaning that time doesn’t exist from His perspective, so I didn’t wait at all), but I was so desperate at the time that I didn’t notice. LOL.

Looking back, I think that the fact that my husband made me do some serious work on forgiveness for real killers was also a prelude to this forgiveness.

However, it was such an emotionally shocking experience that I came home in a daze.

My husband has been talking a lot about serial murders lately, as he usually does here.
However, he stop to talking about it.
Instead, he played a cheerful song, listened cheerfully to Micchan, and sang happily all the way.

I wondered what had happened to them. I was surprised, but in fact, it was my “inner” story that had happened.

The image of Judas in my mind.
“I did not betray my teacher.”
and his image changed to that of Christ.
Christ pointed his finger straight at my chest.
“I’m here.”
He said, “I’m here.”
“I’ll always be here now.”
__
After that, I tried to do the Akashic connection work again myself.

This time, I asked myself
“What is it that I want to take care of?

the question was…
“Love!!!!”

came back to me with a loud laugh.

What is this?
I’m going to practice to be more specific. LOL!

That was interesting!

To everyone who is involved with me.
Thank you so much for saving me.