赤鼻のトナカイ|A red-nosed Rudolph

Essay
朝から聖霊に
「わたしはアホすぎて役に立てるかどうか…」
と言ったら
「あなたのアホさが役に立つ(笑)」
と言われて、赤鼻のトナカイ気分になりました。

わたしの愚かさの道程が、光をまっすぐ見るのはつらいぜ…という他のわたしたちのための、ちょっとずつ洞窟を照らすヒカリゴケみたいになるのだろうか。

すごい笑った。

自分が肉体であると認識するわたしは目が見えず、耳も聞こえず、そのすべての知覚は完全に狂っていて、
正しい状況判断なんかもちろん全くできない。

わたしの本性は「いまここに永遠に与え受け取り続ける真っ白」にあるはずなのに、するりと「やっぱり私は肉体だぴょーん!オマエは私じゃないし、時間も空間も世界も存在してる!」って振動したがる。

なんでわざわざ狂った方にいくかと言えば
どうかしちゃってるからである。

完全に頭がおかしいやつは、
自分の頭がおかしいとは思わない。
間違いを認めるのが怖いので、必死になって世界という複雑な論理を構築する。

死は存在しないのに、
肉体が実在すると思ってる。

頭がおかしいから、
「人は誰でも孤独である」とかカッコつけて、
神から分離したと思いこんで欠乏と恐怖をリアルに感じる人生を何度も何度もやってる。

もううんざりなんだよ!って思ったらやっと疑問がわいてくる。

そもそも、この話の主語すら正しく認識されていない。

主語は存在しないということがわかるまでに何世紀を要したのか。

何世紀というリニアな時間軸は存在しないということがわかるまでにどれだけ時間を無駄にしたのか。

わたしよ、わたしよ、早く家に帰ろう。
ほんとはそこはここにあるんだけど、あなたはまだわからない。

でも、わたしはおかしいと認識しだしたおかげで、やっと知覚のトンネルを抜けていけそうでしてよ。
_
人を救いたがるのは、それがあなた自身であるとあなたが知っているから。

人を攻撃したがるのは、それがあなた自身であることを認めたくないから。

あなたが自由になるまで、あなたである全世界は鎖に繋がれたままである。

あなたは聖なる神の子である。
このことを思い出しここにとどまるなら、天と地はひとつになる。
これ以上、救済を与えずにおいてはいけない。
_
あなたは神の聖なる子であり
あなたの遭うすべての存在はあなたである
あなたはあなたを赦して幻想を消し去り
あなたはあなたを愛してここに天国を見る

知覚の歪みによって地獄と認識されているこの場を天国に戻そう。
あなたはもはや、誰も囚人にしてはいけない。その怒りの剣は自らの上に振りかざされていることを、わかってしまったのだから。

あなたが殺したいのは
あなたが全力で否認している
あなた自身である。

目を覚ますために
わたしにできることは
赦しを選びたいという、小さな意欲を持つことのみである。

To the Holy Spirit in the morning.
I said, “I’m too stupid to be of any use…
I said.
He said, “Your stupidity is useful.”
I felt like a red-nosed reindeer.
It seems that my journey of stupidity is like the luminous moss that gradually lights up the cave for the rest of us who have a hard time seeing the light straight.

I laughed a lot.

I perceive myself as a body, but I’m blind, deaf, and all of my perceptions are completely out of whack.
Of course I can’t judge the situation correctly at all.

My true nature is supposed to be “the pure white that keeps on giving and receiving here and now forever,” but I can easily say, “I am a body after all! You’re not me, and time, space, and the world exist!!”

Why do I go to the crazy side?
Because I’m crazy.

I’m completely crazy.
I never think I AM crazy if I completely crazy.
I’m afraid to admit my wrong, so I desperately construct a complex logic of the world.

I believe that the body is real.
Death doesn’t exist, even though the Holy Spirit says it does.

Because I’m crazy.
I think they are separate from God.
I think my separated from God and my living a life of scarcity and fear over and over again.

I’m sick of it!
And then I finally have a question.

In the first place, even the subject of this story is not properly recognized.

How many centuries did it take for us to realize that the subject doesn’t exist?

How much time did I waste before I realized that there is no linear time axis of centuries?

Me, me, me, let’s go home.
It’s really here, but I don’t know it yet.

But now that I’m aware that I’m crazy, I can finally get out of the tunnel of perception.
_
You want to save people because you know it’s who you are.

You want to attack people because you don’t want to admit that it’s you.

Until you are free, the whole world, which is you, will remain in chains.

You are a child of a holy God.
If you remember this and stay here, heaven and earth will become one.
Do not leave any more without giving relief.
_
You are God’s holy child.
All beings you encounter are you.
You have forgiven you and erased your illusions.
You love you and see heaven here.

Let this place, perceived as hell by the distortions of perception, be restored to heaven.
You shall no longer hold anyone prisoner. You are no longer to take anyone prisoner, for you have discovered that the sword of wrath has been wielded over you.

What you want to kill is you, whom you deny with all your might.

To wake me up.
What can I do?
The only thing I can do to wake up is to have a small willingness to choose forgiveness.