通過儀礼後は「赦す」しかなくなる don’t wanna reincarnate again

ABOUT
   

English

   

I learned about human weakness when my older sister, three years older than me, was hospitalized for a long time. I was a clown trying to comfort our crying mother.I was three years old.

I was a young counselor who sympathized with my mother’s sadness and comforted her. When I saw my sister rehabilitating after surgery, the little momoko was upset by the people I met at the hospital, and the same part hurt and cried.   

From that time on, I began to relive the emotions and pains of others on a daily basis.
I “feels” some feeling like a party that I have never experienced.
When I went to the crowd, I felt that many people were talking to me all at once, and I vomit and fever.
I have neuralgia due to climate changes and family emotional upsets, so before going to bed I wrapped the tow belt tightly around and slept, being careful to avoid into the sleep paralysis.
When I watched the sad news on TV, I was upset for half a day, and even when my emotions subsided, I kept thinking “How can everyone be happy?”
For me, the words of the girls who talked badly seemed to fly in the form of pebbles. When I heard bad words, my skin hurt physically, so it seems that I was a strange girl at school.

These are all characteristics of the empathy, but I first learned the word “empathy” in my twenties. Until I knew the word, I just wondered, “Why are there so many pains and pains?”

“Hearing” and “tactile” are linked to me, and the sound of words feels like I’m hitting my skin directly.
For me, the sound of beautiful words is the same as the pleasure of being caressed.
That may be why I was absorbed in Japanese poetry and Chinese poetry.
I think the reason I like to play with tongue twisters and onomatopoeia is probably because this synesthesia stimulates pleasure.

My family’s religious group at the time was forbidden to read anything other than the Bible, so my oppressed desire for knowledge overflowed as a print addiction.
With the momentum of reading a newspaper wrapped in vegetables at the market and reading all the books in the school library, I was indulged in the world of words.

I felt that living was full of pain. I tried my first suicide in the 5th grade of elementary school. I was 12 years old.
Because I could feel the remnants of the emotions of others, I was so sensitive that it was hard to hold the straps of the bus, and I played a role in catching the emotions of my mother, who had a lot of ups and downs. The world was crazy and chaotic, and defining and ordering by “words” was the only light for me at the time.

“God, please save my mother. Give me ten times as much wisdom as Daniel to survive us. Otherwise let me die.”
I knelt and cried, put a knife around my neck, and threatened God.
It was the voice of the Holy Spirit that stopped my suicide.
“I have already given it.”
The voice of the Holy Spirit was so clear that it instantly made me realize that I was “playing” a dramatic tragedy, and the voice was love itself.

“God exists!!!”
I was overjoyed and put the knife with laughter, “Thank you, thank you.”

This is the original experience of my thirst for remembering that what I want is not something of the world, I belong to the Holy.  

After that, left the cult, homosexuality(to be exact I’m pansexual), runaway from my parents’ house, alcohol dependence, sex dependence, work as sex worker, suicide attempt, abortion, infidelity, self-bankruptcy, etc.
After a half-life like a dime novel that became cheap because the story was overloaded…
I am married and living in harmony with my family as a mother of one daughter.Now I have a good relationship with my parents.

I’ll omit the episodes a lot because it’s a hassle, but for me, I think these events acted as shaman rites of passage (initiation).

It is said that there is a kind of rite of passage in the formation of shamans in all times and places.

Spiritual Emergency (SE = soul crisis) and Spiritual Emergence (emergence of spirituality) in the concept created by psychiatrist Stanislav Grof and his wife Christina, one of the founders of transpersonal psychology. There is a concept.
Spiritual Emergency (SE) is defined as “the decisive stages experienced as the hardships that bring about the deep psychological transformation of the entire human being.”

It manifests itself in the form of extraordinary states of consciousness, causing intense emotions, visions, other sensory changes, unusual thoughts, and various physical signs.
Many of these experiences may revolve around spiritual themes, including psychological death and rebirth, experiences that appear to be memories of previous lives, a sense of unity with the universe, and encounters with various mythical beings,and other similar subjects are said to be included.

Groff also said: “The possibility of spiritual emergence is a natural feature of humankind. The ability to grow spiritually is similar to the physical development of our bodies. Naturally, spiritual regeneration is a normal part of human life as well as biological emergence. ”

The crisis experience does not always lead to awakening of spirituality, but I think it acted as a Spiritual Emergency for me.

Recently, I was personally told by the Holy Spirit that “you needed to cleanse quickly,” so many events in my life were part of my plan to awaken. I think it was.

In my late twenties, I spent days visiting shrines and temples and places called sacred places as needed, listening to Spirit’s voice and being at the mercy of memories that seemed to be in the past lifes.
(When viewed from the side, it’s completely dangerous, so I didn’t want to be considered a dangerous person, so I hid it around.)

However, I noticed that no matter where I visited, the gods enshrined in the land said, “Pray for world peace.”
Even though there are many personal desires for Me, I feel that “the wishes of such a world are not’prayer'”, and I am struck by the words in front of these sacred being.

That’s why I went here and there to pray for world peace.
I learned to sing the Great Norito and various mantras,but
I was guided to pray for world peace every time.

“Praying for world peace is praying for peace in your heart. If you want to be happy, you have no choice but to pray for world peace.”
No matter where I go, the spirit enshrined in the land will say such a message.

However, in the meantime
“Your sanctuary is yourself. There is no sacred place in the world. There is only a place where you give meaning to be sacred.”
Was given to me through the words of Krishnamurti.

That’s why I stopped going to shrines and instead became a “life of praying anytime, anywhere.”

It was about a year ago that I met ACIM, which I am studying. This book really helps those who are serious about spiritual exploration like me and those who have a shamanic temperament.
If you want to know about the contents, you can read from this article.
About ACIM

I don’t want to reincarnate as a human anymore, so I make “thorough forgiveness” a daily routine.

There are many spiritual learnings, but I think those who are willing to learn ACIM seriously are those who perceive the misery of life and the ecstasy of touching the light of God.
As we proceed with this learning, a very strong ego resistance arises.
This is because the ego cannot maintain its thinking system when the world is erased, and desperately tries to stop learning and stop forgiveness.

In order to “choose to forgive” even if you push the resistance of the ego, we need to select;
“I don’t like these feelings anymore, I don’t want to be here!” And “I want the Holy Spirit to see this situation with me.”

To be comfortable, we have to heal our guilt. To that end, we have no choice but to focus on sacredness.
Others and self are holy ones who share the same life, and there are no exceptions.
However, the guilty feeling of being separated from God is projected there in various ways to create the world.

Redefining this world as a symbol of all attacks as sacred is the only thing a shaman and healer should do. There are no exceptions.

I think this is the Heart Sutra and Advaita, and what Christ really tried to say.

………

Forgiveness
Forgiveness
Forgiveness
Because you are the one you assume to be an enemy.
Because you are a child of God and your true nature is sacred.
Sacred is not the antonym of unholy beings, light is not the antonym of darkness, God is not the antonym of the devil, and love is not the antonym of hatred.

A state in which there is no antonym.
Beyond “perception”, the absence of judgment and language, beyond the world (time and space),

The world does not exist.
You are just dreaming of the world.
The only way to wake up from a dream is to “forgiveness.”
……

I want to stop playing Sugoroku, so I plan to continue forgiveness thoroughly.

ニンゲンの弱さを知ったのは、3つ年上の姉が長期入院し、母が泣き暮らすのを慰めようと道化になった3歳でした。私は母の悲しみに共感しながら彼女を慰める、幼いカウンセラーでした。姉が手術後リハビリをする姿に、病院で出会う人たちに、小さなももこはいちいち動揺し、同じ箇所が痛くなって泣きました。

その頃から、人の感情や苦痛を追体験することが日常的になりました。
私が体験したことがないはずのことを、ありありと「わかる」のです。
人混みに行けば大勢の人の声が一斉に話し掛けてくるように感じ、吐いたり熱を出したりしました。
気候の変動や家族の感情の乱れで神経痛を起こすので、寝る前にはあちこちに牽引帯をきつく巻いて、金縛りに合わないように注意しながら眠りました。
テレビの悲しいニュースを観ると半日動揺してしまい、感情がおさまっても一日中「どうすればみんな幸せになれるんだろう」と考え続けて辛くなりました。
悪口を言い合う女子のやりとりは、言葉が石礫になって飛んでくるみたいで物理的に痛いので、学校でもほとんど入らず、潔癖主義に思われていたようです。

すべてエンパス体質の特性ですが、私が「エンパス」という言葉を知ったのは20代なので、それまで「何でこんなに痛いことや辛いことが多いんだ」と不思議に思うだけでした。

痛いと言えば、「聴覚」と「触覚」は私にとって連携している感覚で、言葉の響きは私の皮膚を直接弾くように感じます。
美しい言葉の響きは愛撫される快感と同質のもので、和歌や漢詩に没頭した時期があったのも、そのためかもしれません。早口言葉やオノマトペで遊ぶのが好きなのも、おそらくこの共感覚による快感が刺激されるためだと思います。

当時、家族が属していた宗教団体で、聖書以外を読むことを禁じられていたので、抑圧された欲望は活字中毒として溢れ出ることになりました。
野菜に巻かれた新聞を読み、学校の図書館にあった本を読み尽くす勢いで、私は言葉の世界に耽溺しました。

生きることは苦痛に満ちているように感じられ、小5で初の自殺を試みました。
他人の感情の残滓が感じられるため、バスの吊り革を握るのも辛いほど感受性が暴走している状態で、浮き沈みの激しい母の感情を受け止める役を担っていたのです。世界は狂気で混沌としていて、「言葉」によって定義し秩序を与えることが、当時の私にとっての唯一の光でした。

「お母さんを救ってください。私に智慧を与えてください。そうでなければ死なせてください」
跪いて泣きながら包丁を首に当て、脅迫するように祈った結果、その自殺を止めてくれたのは聖霊の声でした。
「もう与えているよ」
というその声は、劇的な悲劇を「演じている」と一瞬で私に自覚させるほど明晰で、愛そのものでした。

「神は存在する」
という歓喜に包まれ、私は「ありがとうございます、ありがとうございます」と泣き笑いしながら、大喜びで包丁を仕舞いました。

これが、私が欲しいのはこの世の物ではない、私は神聖に属する者であることを思い出したい、という渇望の原体験とでも言うべきものです。

その後、カルトの脱退、同性愛、家出、アルコール依存、セックス依存、風俗、自殺未遂、妊娠中絶、不倫、自己破産などネタをてんこ盛りにしすぎたケータイ小説みたいな半生を経て、現在に至ります。

面倒くさいのでエピソードを大幅に割愛しますが、私にとってはこれらの出来事は、シャーマンの通過儀礼(イニシエーション)としての役目を果たしたのだろうと考えています。

古今東西、シャーマンの成り立ちにはある種の通過儀礼があると言われています。

トランスパーソナル心理学の創始者の一人である精神科医のスタニスラフ・グロフと妻のクリスティーナによって生み出された概念に、Spiritual Emergency(SE=魂の危機)とSpiritual Emergence(霊性/精神性の出現)というものがあります。
Spiritual Emergency (SE=魂の危機)とは「その人間の存在全体に関わる深い心理的変容をもたらす苦難として体験される決定的な諸段階である」と定義されます。

それは非日常的意識状態という形で現れ、強烈な感情やヴィジョン、その他の諸感覚の変化、通常と異なった思考、さらには様々な身体的兆候を引き起こすものです。
こうした数々の体験の多くは霊的なテーマを巡って展開することがあり、心理的な死と再生、前世の記憶と思われる体験、宇宙との一体感、さまざまな神話上の存在との遭遇、その他のそれに類する主題を含んでいると言われます。

グロフはまた、「Spiritual Emergence (霊性/精神性の出現)が生じる可能性は,人類に生まれつき備わった特徴である。霊的に成長する能力は、われわれの身体が肉体的に発達に向かう性質と同じように自然なことであり、霊的再生は生物学的誕生と同じように人間の生の正常な一部である。」と定義しています。

大変な経験が必ずしも霊性の目覚めに通じるとは限りませんが、私にとってはSpiritual Emergencyとして作用したのだろうと定義できます。

最近これについては、個人的に聖霊に「あなたは早巻きで浄化する必要があった」と言われたので、イベント盛りだくさんなことにも何やら意味があったのかなと思います。

20代後半は、必要に迫られるように各地の神社仏閣や聖地と呼ばれる場所を巡り、Spiritの声を聞いたり過去生らしき記憶に翻弄されたりの日々を送りました。
(傍から見ると完全にヤベー奴なので、ヤベー奴と思われたくなくて周囲にひた隠しにしていました。)

そこで、どんな場所へ行こうと「世界平和を祈りなさい」と言われることに気付きました。
ももこの個人的な欲望は沢山あるのに、「そういった俗世の願い事は『祈り』ではない」ということを感じて、神聖な存在の前で言葉にすることが憚られるのです。

そんなわけで、あちこち訪れては世界平和を祈る行脚をやっていました。
大祓詞やら各種マントラやら唱えるつもりで覚えるのに、最後いっつも世界平和を祈る流れになるのね。

「世界平和を祈ることは、あなたの心が平和であるよう祈ることです。あなたがしあわせになりたいなら、あなたは世界平和を祈る以外に道はありません」
といったメッセージを、どこに行けどもSpiritから言われるのです。

ところがそのうち、
「あなたの聖所はあなた自身である。神聖な場というものはこの世に存在しない。神聖であるとあなたが意味を与えた場があるだけである」
というメッセージが、クリシュナムルティの言葉を通して与えられました。

そんなわけで、神社通いが落ち着き、代わりに「いつでもどこでも祈る生活」になりました。

いま私が学んでいる「奇跡講座(ACIM)」に出会ったのは一年ほど前ですが、この本は私みたいにガチの霊性探究をする人やシャーマン気質の皆さまには本当に救いになると思います。
内容について知りたい方は、こちらの記事からお読みいただけます。
関連記事:ACIM概要

私はもうニンゲンとして輪廻したくなさすぎるので、「徹底的に赦す」を日課にしています。

霊的な学びは数あれど、奇跡講座を真剣に取り組む意欲のある人は、人生の悲惨さと、神の光に触れることの恍惚を感知している人だと思う。
この学びを進めるとき、とても強い自我の抵抗が湧き上がります。
なぜなら、自我は世界を消すとその思考体系を維持できなくなるから、必死で学びを辞め、赦すことを辞めさせようとするからです。

自我の抵抗を押してでも「赦すことを選ぶ」ためには、「こんな感情はもうイヤだ、ここにいたくない!」という気持ちと、「聖霊に一緒に状況を見てもらう」という選択が必要になります。

楽になるためには、罪悪感を癒やすしかないですし、その為には神聖にフォーカスするしかない。
他者も自己も同一の命を共有する聖なるものであり、例外はありません。
ただそこに神から分離したという罪悪感を様々な形で投影して、世界を作り出している。

あらゆる攻撃の象徴としてのこの世界を、如何に神聖なものとして定義しなおすことが、光を目指す者がすべき唯一のことです。そこに例外はありません。

これが般若心経でありアドヴァイタであり、キリストが真に語ろうとしたことなのではないかと思います。

……

赦しなさい
赦しなさい
赦しなさい
何故ならあなたが敵だと想定している相手はあなた自身であるから。
あなたは神の子であり、その本性は神聖であるから。
神聖とは神聖でない存在の対義語ではなく、光とは闇の対義語ではなく、神とは悪魔の対義語ではなく、愛とは憎しみの対義語ではない。

対義語の存在しない状態。
「知覚」を超えた、判断と言語の存在しない状態、世界(時間と空間)を超えたところに本当のあなたはいる。

世界は存在しない。
あなたはただ、世界の夢を見ているだけである。
夢から目覚める唯一の方法が、「赦す」ことです。
……

ニンゲンすごろくもうやめたいので、今後もTTY(徹底的に赦す)の予定です。