じれじれジレンマ To be happy

マインド

不思議なことに、多くの人が本当は「苦しみを手放したくない」と心の底で願っています。
口では解放を望むけれど、心底では苦痛がもたらすメリットを享受していたいと思っているのです。
これは、私もだいぶ長いことそうだったので、とてもよくわかります。

例えば「私はしあわせになりたい」と言いながら、周囲を責めるために無意識に不幸を選び続ける人たちがいます。
自分が不幸であることが、親や共同体に対する報復や抗議になると、彼らの無意識はかたく信じています。
だから、どんなに顕在意識でしあわせになりたいと思っても無駄になります。なぜなら彼らは、本当はしあわせになることを望んでいないから。
彼らは自分がしあわせになったら、親や共同体が正しかったと証明してしまう(つまり被害者ではいられなくなってしまう)と、どこかで信じているのです。
そして、口では「しあわせになりたい」と言います。

Curiously, many people really want to “keep suffering” from the bottom of their hearts.
They want liberation and freedom by mouth, but they really want to enjoy the benefits of pain.

This is very clear because I’ve been thinking like them for a long time.I can understand their mind.

For example, they unknowingly continue to choose misfortune to blame the surroundings! but they always says “I want to be happy.”

Their unconscious strongly believes that their unhappiness leads to retaliation and protest against their parents and communities.
Therefore, no matter how much they want to be happy with their consciousness, it is useless.
Because they really don’t want to be happy.

They believe that if they are happy, they will prove that their parents and community were right (that is, they will not be victims).
However, their mouth say “I want to be happy.”

そういう人との会話は得てして不毛なものになります。
なぜなら彼らの頭で望むことと、彼らの心底で望むことが食い違っているから。

私は何人もの「しあわせになりたいと言う人」の相談に乗ってきたけれど、そのほとんどは実際には不幸であることで自分の正義を証明しようとしていました。しかも厄介なのが、それを無意識で行っているということです。

彼らは高いお金と労力を払ってしあわせになろうと努力してきたので、「ほんとはしあわせになりたくないんでしょ。あなたは自分の正義を証明するために、不幸でいなきゃいけないと考えているのよ」なんて言ったら、烈火のごとく怒り出します。「私はこんなにつらいのに!ここから抜け出したいから相談しているのに!親身になってくれないなんて、あなたは間違っている!」って。
そこまで怒らなくても、私に対して不満を抱きます。「この人は、私のことを何もわかっていない。たぶん、相談相手として未熟な人なんだ。彼女は間違ってる」って。

Meetings with such people almost end up meaningless.
Because what they want in their heads and what they want in their hearts are inconsistent.

I’ve listen with a number of stories of”people who want to be happy,” most of whom were actually trying to prove their justice by being unhappy. And the trouble is that they do it unknowingly.

They have been trying to be happy with a lot of money and effort, so when I said “Actuality, you really don’t want to be happy. You have an idea of you must stay unhappy to prove your justice”, they were angry.
“I’m so painful! I’m consulting because I want to get out of here! You’re wrong to not be kind to me!”
Even if they don’t get so angry, they dissatisfied with me. “This person doesn’t know anything about me. Maybe she’s an inexperienced person to talk to. She’s wrong.”

でもね、その苦しみのもとになる思考体系を手放そうとしないのは、なぜなのかな。

自分の正義を証明するために、相手の間違いを証明しようとする、その攻撃的な意欲はどこから来るのかな。
加害者を想定して、被害者であろうとし続けると、永久に自縄自縛にとらわれてしまいます。

「あいつは間違っていて、私は正しい」という図式を持ち続けることこそが、その苦痛の原因なんだから。

But why don’t you let go of the thought system that causes your suffering?

Where does your aggressive willingness to prove the other person’s mistakes to prove your justice come from?

If you continue to want to be the victim, you will be permanently trapped in self-bondage.

Keeping the scheme “He’s wrong, I’m right” is the cause of your pain.

他者を断罪することは、自分から罪を分離できる気がするので、一瞬は気分が良いものです。
しかし、これは物事に解決を与えるどころか、より一層複雑化させる方法です。

私たちは、「攻撃された」と感じると、反撃するか自己防衛を行います。
これは、肉体という境界線がリアルだと信じている限り、自然なものです。

そして、「不幸であること」は、実は自己防衛のひとつの形です。
私たちは、自分の正しさを証明するために、不幸であることを主体的に選択しています。

Condemning others feels good for a moment because it feels like you can separate your sins from yourself.
But this is a way to make things even more complicated, rather than giving them a solution.

When we feel “attacked”, we counterattack or defend.
This is natural as long as you believe that the boundaries of the body are real.

And “unhappiness” is actually a form of self-defense.
We proactively choose to be unhappy in order to prove our correctness.

肉体レベルの例で言えば、
パートナーが間違っていることを証明するために、不機嫌な気分を持ち続けようとしたり、病気になったりします。
子供が間違っていることを証明するために、怒鳴ったりなだめすかしたりします。
親の育て方が間違っていたことを証明するために、身を挺して不幸で居続けようとします。
あるいは、国や共同体への抗議のために、被害者であることに甘んじようとします。

自分が「可哀想」であるということは、「加害者」の存在を想定していることです。
私たちは、無意識レベルで誰かを攻撃するために、すべての不幸を作り出しています。

In the case of the physical level,
To prove that your partner is wrong, you try to stay in a bad mood or get sick.
You yell or soothe to prove that your child is wrong.
To prove that your parents’ incorrect, you try to stay unhappy and poor.
Or, because of a protest against your country or community, you try to be content with being a victim.

When you are “miserable”, you are assuming the existence of a “perpetrator”.
We are creating all the misery to attack someone at an unconscious level.

霊的な話で言えば、神(一なる愛の一体性)の存在を否定して、自分が個別の意識を持った肉体であることを「証明」するために、時間や空間という制約の中に自身を閉じ込めます。

↑元はと言えばそれがすべての境界線のはじまりです。

「攻撃されている」と思い込むのは、「私は攻撃され得る弱い存在だ」という信念を基盤とします。また、私は個別の存在であるという信念を基盤とします。

本当は、私たちは個別の存在ではなく、ひとつの生命を共有する霊なので、すべての攻撃は自己攻撃であり、まったく無意味なことなのです。

In spiritual terms, the constraints of time and space are to deny the existence of God (one unity of love) and “prove” that you are a body with individual consciousness.

↑ That is the beginning of all boundaries.

The belief that you are being “attacked” is based on the belief that “I am a weak who can be attacked.” It is also based on the belief that I am an individual being.

The truth is, we are not individual beings, but spirits that share one life, so all attacks are self-attacks and are completely meaningless. 

加害者ー被害者という図式から完全に脱したいなら、「あいつが悪い」と言うのを完全にやめると決める以外にありません。
ちなみにこれは「私が悪い」という話でもありません。

その代わり、「あいつは私の隠された自己だ」と認めることです。
ムカつく相手とは、否認した自己が物理空間に投影された存在だからです。
ムカつく相手の言動を変化させることは出来なくても、思考の枠を外すことで、相手にムカつかなくなることは可能です。

何世代前のカルマなどというお話がありますが、カルマの正体は「切り離された罪悪感」であると言えます。

If you want to get out of the perpetrator-victim scheme altogether, you have no choice but to decide to stop saying “he’s bad” altogether.
By the way, this is not the story of “I’m bad”.

Instead, admit that he is your hidden self.
The person who makes you irritated projected into the physical space because you denied in your mind.

Even if you can’t change the behavior of the other person, you can get rid of the irritation by removing the frame of thinking.

There is talk of karma many generations ago, but it can be said that the true identity of karma is “separated your own guilt.”

思考の枠を外すとは、
1)自分の正体が個別の肉体であるという偽のアイデンティティを手放す
2)すべての存在はひとつの生命を共有すると認める
3)すべての攻撃は自己攻撃であり超無意味だと認識する

ということです。

【私】という定義自体が間違っているから「右足首のせいで」「白血球のせいで」「毛髪が悪い」などと自分の中で罪を押し付け合う、おかしなことになります。

つまり究極的には、「どうやって私は私を愛せばいいのか」という問題だけがあります。

もういい加減、しあわせになってもいい頃合いです。

To remove the frame of thought is to
1) Let go of the false identity that you are an individual body
2) Recognize that all beings share one life
3) Recognize that all attacks are self-attacks and are super meaningless!

Since the definition of [Myself] itself is wrong, to push sins within yourself, such as “because of the right ankle”, “because of white blood cells”, and “bad hair”. wow, it’s super strange.

So, ultimately, the only question is, “How do I love me?”

I think all of us can be happy.