中絶への赦し| Forgiveness for Abortion

Essay

お家に帰ろう 中絶への赦し

昨日は逆方向の電車に間違えて乗車したため全然家に帰り着けない、というちょっとしたイベントが起きました(大船行に乗ったはずが大宮行きに乗ってしまい、しかも全然気付いてなかった)。

「お家に帰りたいです」
と半泣きで聖霊に祈ったら
「あなたは自我の思考体系を保ったまま、家(天国)に帰ろうとして逆走している」と言われ、

「これはおそらく、パートナーシップの活動についてのことかな」
と感じました。

この間、ハーヴィル・ヘンドリクス博士の「イマーゴ理論」に基づくパートナーシップについての動画講座を撮ったのですが、私はかなり自我の思考体系を用いた説明をしていたのです。

例えば、傷という概念については、傷を実在させるような伝え方をしています。
これは、今まさに恋愛の葛藤の中にいる人は、「肉体レベルの『現実的な』解決」が知りたいだろう、という個人的な考えによるものでした。

LIVEを行ったFacebookでは分かりやすいと感想をいただき、割と好評だったので、調子に乗ってしまい
「こんな感じで、今後もパートナーシップに関して配信しようかなー」
と思っていた矢先のことでした。

しかし、「世界は自我の投影によって作り出された幻想である」というのが聖霊の言葉で、実相世界においては「神(愛)」と「それ以外」という区別しかなく、幻想のレベルには全く意味がないのです。
目覚めているか、夢を見ているかの違いしかありません。

ですから、幻想のレベルでの解決策を語ることは、聖霊の視点からは「全く無意味」になります。だって肉体自体が幻想だから。

そして、肉体自体が幻想であることが理解できない限り、
境界線を作ることを決め分離することを選択したのは自分の心(意識以前の選択)であることを認めない限り、「赦し」は完了しません。

なぜなら目を醒まさないように、自分で自分を洗脳し続けている状態にあるからです。

でも、肉体自体が幻想だなんて、奇跡講座を学習している人以外の誰が信じるのさ?!
それこそ「現実的」ではないでしょ?!
…そう思っていたのでした。

そしたらさ。
電車を乗り換えて方向転換してから何気なく開いたJACIMのテキスト「聖霊のレッスン」に、
「もうそういうことはやめて、完全に方向転換しなさい」って書いてあって。

トドメのように、前の部分にはこう書いてありました。

「このコースを学ぶには、あなたが抱いている価値観のすべてを疑ってみようとする意欲が必要である。一つでも隠されて曖昧にしておかれるなら、それはあなたの学びを危うくするだろう」

「多くの人々は、自我の思考体系の枠組みは残したまま、聖霊の思考体系からいくつかの魅力的な特徴だけを採り入れるという学び方をしてしまいます。学び始める時点では、そのように学んでいる人々の方が多いと思います。けれども、『奇跡講座』というコースは、よく理解するなら、そのような妥協の余地はない教えであることが明らかです。…(p58-59)」

つまりこれは、
自我の思考体系からパートナーシップについて説明しようとすることを止めなさいというメッセージなんだろうと。
そう思ったら、なんだかくらくらしてきました。

私がやろうとしていたのはまさしく、自我の思考体系を保ったままでも理解出来るように、奇跡講座の教えを希釈して、恋愛・夫婦関係に当てはめて伝えることだったからです。

釈然としない気持ちのまま、私は何気なく隣の席の人を見上げました。

そしたら、なんと。
隣の席に座っていた男性が、私が十年以上前に妊娠中絶したときの、元彼にそっくりだったんです。(他人の空似ですが)

その途端、

ブワーと涙が出てきて、
私は子どもを中絶した自分のことを、心の奥でまだ責め続けていたことを唐突に理解しました。

そして、「自分を責め続けることが正しいことだ」と思っていたことも理解しました。

そもそも、パートナーシップについて私が真剣に学び始めたきっかけは、自分の弱さが中絶という殺人を犯してしまった、もう決してあんなことにはしない、そのためにはどうすればいいだろうか、という絶望が基盤になっていました。

私はこれを、動機はネガティブでも、ポジティブな活動に繋げていればいいだろうと思っていました。

しかし、
そうではなかった、ということがわかったのでした。

私の中でまず、元彼に対する攻撃の想念がブワッと燃え上がりました。
しかし、私は彼が私の潜在意識において否認した自己であったことをわかっています。

自然と、攻撃の矛先は自分へと向かいました。

ありとあらゆる罵詈雑言が、嵐のように私の中に去来し、一瞬、息ができなくなりました。

「聖霊よ、私は私を赦すことが出来ません。私はこれを忘れないことが正しいことだと感じています」
そう祈った私に、

聖霊は
「あなたはあなたを責めることで、あなたの兄弟を責め続け、十字架にかけ続けるのか。彼らの罪を実在させるのか」
と答えました。

ここで言う兄弟とは、全世界のすべての存在を意味しているとすぐに分かりました。

私は、「私自身のためには私を赦すことはできませんが、私の兄弟のためになら私を赦したいです」と言いました。

潜在意識のことを学んで、「私はあなた、あなたは私である」ということが腑に落ちていなければ、この結論は出せませんでした。

子どもを殺してしまった私の「罪」を、私は忘れてはいけないと、かたく信じていたからです。

しかし同時に、「私が私を咎めることが、世界を咎めることになる」という法則も理解していました。

私は人を責めることで自分を攻撃し、自分を責めることで世界を攻撃しているのです。
なぜなら、私たちは、霊においては一つであるからです。

「聖霊よ、
私は子どもを殺してしまった私の弱さを赦したいと思っています。
霊においては、私には何の罪もありません…
私は、これを、聖霊の見方で見たいです…」

わんわん泣きながら帰ってきて、
やっと自宅に帰り着きました。

そしてね。
お風呂に入って
「私は、私を赦します」と言うんだけど
違和感が半端ない。
涙が出てきて「絶対絶対絶対ゆるさない!」って思っちゃうの。

そして、代わりにもう一度
「私は私を、赦したいと思っています」
と言ってみました。

すると、
目の前にあるビジョンが浮かびました。

13年前の11月。
中絶手術の後、麻酔で朦朧とした中で、ベットの端にイエス様が黙って腰かけてくれていたのを、21歳の私は感じていたのですが、

「赦したいと思っています」というさっきの私の祈りが、イエス様の心と重なって、あの日あの場所にいたんだ!

ということが、わかったのでした。

絶望しきって泣く権利すらないと思っていた21歳の私を見て、34歳の私は彼女を助けたいと感じました。

「私は、私を赦せない私を赦します。
赦したいと思っています。
聖霊よ、私には罪があると信じる心を手放したいです。
愛へと入れ替えてください…」

一夜明けて、この文章をお布団の中で打っているのですが、
「私が今日まで年々しあわせになるように生きてこられたのは、今日の私が過去の私のために祈ったからだ」
という、直観が湧き上がりました。

直線的な時間は幻想であるという話はよく聞きますが、まるでハリー・ポッターのようです。
癒やしは時空を超えるんだ、という不思議な感覚を味わっています。

そして同時に、これまでずっと、たくさんの「いつかの私」が、私を助けてきてくれたんだ、ということもわかりました。

ありがとう私。
ありがとう聖霊。
ありがとうイエス様。

Let’s go home. Forgiveness for Abortion

Yesterday, a little event happened: I got on the wrong train in the opposite direction and couldn’t get home at all.

“I want to go home.”
I half cried and prayed to the Holy Spirit.
He told me, “You’re running backwards, trying to get home (heaven) with your ego thought system intact.

I felt that this was probably about partnership activities.

I filmed a video course on partnership based on Imago theory the other day.
In order to make it easier to understand for those who haven’t taken the ACIM course, I’m using the ego’s thought system to explain it.

For example, I explain the concept of wounds in a way that makes them real.
This was based on my personal belief that people who are in the midst of a relationship conflict right now would want to know the “practical” solution on the physical level.

The Facebook page where I did the live session was rather positive, with people saying it was easy to understand, so I got carried away.
Just as I was thinking, “Maybe I’ll continue to deliver more on partnerships like this…”

The Holy Spirit said,
“In the real world, there is only a distinction between “God (love)” and “the rest,” and the level of illusion has no meaning at all.
The only difference is whether you are awake or dreaming.”

Therefore, talking about solutions on the level of illusion becomes “completely meaningless” from the perspective of the Holy Spirit. Because the body itself is an illusion.

And unless we understand that the body itself is an illusion.
Forgiveness is not complete until I acknowledge that it was my mind (my pre-consciousness choice) that decided to create the boundary and chose to separate.

This is because I’m still brainwashing myself to keep from waking up.

But who would believe that the body itself is an illusion, except those who are learning ACIM?
That’s just not “realistic,” isn’t it?
…That’s what I was thinking.

And then…
I casually opened the JACIM textbook, “Lessons of the Holy Spirit,” after changing trains and turning around.
It said, “Don’t do that anymore.”

As if to top it off, the previous section said.

“To learn this course, you need to be willing to question all of your values. If any one of them is hidden or obscured, it will jeopardize your learning.”

“Many people learn by leaving the framework of the ego’s thought system in place and taking in only a few attractive features from the Holy Spirit’s thought system. I think most people learn that way at the beginning of their studies. But the Course in Miracles, if you understand it well, is clearly a teaching that has no room for such compromise. …(p58-59)”.

So I guess this is
In other words, this is a message to stop trying to explain the partnership from the ego’s thought system.
That thought made me feel a little dizzy.

Because what I was trying to do was to dilute the teachings of ACIM and apply them to love and marital relationships in a way that could be understood while maintaining the ego’s thought system.

I looked up at the person sitting next to me without thinking about it, feeling a bit confused.

Then, to my surprise.
The man sitting next to me looked exactly like my ex-boyfriend from when I had an abortion over ten years ago. (of course he was a stranger.)

As soon as I saw him.

I burst into tears.
I suddenly understood that I was still blaming myself for aborting the baby in the back of my mind.

I also realized that I thought it was right to keep blaming myself.

The reason why I began to study partnership seriously in the first place was based on my despair that my weakness had caused me to commit the murder of abortion, and that I would never let that happen again, and what I could do to make that happen.

I thought it would be good if I could connect this to a positive activity, even if the motive was negative.

Then…
I had a vision in front of me.

It was November, 13 years ago.
I was 21 years old, and I felt Jesus sitting silently on the edge of my bed, in a daze from the anesthesia after an abortion surgery.

I knew that my earlier prayer, “I want to forgive myself,” had overlapped with Jesus’ heart, and he was there that day!

That’s what I found out.

Seeing the 21-year-old me, who was so desperate that she didn’t even think she had the right to cry, the 34-year-old me felt compelled to help her.

“I want to forgive me for not forgiving me.
I want to forgive myself.
Holy Spirit, I want to let go of my belief that I have sin.
Please replace it with love…I want to see who am I with you”


I’m typing this in my bed after a long night.
I had an intuition that the reason why I have been able to live happily year after year is because today I prayed for the past me.
This intuition came to me.

We often hear that linear time is an illusion, but it’s like Harry Potter.
I am experiencing the strange feeling that healing transcends time and space.

At the same time, I realized that there have been many “someday me’s” who have helped me throughout the years.

Thank you, me.
Thank you Holy Spirit.
Thank you Jesus.