霊的な優劣の話 spiritual superiority

マインド

そもそも、霊とは全人類共通のものなのでひとつしかない。
なので、霊的な優劣はありまへん。
みんな同一人物みたいなものです。
肉体や意識による分離は、「あるように見える」だけです。

ブッダもキリストも、高度に進化した何千年後かのあなた自身です。
ヤバそうに見えるあの人も、生まれたての赤ちゃんも、あなた自身です。
霊の世界、愛なるそこにおいては、時間も空間も個体差もありません。
すべてはひとつです。

In the first place, there is only one spirit because it is common to all humankind.
Therefore, there is no spiritual superiority or inferiority.
All human beings are spiritually the same person.
Separation by body and consciousness is only “looks like that”.
Both Buddha and Christ are yourself thousands of years after highly evolved.
Criminals and newborn babies are all yourself.
In the spiritual world, dear, there is no time, space, or individual difference.
Everything is one.

自我の思考体系は、
分離することでその構造体を維持することが出来るので、抑圧・否認・投影によって「他者」という存在、世界を作り出しています。

スピリチュアル好きだったり、宗教団体にいたりすると、波動の高低とか、霊的に優れているとか、そういうお話があったりするのですが、これはむしろ、かなりフィジカル寄りな認識と言えます。

The ego’s thinking system is
Since the structure can be maintained by separating it, the existence and world of “others” are made by oppression, denial, and projection.
If you like New Age or if you are in a religious group, you will hear stories about the high and low vibrations and spiritual excellence. However, this is rather a very physical perception.

もちろん、世界は意識によって存在しているので、自分がそのように信じている限り、そういう世界が展開します。

肉体における「快・不快」が存在するように、エネルギー的な側面からも「快・不快」は存在します。おそらく、多くの方はこれをもって波動の高低を語ると思われます。

Of course, the world exists by consciousness, and as long as you believe that way, such a world will develop.
Just as there is “pleasure / discomfort” in the body, there is “pleasure / discomfort” from the energy side as well. Perhaps many peoples’ talk about the height of the vibration is that mean.

肉体の目には、ウンコとケーキには明らかに差異があります。
ですが、霊においてはウンコにもケーキにも優劣はありません。なぜなら、霊はウンコとケーキを区別しないからです。
というより、意識の差が存在しないので、1なる霊(愛)以外のものがありません。
つまり、「概念」が存在しません。

そんで、差異のある世界でゲームを続けたければ、延々とやっていられます。
でも、もうやりたくないなと思ったら、そこから抜けることができます。

To the physical eye, there is a clear difference between poop and cake.
However, in spirit, there is no difference between poop and cake. Because the spirit does not distinguish between poop and cake.
Rather, there is no difference in consciousness, so there is nothing but one spirit (love).
That is, there is no “concept”.
If you want to continue playing the game in a world of difference, you can do it endlessly. But if you don’t want to do it anymore, you can get out of it.

自分の意識がHOLYなときは、ゴミ集積所を見てもホームレスさんを見ても戦争のニュースを聞いても旦那さんが家事をやらなくても子供が反抗的でも預金残高が一桁でも、感謝しか湧いてきません。
これは、そうならなきゃ駄目という話ではなくて、「自分の状態によって、世界の情報をどのように受け取るかが変わる」という話です。
つまり、知覚は状況や「相手側」の存在や行動によるのではなく、徹頭徹尾「私自身」の意識によって変化します。

When I’m on HOLY bivelation, even if I look at the garbage dump, the homeless, listen to the news of the war, my husband doesn’t do the housework, or my child is rebellious, or my deposit balance is almost empty, I only get gratitude.
This does not mean that you have to do that, but that “how you receive information about the world depends on your condition.”
In other words, perception changes not with the situation or the existence or behavior of the “other party”, but with the consciousness of “myself”.

世界のすべては「聖なる私」を映し出す鏡であり、私はあなたである。
これが受け入れられているならば、霊的な優劣という概念はまったく無意味であるということが腑に落ちます。

Everything in the world is a mirror that reflects the “holy me,” and I am you.
If you accept this concept, the concept of spiritual superiority or inferiority is completely meaningless.

私は個人的に、「何かを見たときそれに対してどのように感じるか」で、自分の状態(癒やされ度合い)を把握します。
他の人への批判や非難は、そのまま自分を測るものさしです。なぜなら彼らは私自身であるから。

「あいつムカつく」と思うとき、私は「あいつ」の中に投影している自分の内側の何かを否定しています。
これは夫婦関係や親子関係においては非常に顕著に現れますし、メディアに対してや職場の人間関係、もちろんSNSにも投影されます。

Personally, I understand my condition (the degree of healing) by “how I feel when I see something”.
Criticism and criticism of others is a measure of myself. Because they are myself.

When I think “he’s crazy”, I’m denying something inside me that is projected in “he”.
This is very noticeable in marital relationships and parent-child relationships, and is projected to the media, relationships in the workplace, and of course, internet too.

関係性が濃いほど、自分の中の否認しているものが相手に投影されがちです。また、無意識に否認しているものは強く執着しているのと同義なので、結婚相手や恋人関係になる相手は、たいてい自分の傷をえぐることをしたり、ムカつくことをピンポイントでやります。

これは互いに癒やし合うために「ここに傷があるよ」と教え合っているのです。
が、それを意識していないと、相手を悪者にして終わってしまいます。
自分の中の否認したものを相手に投影し、相手を裁くことでさらにそれが否認されるのです。こうして、罪悪感が転嫁され、自分は清らかになったような気持ちになります。

一時はスカッとしますが、傷自体は癒えていないので、別の場面でまた違う問題として出てくることがあります。

The closer the relationship is, the more what you deny is projected to the other person. Also, what you unconsciously deny is the same as being strongly obsessed. Therefore, marriage partners and lovers usually do things like rubbing salt into their wounds or irritating them with a pinpoint.
This teaches each other that “there is a wound here” to heal each other.
However, if you are not aware of it, you will end up making the other person a bad guy.
By projecting what you have denied to the other person and judging the other person, it is further denied. In this way, the feeling of guilt is passed on and I feel as if I have become pure.
It feels refreshing for a while, but since the wound itself has not healed, it will appear as another problem in another situation.

で、

霊的な優劣があるという考えは、「我々の主体は肉体であり、我々は個々に分離した存在である」という認識に基づいていますので、実は全然スピリチュアルな発想ではないのだった。

なので、そこにフォーカスしているあいだは、分離の想念を強化することになります。

Therefore, the idea of ​​spiritual superiority and inferiority is based on the recognition that “we are physical beings and we are separate beings.” This is not really a spiritual idea at all.

So while you’re focusing on it, you’re strengthening the idea of ​​separation.

でも、波動の話がしたい人は、おそらくそんなことを望んじゃいないよね。むしろ、高波動で気分よく生きていきたいんだよね。

そんなあなたには、こちらが特効薬です。

But if you want to talk about vibration, you probably don’t want that. Rather, you probably want to live comfortably with high vibrations.

For you, this is a silver bullet.

誰かに腹が立つとき・あの人は波動が低いなと感じるとき・誰かの言動に落ち込むときは、
「△△をやってるのは〇〇さんではない。私の無意識が、ここに傷があるよと〇〇さんを通して教えてくれているんだ」と仮定しましょう。
(※これは、あなたが罪深いとかそういう話ではないのよ。
同じ共同体に属する人は、たいてい似たような周波数や概念をお持ちなので、加害者ー被害者は正反対に見えて同じベクトルの傷を抱えています。人はみんな、癒やし合うために出逢うのだ。おもしろい)

そして、
「私は△△する私を受け入れ、赦します。
私はこれを裁くのではなく、愛から見たいです」
と祈ってみましょう。

祈る先は、あなたにとっての聖なる存在なら、どちらでも大丈夫です。

When you get angry with someone, when you feel that person has low vibration, or when you are depressed by someone’s behavior
Let’s assume that it is not Mr. XX who is doing △△. My unconsciousness tells me through Mr. XX that there is a wound here.
(* This is not about you being sinful or something.
People who belong to the same community usually have similar concepts, so the perpetrator-victim looks the opposite and has the same vector of scars. Everyone meets to heal each other. it’s Interesting!)

And
“I accept and forgive me for △△.
I want to see this from love, not from judging it. ”
Let’s pray.

It doesn’t matter who you pray, as long as it is holy to you.

最近の例をあげると、
こないだ江ノ島で旦那さんとデートしていたとき、みっちゃんの買食いにつきあっていた私は旦那さんと30分ほどはぐれちゃったんですが、それに対して旦那さんが激怒して、とっても不機嫌に振る舞いました。

それに対して「反応する」なら、萎縮したり、逆に私も腹を立てるということになります。

ただ、「自分を安心させてくれない家族は赦せない」という気持ちが私の中にもあるのに気付いたので、彼があぶり出してくれたのはこれだなぁという結論が出ました。

普段冷静な彼が、人が変わったよーに怒ったり不機嫌になるとき、それは彼の中にある傷の概念が刺激されているときです。
激しい感情は冷静な思考を出来なくします。
「古い脳(脳幹・大脳辺縁系)」に蓄えられた記憶が、脊髄反射的に反応するからです。

で、同じ傷を私も違う形で持っているけれど、それを彼の言動に投影しているのです。

To give a recent example
When I was dating my husband in Enoshima, I was having a meal with Micchan, and I was separated from my husband for about 30 minutes, but my husband was furious and behaved very moody. ..

If I “react” to it, I will be atrophied or, conversely, angry.

However, I realized I have some concept that I couldn’t forgive my family who didn’t reassure me, so I came to the conclusion that this was what he came up with.

When heーーusually calm personーーgets so much angry or moody, it’s because of the concept of wounds in him was stimulated.
Intense emotions make it impossible to think calmly.
This is because the memory stored in the “old brain (brain stem / limbic system)” reacts reflexively to the spinal cord.

So, I have the same wound in a different way, but I project it into his words and actions.

結局別々に帰宅したのですが、
帰り道で「私は、自分を安心させてくれない家族は赦せないという考えを持っています。私はこの概念を手放せない私を赦します。私はこの考えを手放したいと思います。これについて、愛から見られるように助けてください」
と聖霊に祈りました。

スッキリとして帰宅した後は、たいへんなごやかな夕飯になりました。
この仕組みに気付いてなかったら、大喧嘩して家出してたかもしれない。
この見方に慣れてくると、感情的に反応してしまってドツボにはまることは減っていきます。
よかったよかった。

We ended up going home separately.
But on my way home, “I have the idea that I can’t forgive my family who don’t reassure me. I can’t let go of this concept. I forgive me. Help me see this from love. ”
I prayed to the Holy Spirit.

After I got home with a refreshing mood, it was a very relaxing supper.
If I hadn’t noticed this mechanism, we might have been in a big quarrel.
As you become more accustomed to this view, you are less likely to react emotionally and become depressed.
It was very good time.

長くなったけど、結論はひとつ。

愛を持って他者を見ることは、愛を持って私自身を見ることになります。
比喩ではなく、本質的に。

私もまだ受け入れたくないことたくさんありますが(笑)、自分にやさしゅうしたいものだね。

神の子であるあなたに、愛を込めて。

It was a long sentence, but there is only one conclusion. Seeing others with love means seeing myself with love. In essence, not a metaphor.
Yes,I still have a lot of things I don’t want to accept (^^), but I want to be kind to myself.

With love for you, the son/daughter of God.