なぜ感謝しなきゃいけないの? Why should I say thanks?

潜在意識

倫理的なことではなく、霊的なレベルでの話をするでごさる。倫理は、時代や属するコミュニティによってコロコロ変わるので、あんまりあてにならないのね。

This is not an ethical story, but a spiritual one. Ethics are relative, as they change with the times and the communities to which they belong.

答え:1なる霊のレベルでは、「個人」の肉体や個性は存在しないため、他者への不満や批判=すべて自己攻撃となるためです。

Answer: there is no “individual” body or ego in one spirit, so all dissatisfaction and criticism of others = self-attack.

も少し抽象度を下げて説明すると、潜在意識は主語を区別しません。

I mean, the subconscious mind does not distinguish WHO he is.

そのため、自分が誰か別の人に不満を持ったり、批判したり憎んだりすると、同じだけ自分自身への攻撃として、ひそかに認識されます。厳しい分析や悪口も、潜在意識においては、すべて「自分を攻撃するもの」となります。

Therefore, if you are dissatisfy, criticize, or hate someone else, you are subconsciously attacking yourself. Even rigorous analysis and swearing are all “attacking oneself” in the subconscious.

だから、「感謝しよう」ということの本質は「良い人になろう」ではないのです。一見、倫理的に善人になろう、と言ってるようだけど、本当は違うんだ。

Therefore, the essence of “let’s thank” is not “let’s be a good person”.It looks like you should be ethically good person, but it’s not.

「あの人は潜在意識においては私と同一人物なのだから、あの人を責めることは潜在意識の領域においては自分自身を攻撃することになってしまう。だから、自己攻撃なんて辞めて、自分を祝福していい気分になろう」ということなのです。

It’s means,”He is the same person as me in the subconscious. To blame him is to attack myself in the subconscious. Let’s Stop self-attack and congratulate myself.”

感謝すると運が開ける、うまくいく。

If you thank you to others, you’ll be lucky, it will work.

その理由は、「潜在的に自分をいじめることをやめたから、人生がうまくいくようになる」ということです。そりゃそうだね、というお話なのであった。

The reason is that “I stopped bullying myself and my life will be better.” This is natural.

私も基本的に360度ありがとう祭を常時開催中ですが、それは私の人間性が出来てるから、なんてことでは当然なくて、「自己攻撃することが馬鹿らしいから」という極めて自分ラブな認識に基づいています。

I basically always live with gratitude, not because of my good humanity. It is based on the recognition that “self-attacking is ridiculous”.

エンパス(日本人の5人に一人はそうらしい)の人は特に、他者と自己との境界線設定がユルいので、人の悪口を言ったり聞いたりしていると、心身の調子が悪くなる、という方は多いと思われます。

Empathy people have a thin line between themselves and others, so they often resonate with people’s bad words and get sick.

私もめっちゃそうで、昔は不幸なニュースを見聞きするだけで、呼吸困難になっていました。

これは、潜在意識において他者と自己は同一であることを「体感」しているせいで起きる現象だと推測しています。

I’m also empathetic, and I often had difficulty breathing just by seeing or hearing unfortunate news, before.I presume that this is a phenomenon that occurs because the subconscious mind “feels” that the other and the self are the same.

自分を責めたって不幸にしかならないんだから、仕方がないよね。私は私をもういじめたくない、と決めたのです。

If you blame yourself, you will be unhappy. I decided I didn’t want to bully me anymore.

もとより世界は投影で出来ていて、外側(スクリーン)に映し出されるものはすべて内側(心)にあるものです。

The world is made up of projections, and everything projected on the outside (screen) is on the inside (mind).

目の前の問題は100%ダミーと言って良い。映写機は心の中にあります。

The problem in front of us can be said to be 100% dummy. The projector is in my heart.

ところで「人を悪く言っちゃいけない」「感謝しなくちゃいけない」というモードは、これとは違って、かえって自分を虐めることになるので、良い人になろうとか運気を上げようとして、無理矢理に感謝するのはまったくオススメしません。

By the way, the idea that “you must not say bad things to others” and “you must be grateful” will rather oppress you. Let’s stop trying to thank forcibly.

感情が伴っていないから、自分にストレスが掛かり、悶々とすることになってしまいます。そして自分責めループに入り、心身を病みます。

Since it is not accompanied by emotions, it increases stress and makes worries more serious. And you will enter a self-blame loop and suffers from physical and mental illness.

それくらいなら、ガチで本音を言って喧嘩したほうが、まだ自分に優しいんじゃないかな。

If that’s the case, I think it’s still kinder to you to quarrel with the others by telling the truth.

「自分の感情に蓋をする」「我慢する」は、自分を軽んじることになるため、大いなる自己攻撃になります。

“Covering your emotions” and “putting up” are great self-attacks because you despise yourself.

ちなみに、「自分を軽んじること」は、周囲を重んじることとは全くちがいます。

By the way, “disrespecting yourself” is completely different from respecting others.

なぜなら、霊においては私たちは一つなので、あなたがあなた自身を尊重しないことが、潜在的には世界のすべてを傷つけていることになってしまうからです。

Because we are one in the spirit, your disrespect for yourself could potentially hurt everything in the world.

規模がでかくてよくわからん?

Do you think the scale is huge and you don’t understand the meaning?

だいじょうぶ。今、この文章を読んだことにより、この原理があなたの深層意識に秩序の光を灯しました。

It’s okay. By reading this text now, this principle has shed a light of order on your deep consciousness.

頭でわからなくても、だいじょうぶ。あなたの中にある光は「そうだった、思い出した!」ってなったから。

It’s okay if you don’t know it with your head. The light in you said, “Yes, I remembered!”

具体的な行動としては、誰かに対して不平不満が湧いたとき、「感謝しなくちゃ!」ではなく、「あー、わたし、今、自分のことをいじめてるんだな。やーめよ」と考えてみよう。

As a concrete action,when you want attack to someone Why don’t you say “Oh, I’m bullying myself now. Let’s stop bullying.”

そして、あなたが自分いじめをやめることは、潜在意識において、全世界の人を祝福することになります。

And when you stop bullying yourself, you subconsciously bless people all over the world.

誰かに対してムカッとしたときは「もし私がこの人だったとしたら、私はこの状態の自分を責めたいだろうか?」と立ち止まってみると、意外に怒りが消えたりします。

When you get angry with someone, stop and ask, “If I were this person, would I blame myself for this condition?”, And your anger disappears unexpectedly. ..

それでも反射的にムカつくー!というときは、それにまつわる傷があるはず。

Still reflexively irritated! In that case, there should be a wound in your heart related to it.

余談ですがあなたが「誰かに対して」言っている言葉は、実際は「自分に対して」言っている言葉です。

As an aside, what you say “to someone” is actually what you say “to yourself.”

自分を責めるのをやめたら、世界もあなたを責めるのをやめるでしょう。

あなたが癒やされることで、世界も癒やされます。

If you stop blaming yourself, the world will stop blaming you.As you heal, the world will heal.