泣き笑い|smile while crying

Essay
最近、ほんとに大真面目にJesusの声を聞いて生きてる人たちとたくさんめぐりあえて、私は泣けます。

ありがとう、とうれしすぎてしあわせ… 

物理世界でのことではなく、「本当のこと」が知りたいと子供の頃から今に至るまで祈り続けているのを、実は狂人ではないかと割と自分で思っていたようです。

わからないことが気持ち悪くて、吐くほど泣いて「本当のことが知りたいです、神さま。私の目を見えるようにしてください。私の耳が聞こえるようにしてください」って叫びながらひざまずいて祈ってた。

オーラの色が観えても、お祓いができても、宇宙人と話せても、テレパシーができても、これから物理次元で起きる展開が少しばかり読めたとしても、そんなのは全くスピリチュアルではない。

それは楽しいし、生活を少しだけ良くしてくれるかもしれないけれど、私の魂を救ってくれない。のど飴みたいなものです。

私は、救われたい。私、とは、つまり私という心によって作り出された宇宙は、救われたい。

私が必要なのは、一時的に気分がよくなる「スピリチュアルごっこ」じゃない。私が必要なのは、特別に選ばれた誰かによってもたらされる限定された愛ではない。私が必要なのは、金銭と引換に得られるこの世の何かではない。私が必要なのは、いつか流転し形を変える陰陽のゆらぎを往き来する幻ではない。

世界は存在しない。

存在しない世界での生活がどんなに快適になったところで、それは実相となんの関わりもない。

もちろん、エコーや倍音としての副次的なものは歓迎するけれど、本筋はそこじゃない。

私は「本当のこと」だけが知りたい。

それ以外は要らない。

私、狂人じゃなかったんだなとわかりました。

いや、「世界がある」と知覚しているのは完全に狂っているんだけど。

真理を求める心は正気を求めているので、これこそ差し込む光でした。

家に帰りたくて泣いてるだけの、単なる迷子であった。

わたし、おうちかえる。

神さまが待ってるから。

Lately, I’ve been meeting a lot of people who are really serious about listening to Jesus’ voice and living their lives, and it makes me cry.

Thank you, and too happy to be happy… 

I guess I rather thought to myself that I was actually a lunatic for praying from childhood to now to know what is “real” instead of what is in the physical world.

What I don’t know makes me sick, so I cry until I throw up and say, “I want to know the truth, God. Please make my eyes see. Please make my eyes see, and my ears hear.” I was on my knees praying, screaming.

Being able to see the color of an aura, perform an exorcism, talk to aliens, have telepathy, or read a little bit of what is going to happen in the physical dimension is not spiritual at all.

It might be fun, and it might make my life a little better, but it won’t save my soul. It’s like a throat lozenge.

I want to be saved. I, that is, the universe created by my mind, want to be saved.

I don’t need a “spiritual game” to make me feel better for a while. I don’t need limited love brought to me by someone specially chosen. What I need is not something in this world that can be obtained in exchange for money. What I need is not a phantom that comes and goes in the wavering yin and yang that will one day drift and change shape.

The world is not exist.

No matter how comfortable life becomes in a non-existent world, it has nothing to do with reality.

Of course, I welcome secondary things like echoes and overtones, but that’s not the main point.

I only want to know the “real thing.

I don’t want anything else.

I see now that I am not a madman.

No, it’s completely crazy perception to perceive that there is a world.

The mind in search of truth is in search of sanity, and this was the light that came in.

I was just a lost child, crying to go home.

I’m going home.

God is waiting for me.