夢|Dreaming

Essay
こんこんと湧き上がる泉のように

ひたひたとうち寄せる小波のように

言葉(カタチ)にすると遠ざかるけれども

赦されているという愛が

胸の奥からゆっくりあふれ続けている

あなたという鏡の中に神の子の姿を観る

存在していない夢(セカイ)のなかで

肉体の枠のない液体になったような

私を構成するすべての要素(コトバ)が光っているようになって

私の存在の全ては神のものであるとわかる 

ほかに何も要らなかったし

それはずっとここにあった

Like a spring bubbling up

Like a small wave gently lapping

the love of being forgiven

Slowly overflowing from the depths of my heart

I see the image of the Son of God in the mirror called you

In a dream (world) that doesn’t exist

I feel as if I have become a liquid without a physical frame

All the elements (words) that make up me seem to glow

I know that my entire existence belongs to God. 

I didn’t need anything else.

It was always here.