永久憎悪システムからの脱出

日常

Escape from a permanent hatred system

ここ数日、情緒不安定気味で、悟ったような心地と恐怖を行き来する状態が続いていました。

聖霊に訊ねると、あと3日くらいはそうらしいので、湧き上がるものを抑圧せずに過ごそうと決めています。

For the past few days, I have been feeling emotionally unstable and have been moving back and forth between feelings of comfort and fear.

When I ask the Holy Spirit, it seems like it will be for the next three days, so I decided to stay without suppressing what rises.

ところで、昨日は非常に些細なことがきっかけで、みっちゃんに対して怒鳴り散らしました。

我々は寝る前にはいつも仲直りすると決めているので、みっちゃん先生におかれましては「ゆるしてあげる!」と寛大なご配慮をいただきました。サンキュー!

By the way, yesterday, something very trivial triggered me to angry and shout at Micchan.

We always decide to reconcile before going to bed, so Micchan-sensei gave me a generous consideration, “I will forgive you!”
Thankyou!

で、今朝になっていつものように「なぜ私はあんなどうでもいいことでブチ切れたのか」を考察してみました。

これまでの観察により、「みっちゃんが原因で怒っているのではなく、私が怒りたいからみっちゃんを理由にしている」ことは明白なのです。

つまり、原因は外側(みっちゃん)ではなく、私の内側に存在します。

So, this morning, as usual, I thought about why I was so exhausted by such a trifle.

From my observations so far, it is clear that “I’m not angry because of Micchan, I’m tailoring Micchans’ fault because I want to get angry”.

In other words, the cause is not outside (Micchan), but inside me.

「怒鳴る=攻撃」は防衛のためにするものです。
守る必要を感じなければ、攻撃する必要はないからです。

みっちゃんへの私の攻撃は、「逃げ場をなくした恐怖」を表しています。

私はみっちゃんの言動に対して恐怖が刺激されて、制御不可能な怒りに支配される、ということを繰り返しています。

Yelling = attack is for defense.
If you don’t feel the need to protect, you don’t have to attack.

My attack on Micchan represents “a escape from my fear.”

Micchan’s words and actions remind me of my childhood horror. As a result, I am repeatedly subject to uncontrollable anger.

ところで、子供をコントロールしようとする親の動機のひとつは「安心したいから」だと私は考えています。

親の想定の及ぶ範囲内に子供の言動を管理しておきたいのです。
子供を支配したい親は、想定外のことが起きると、パニックになって子供を責め立てます。
支配するという言い方は加害的ですが、その動機は究極の小心です。
子供を自由にさせることで、許容範囲外のことが起きるのが怖いのです。

By the way, I think that one of the motivations for parents to control(dominance) their children is “to feel secure”.
They want to manage the behavior of their child within the scope of expectations.
When something unexpected happens, they panic and blame their child.
The term dominance is very pernicious, but the motive is ultimate defense.
They are afraid of letting their children go free and things outside their own tolerance can happen.

私は、親の許容範囲のレベルは、親自身の素質以上に、親自身の生育歴に関係すると考えています。
人間は学習する生き物なので、自身の経験から「子供がやっていいこと・ダメなこと」を無意識の価値観として持っています。

親からの信頼を受けて寛容に育てられたら、自身が親になったときに子供に対して寛容になれます。なぜならそれがその人の潜在意識における「あたりまえ」だからです。

I believe that the level of parental tolerance is more related to the parent’s own personal growth history than to the parent’s own predisposition.
Since human beings are living creatures that learn, from their own experience, they have “unwanted values ​​that children can do and do” as unconscious values.

You can be tolerant of your child when you become a parent if you are trusted and nurtured by your parents. Because it is “natural” in your subconscious.

つまり、親自身が子供の頃に理不尽に恐怖を与えられる環境に育つと、子供に対する支配が顕著になります。

支配欲の強さは、世界への不信感とも言えます。
この世界が安心・安全ではないと思っている限り、想定外のことが起きないように警戒し続けなくてはなりません。
世界の安全感を維持するために、すべてを自分の理解出来る範疇に置いておきたいのです。

そこからはみ出す子供は、世界の安全を脅かすものと認識されます。

In other words, when a parent grows up in an unreasonably fearful environment as a child, control over the child becomes significant.

The strength of the desire to rule can be said to be a distrust of the world.
As long as we feel that this world is not safe or secure, we must continue to be vigilant to prevent unexpected events.
In order to maintain a sense of security in the world, I want to put everything in a category that I can understand.

Children who stick out of it are perceived as a threat to the safety of the world.

不思議なことに、私はみっちゃんを理不尽な理由で怒鳴っているとき、「私は今、正しいことをしている」と感じ、心のどこかで安心していることに気付きました。

普通に考えれば、子供を理不尽に怒鳴りつけることはまったく間違っていますが、私の感情は安心しているのです。

冷静になったら子供を虐めたことを自責するのだから、この感情は単にその場しのぎの安心です。

この安心の正体は「世界の安全を脅かすものを排除すること」への正義感です。
そして「自分の親を裁かないでいられること」への安心です。

Curiously, when I was yelling at Micchan for an unreasonable reason, I felt “I’m doing the right thing right now” and found myself at ease somewhere in my mind.

Normally, it’s totally wrong to yell at a child unreasonably, but my feelings are reassuring.

This feeling is completely makeshift relief as I blame myself for bully my child when I get calm.

My sense of security is “a sense of justice that excludes things that threaten world security,”
And I’m relieved that I can’t judge my parents.

私の中では、非常に複雑な投影が展開されています。

子供を怒鳴る親ー怒鳴られる子

両方とも、その鋳型は私の心の中にあります。

Inside me, very complex projections are being developed.

Parents yelling at children and children yelling at them

I have both of these templates in my mind.

つまり、このようなフローが起きています。

1)娘を怒鳴ることで、自分の親と自分自身とを同一視する
2)親と同じ反応をすることで、親を批判(攻撃・ジャッジ)しなくてよくなる
3)「世界の脅威を排除する行為は正しい」と感じる→安心
4)冷静になる
5)落ち込む娘と自分を同一視する
6)娘の中の恐怖と悲しみ、反発心に共感する

In other words, this kind of flow is occurring.

1) By yelling at my daughter, I identify myself with my parents
2) By reacting the same as my parents, I don’t have to criticize (attack or judge) my parents.
3) Feel that “the act of eliminating the world threat is correct” → Reassurance
4) became calm…
5) I identify myself with my depressed daughter
6) Empathize with the fear, sadness, and repulsion of my daughter

さらに、
この潜在意識における子供への殺意ー憎悪・恐怖が、親から先祖まで繋がっていることまで感じます。
投影に次ぐ投影、親から子へと恐怖を手渡していくのです。

これは、永久憎悪システムとでも言うべき、完全に狂った状態です。

further,
I feel that the murderousness, hatred, and fear of children in this subconsciousness are connected from parents to ancestors.
Projection after projection. Handing over fear from parent to child.

This is a completely crazy state, which can be called a permanent hatred system.

潜在意識では「主語」は理解されません。
「親」も「子供」も、すべてが「私自身」に変換されます。

私は親を批判することで自分を批判し
子供を支配することで自分を不自由にし

彼らを攻撃することで世界の安寧を手にしようとしながら、
実際には自分自身を滅多打ちにしています。

Our subconscious does not understand the subject.
All “parents” and “children” are converted to “myself”.

I criticize myself by criticizing my parents
I crippled myself by controlling my daughter

I’m trying to get the peace of my world by attacking them,
In fact, I seldom hit myself.

私はみっちゃんであり、私の親であり、私のご先祖たちそのものです。

私たちは霊においてひとつなので、「誰かを悪者にしておけば解決する問題」は、この世に存在しません。

私は、この恐怖と憎悪を根こそぎ消滅させたい。

この課題に取り組めるように、
私がまっすぐに学べるように、
私の親は最も困難な役割を私のために引き受けてくださったんだとわかっています。
これは、非常に愛のある選択です。
なぜならこの課題を解決しなければ、私は分離しているまま、また何度も生まれ直しては同じ葛藤を続けるだけだからです。

I’m Micchan, I’m my parent, I’m my ancestors themselves.

As we are one spirit, there is no “issue to be solved by making another person a villain” in this world.

I want to exterminate this fear and hatred.

So that I can tackle this challenge and learn more
I know my parents have taken on the most difficult role for me.
Their choice is a very loving choice.
Because if I do not solve this problem, I will be born again and again and continue the same conflict.

私は、この投影によって作られる永久憎悪システムからの脱出を意志します。
I intend to escape from the permanent hatred system made by my projection.