お父さんだいすき! I love u daddy

ACIM

ACIMのギャザリングで、先程奇跡体験をしたのでShareさせて下さい。
I had a miracle experience with ACIM gathering, so let me share it.

今日は「私的な思いは持たない」というテーマで、隠している思いを書き出すことで光を当てるワークを行いました。
愛を拒絶しているマインドを解放するための、癒やしを目的としたワークです。
Today, the theme is “I don’t have any private thoughts.”
It is a work for the purpose of healing to release the mind that rejects love.

手順としては、
1)自分がコミュニケーションすることを恐れている人間関係を選ぶ。
自分がどんな風にコミュニケーションをとっているかすべて書き出す。
The procedure is:
1) Choose relationships that you are afraid to communicate with.
Write down how you communicate with that person.

2)自分の考えを伝えられる機会があったにも関わらず相手に言わなかったことがあれば、それも書き出す。
2) If you have had the opportunity to convey your thoughts but have not told the other person, write them down.

3)真のつながりを感じるため(癒やされるため)に、本当にその考えを手放す気があるかどうか、自分自身の心に正直になってみる。
3) Be honest with your own mind to see if you really want to let go of that idea in order to feel the true connection (to heal).

4)人間関係についての感情や信念(自分自身や他者に対しての信念)をすべて書き出す。
特定の状況について、何を信じていて、どんな思いがあるかをすべて書き出す。
4) Write down all feelings and beliefs about relationships (beliefs about yourself and others).
Write down what you believe and what you think about a particular situation.

5)いま関わっている人たちに言いたいことをすべて書き出す。いい人の仮面を被らず、とにかくありのままに自分の感情を表現する!
5) Write down everything you want to say to the people who are currently involved. Express your emotions as they are, without wearing the mask of a good person!

6)相手に対して、どんな反応が返ってくるのを恐れているのか。また、どんな反応が返ってくるのを期待しているのかをすべて書き出す。
6) What kind of reaction are you afraid of receiving? Also, write down all the reactions you want to.

7)今書いたことは、適切だったかどうか考えてみる。
7) Consider whether what you just wrote was appropriate.

8)「あらゆる期待を手放すことは平和への手段である」ことを信じて、すべての期待を放棄して、新しい見方をする意志はあるか自分に問う。
8) Believe that “giving up all of all expectations is a means to peace” and ask yourself if you are willing to give up all expectations and take a new perspective.

9)聖霊の導きを求める。
9) Seeking the guidance of the Holy Spirit.

ーーーー

ところで、
私がまず思いついたのは旦那さんとの関係でした。
彼と私はとても仲良しですが、私は彼に対して金銭に関する遠慮があって、彼とお金の話をすることに恐れがありました。
これはもとを辿れば私の父親との関係が鋳型になっています。
by the way,
The first thing I came up with was my relationship with my husband.
He and I are very close, but I was afraid to talk to him about money and I was afraid to talk to him about money.
This is traced back to my father’s relationship as a template.

子供の頃から「これが欲しい」「これが必要だ」と言うことに罪悪感があり、私はいつも自分が本当に欲しい物よりランクの低いものをねだるのが常でした。
大学の頃は学費を出してと言えなくて、親に黙って風俗店で働いていたほどです。借金を作っても頼らずに、自分が黙って解決すればいいと思っていました。
Since I was a kid, I felt guilty about saying “I want this” and “I need this” to my dad, and I always used to ask for something lower in rank than what I really wanted.
When I was in college, I was working at a sex shop secretly to my parents because I couldn’t say I need the tuition fee. Even if I made a debt, I wanted to solve it silently without relying on it.

これは、私が「父にとっての理想の娘」でありたいと願った結果の行動でした。
というのは、父は私が幼少期から高校生までの間、単身赴任で常に不在だったからです。
幼かった私は「お父さんにそばにいてほしいのに、お父さんはいつもお金を稼ぐためにいなくなってしまう」と感じていました。
This was the result of my desire to be an “ideal daughter for my father.”
Because my father was always absent from my childhood to high school, being alone.
As a child, I felt that “I want my dad to be by my side, but he always disappears to make money.”

子供だった私の本音は、
「私のためにお金を稼がなくていいから、自分でどうにかするから、だから側にいてほしい」
「愛だけくれたらお金なんか要らないから、お父さんがいつも一緒にくれたらいいのに」
「私はお金じゃなくて、お父さんの愛が欲しい」
でした。
As a child, my true intention is
“Dad doesn’t have to make any money for me, I manage to do it myself, so I want you to be with me.”
“If you just give me love, I don’t need money, so I wish my dad would be with me all the time.”
“I want dad’s love, not money”
was.

私は父との分離感を感じていて、本当に欲しいものを与えてくれないことを長年どこかで怒っていました。私たちの関係は表面的には平和だけれど、それは私が「理想の娘」を演じる努力の上に成立するもので、私は条件付きでしか愛される価値はないと感じていました。

ACIMを学ぶようになって、父との関係は大分解放されて来ましたが、それでもまだ完璧に愛しかないとは感じられませんでした。
I’ve been feeling separated from my dad and I’ve been angry for some time over the years not to give me what I really want. Our relationship is superficially peaceful, but it came about in my efforts to act as an “ideal daughter,” and I felt I wasn’t enough worth to be loved unconditionally.

As I started learning ACIM, our relationship was better than before, but I still didn’t feel that I could only love dad completely.

今日のワークは、これまで幾度となく感じてきたことを完全に言語化し、さらにエゴによる期待や解決方法を手放して聖霊に委ねるという機会になりました。
実は最近、水曜日のギャザリングをサボりがちだったのですが、「今日は参加しなさい」という聖霊の導きに従った結果です(笑)。
Today’s work was tobe good opportunity to fully verbalize what I have felt many times, and let go of the expectations and solutions of the ego and leave it to the Holy Spirit.
Actually, I tended to skip gathering on Wednesday recently, but this is the result of following the guidance of the HS, “Join today”(^^)

最後に、聖霊の導きを求めるために目を閉じて祈る時間を持ちました。
「私はお父さんに対して、どうすればいいですか?」
聖霊に訊ねると、即座に言葉が降ってきました。
Finally, I had the time to close my eyes and pray for the guidance of the Holy Spirit.
“What should I do to my dad?”
When I asked the Holy Spirit, the words came down immediately.

『お父さん、いつも一緒にいてくれてありがとう』と言いなさい。と。
Say, “Dad, thank you for being with me all the time.”

私が言われたとおり、心の中でその言葉を父に向けて繰り返すと、これまで感じたことのない喜びと優しさが、わきあがるのを感じました。
そして、ハートから溢れ出す気持ちが手に伝わって、ノートに勝手に文字を綴っていきました。
As I was told, when I repeated the words in my heart toward my imaginary father, I felt a joy and kindness that had never been felt before me.
Then, I felt the overflowing feelings from my heart, and spelled the words on my notebook.

お父さん、いつも一緒にいてくれてありがとう。
体は離れていても、いつも私のことを考えてくれて、大切に想っていてくれてありがとう。
私に本当はずっと会いたかったのに、我慢してたくさんイヤなこともがんばってお仕事してくれてありがとう。
お父さんだいすき!
ほんとうにありがとう。
Dad, thank you for always being with me.
Thank you for always thinking about me and taking good care of me, even when I’m away.
You really wanted to see me all the time, but thank you for your patience and your hard work and work.
I love you dad!
Thank you very much.

これを書きながら、あんまりうれしくて、泣きながら笑うという事態でした。
While writing this, I was so happy that I was crying and laughing.

このことが私にとって素晴らしい奇跡だった理由はもう一つあります。
実は、私は仕事のために子供を保育園に預けるたびに泣かれることに罪悪感を感じていました。
みっちゃんは正直者なので、「かーかんともっとずっと一緒にいたいよう」と毎回泣きます。
帰宅時には「もっと遊びたかったのに、迎えに来るのが早すぎる」と文句言ってくるほどケロリとしているんだけど、朝は結構つらい。
There is another reason why this was a wonderful miracle for me.
To tell the truth, I felt guilty every time I left my daughter in the nursery to work.
My daughter Micchan is honest, so she cries every day, “I want to stay with mom forever.” and it’s so painful for me, even if she complain “I wanted to play with my friends more! mom,don’t pick me up so early.”when I picked her up at evening.

でも、離れててもお父さんのハートはいつも私と一緒にいたんだ、と受け入れた途端、私の中でみっちゃんが花が咲くようにパアッと笑顔になりました。

離れてても、いつも一緒ね!

という声がしたように感じました。
(みっちゃんはすでに寝てるんだけどさ)
However, as soon as I accepted that my dad’s heart was always with me even when we’re away, Micchan smiled like a flower blooming in me.

Even if we’re away, we’re always together!

I felt as if she was saying that.
(Micchan is already sleeping, actually)

お父さんと、旦那さんと、みっちゃんとの関係において私が勝手に創り出していた「問題」が、一気に同時に癒やされたのを感じています。
I feel that the “problems” that I had created in my relationship with my father, my husband, and Micchan were healed all at once.

神さまありがとう。
「お父さんとの関係の癒やし」は、「神さまと私との関係」のミニチュア版です。

天のお父さま
いつも私と一緒にいてくれてありがとう。
Thank God
“Healing Relationships with Dad” is a miniature version of “Relationship between God and Me.”

Heavenly Father
Thank you for always being with me.

LOVE