Come home early, little girl

ACIM

「帰り道」のリトリートの後、恐怖に襲われてACIMのワークが丸2日出来なかった。
今朝は旧約聖書の「伝道者の書」の一節を口ずさみながら目が覚めた。
After the retreat, I was scared and couldn’t do ACIM work for 2 days.
I woke up this morning while humming a passage from the Book of Ecclesiastes in the Old Testament.

「空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。日の下で、どんなに労苦しても、それが人に何の益になろう。」
Vanity of vanities, says the Preacher,
vanity of vanities! All is vanity.
What does man gain by all the toil
at which he toils under the sun?

私は暖かい家庭を得て、何不自由なく暮らして、心の美しい友人に恵まれている。にも関わらず私の心の本当の渇望は埋まらない。なぜなら私は神と共にあることの喜びを知っているから。
私は「それとともにいつも在りたい」と飢え乾いている。
だから祈ってるときは常時幸せだが、その状態になれないときはエゴ丸出しでめっちゃしんどい。
I have a warm family, live comfortably, and have beautiful friends. Nevertheless, they all do not fill the true cravings of my heart. Because I know the joy of being with God.
I’m hungry for “I always want to be with IT.”
So, I’m always happy when I’m praying, but when I can’t get into that state, it’s extremely painful because of my ego.

しかし、実際に「神への全面的な献身」の道を歩むデイビッドとフランセスの姿に触れて、私の中には言いようもない恐怖の靄が立ち込めた。
However, when I saw David and Frances who were actually on the path of “total dedication to God,” I was afraid of fear.

世界が壊れるのが怖い。
正確に言うなら、「エゴの知覚によって創造された世界が消滅してしまう」のが怖い。
私はもっと悪夢の中に居たい。
私はもっと罪悪感を感じ続けていたい。
私はもっと他人を批判することを通して自分を虐め続けたい。
I’m afraid the world will break.
To be precise, I’m afraid that “the world created by ego’s perception will disappear.”
I want to be in a more nightmare.
I want to feel more guilty.
I want to continue to bully myself by criticizing others more.

私は神の愛が怖い。
私は神の愛を受け取るのが怖い。
私は自分が神の子であると認められない。

私はこの、長年慣れ親しんだ「知覚の歪んだメガネ」を手放したくない。
I am afraid of God’s love.
I’m afraid to receive God’s love.
I cannot admit that I am a child of God.

I don’t want to let go of this “distorted perceptual glasses” that I’ve been accustomed to for years.

心の奥底で「早く家(神の愛の中)に帰りたい」「家に帰ることこそが私を満足させる」と分かっている。
なのに私の意識(エゴ)は叫びまくる。
「私はまだこの酷い夢の中に居たい。私は時間を無駄にしたい。私は他人を責め続けたい。私は自分を虐めていたい。私は肉体だ。私は肉体を慰めたい。私は人生を聖霊に委ねるなんて怖くてたまらない。だって聖霊に委ねたら私の努力は認められなくなってしまうじゃないか。私は肉体なんだから、あの人もこの人も私自身だなんて絶対に認めない」

From the bottom of my heart, I know that “I want to go home(LOVE of GOD) early” and “Going home makes me happy.”
Nevertheless, my consciousness (ego) shouts and screaming.

“I still want to be in my fuxxing dreams. I want to waste my time. I want to keep blaming others. I WANT to bully myself. I AM the body. I want to comfort the body. I want to live my life. I’m so scared of entrusting to the Holy Spirit, because if I entrust to the HS, my efforts would be unrecognizable. I AM a physical body, and I would NEVER admit that he or she is me.”

こんなの嘘だともう分かっているのに、私はまだ「偽物の真実」にすがりついていたいと思っている。
I know it’s a lie, but I still want to cling to the “false truth.”

ACIMにおける奇跡とは、「奇跡的な物理現象」ではなく、心が癒やされることを意味します。
ACIMにおいては、この物理的世界は「存在していない夢」であるからです。
ここは、一なる霊である神の子(私)の心が創り出した夢の世界です。
Miracle in ACIM means healing the mind, not a miraculous physical phenomenon.
In ACIM, this physical world is a dream that doesn’t exist.
Here is a dream world created by the heart of the Son/Daughter of God, the One Spirit.

この世界はそもそも存在していないから、「物理的奇跡」も存在しません。
ACIMの言う「奇跡」は、徹頭徹尾「心の癒やし=罪(分離)は存在しないと認識すること」を意味します。
This world does not exist in the first place, so there is no “physical miracle”.
ACIM’s “miracle” means “healing of the heart = being aware that sin (separation) does not exist”.

実際には、現象を創り出しているのは心なので、心が癒やされることで物理的奇跡現象が頻発します。
私もこのコースを学ぶ中で、大金が突然転がり込んだり家族関係が劇的に好転したり、他にも普通では起こり得ない奇跡現象にたくさん遭遇しました。けして偶然ではないと確信するに足る物事でした。
しかし、物理的奇跡現象それ自体を追い求めることがACIMの目的ではありません。
To tell the truth, since phenomena are created by the mind, physical miracles occur frequently when the mind is healed. While I was studying this course, I encountered a lot of sudden miraculous money, a dramatic improvement in family relationships, and many other miraculous phenomena that could not normally occur. It was enough to be convinced that it was not a coincidence.
But it is not the purpose of ACIM to pursue the physical miracle phenomenon itself.

心が完璧に癒やされること、従って「分離しているという悪夢」から、「神の愛の中で私たちは一なる霊であるというしあわせな夢」へと移行し、最終的には肉体の必要がなくなることが、ACIMの目的です。
The complete healing of the mind, and thus the transition from a “nightmare of separation” to a “happy dream that we are one spirit in the love of God,” and ultimately The purpose of ACIM is to eliminate the need for the body.

つまり、このコースにおける奇跡とは、「エゴによる分離の知覚」が「愛による統合の知覚」へと入れ替えられることを意味します。
そんで、目に見える形での「奇跡」は副次的なものです。めっちゃ頻発するけど。
In short, miracles in this course mean that “perception of separation by ego” is replaced by “perception of integration by love.”
The visible “miracle” is a by-product. Although It happens quite often.

なんかこの文章を書いているうちに恐怖心が和らいできたな…
Somehow, I was able to relieve my fear while writing this sentence…

泣きすぎ&鼻をかみ過ぎた。
何でこんなに聖霊に反発してるんだっけ?
I cried and blow my nose too much.
Why am I so repulsive to the Holy Spirit?

この心を例えるなら、「帰宅したら超やさしいお父さんが抱きしめてくれるって分かっているのに、自分が間違っていたと認めたくないから泣きながら家に帰らないと叫ぶ娘」だ。
はよ家帰れ、馬鹿娘。
so to speak…”I know that my super-friendly dad will hug me when I go home, but I cry and shout never go home because I don’t want to admit I was wrong”.
Come home early, little girl.

とりあえず、今から今日のワークをやります。
For the time being, I’m going to do today’s ACIM work.