抜粋 

ACIM

自分自身に準備を整えなさい。
準備が整った状態とは、あなたの知覚を正しいものに保ち、それによりあなたが「常に」その準備が出来ており、それを意志しており、その能力が備わった状態でいること、を意味している。
これらが「耳を傾け、学び、行いなさい」ということに不可欠な事柄である。
あなたには耳を傾ける準備と、学ぼうと意志することと、行うことのできる能力がなくてはならない。
最後の部分は奇跡の適用なので、キリストにより制御されるものでなくてはならない。
しかし他の二つは、奇跡志向性の自由意志に関わる側面であり、あなた次第の事柄である。
経路(チャネル)となって伝達するということは、欠如という意味合いにおいてではないが、「幅をせばめる」という含蓄がある。
その奥にある心の状態、もしくは恩寵は、完全なる献身の誓約である。
行為の側面だけが、経路(チャネル)を必要とする。これは、行為は常に具体的だからである。
経路はなすべく期待されていること「だけ」をする、ということを学ばなくてはならない。

次のように祈りなさい。
「もしあなたが私に何をすべきかを教えてくだされば、私は『それだけ』をすることを意志します」

(ケネス・ワプニック「天国から離れて」p284-285)