家族なかよしに過ごすポイント

パートナーシップ

我が家はたいへんなかよしなのですが、そのために意識していることを、「家族なかよしに過ごすポイント」としてまとめてみました。

関連記事: 旦那さんに罪悪感なく家事育児を任せるマインドセット

1)約束していないことを、相手に勝手に期待しない。

2)やってほしいことは口に出してハッキリ要求する。
しかし、相手にはそれを断る権利もあると認める。
ちなみに、要求を断られるのは、人格否定ではなく単にその行為に対する拒否なので、自分の人間的な価値と結びつけてネガティブにならないようにする。
その際は「そのうちやってくれるかもねー」
と、楽観的に放置する。

関連記事「上手にイヤだと言えないあなたに」
やってくれたら、もちろんよろこびを表現する。しかし、やってくれなくても、いちいち落ち込まない。
そもそも、約束していないことを頼むのはオプションである。

3)家事を分担したいなら、みんなが納得できるルールを作る。ルールを作ってないのに「やってくれない」などと文句をつけない。これは会社と同じである。善意を期待しない。チームメイトとして責任感を持つことが大事。前提を共有しておく。

4)相手を、自分の欲求を満たすためにコントロールしようとしない。それは相手の人生だから。

5)不安になるとか腹が立つのは、相手のせいではなく、自分の受け取り方のせいである。
十中八九、そこに関連する傷があるのが、相手の言動に刺激されて浮き上がっているだけなので。

関連記事「怒りがわいたときの、建設的な対処法」

「きみにはなにも期待していない。きげんよく笑ってればそれでいいよ」
と旦那さんが言うので、「な、なんだってー?!」と思っていたんですが、

「期待しない」からこそケンカも深刻化しないんだなーと思います。

そういえば、わたしもあんまり彼に期待していない。

その割に色々やっていただいてますが。

↑たぶん、断られる前提で要求をどんどこ出してるからだと思います。

ところで、書いている途中で気付きましたが、
旦那さんには出来てるけど、これ、みっちゃんには出来てなかった。

気をつけてやってみよーっと(◍•ᴗ•◍)

追記
ここで言う「期待しない」は、
「どーせあなたはやってくれないだろうから何にも期待しない」というネガティブなものではなく(むしろこれだと「やってくれないことを期待している」状態。)

やってくれなくても、相手を責めないと決めておく」というポジティブな「期待しない」です。そのへんよろしく。