元気が出ないときは、無理に元気を出さない

からだ

エネルギーが落ちてるなー
というときに、
無理矢理元気を出そうとすると
ヘトヘトになってしまいます。

女性は特に、そういう波が定期的に巡ってきます。
それを、「意志が弱いから」とか自分を責める燃料にするのはやめよう。
落ち込みが加速してしまい、気持ちの立て直しにますますエネルギーを取られます。

意志の問題ではなく
体調です。
ホルモンバランスのせいです。

「絶好調のとき」と「元気が出ないとき」に、同じパフォーマンスを自分に求めるのはやめよう。
無理だから。

体が「もうアカンねん!」と泣いているのに、「まだやれる、まだやらなきゃ!」と鞭打つのはやめよう。

幸せな生き方は、
身口意が同じ方向へ向いてるときにのみ
実現されます。

身口意(しんくい)とは仏教用語で、
身体的活動(=身)と
言語活動(=口)と
精神活動(=意)です。

体がやりたくないことを、頭で強制的にやらせたらうまくいかないから。

で、
「体がしんどいと言ってるのがわかった」
ときは

とことん体の声を聞いて、
体のエネルギーを回復する方法を考え、
とことんそれを実行します。

すると、身口意が同じ方向に向かうので、
自分の中でバラバラだったエネルギーが収束し、ものすごいパワーを発揮できるようになります。

自分の内側で闘いがあるうちは、外側の目標を達成しようとすると、非常にエネルギーロスが生じます。

まずは、
「私の体は何を伝えたいのか」
聞いてみよう。

外側の目標達成の前に
内側の声を調和させよう。