爆発する混沌の渦

創作

1)証拠が導く所、どこまでもつきすすめ。
2)理論を作ったら、その理論の正しさを証明しようとするのと同じくらいの力を注いで、その理論はまちがいであると証明がまちがいであると証明する努力をせよ。
3)真理の究極の判定者は実験である。成否を決めるのは、もとから抱いている信念に合っていることでもたらされる心地よさでも、自分の理論モデルに備わる美しさやエレガンスでもないのである。

by ローレンス・クラウス 
「宇宙が始まる前には何があったのか?」より

>>>

宇宙という渦について
わたしという存在とそれは一致している

それは完全にフラクタル
わたしは輝き続ける爆発の中心にある

わたしのハートはブラックホールを内包している
それらは言語化することで次元を超える

表現されることを待つ非存在に
わたしは叫ぶ

お前に名を与えよう。

混沌よ

お前に分離と秩序を与えよう。