【日常】もはや誰も癒やす必要はないとわかったら「癒し手」としての自覚が芽生えた

ACIM

このところ「降伏する」を公私ともにやり続けています。

人を「助けなきゃ」と思っていた頃は、
人の本質である愛を「究極のもの」として認識していました。

でも今は、そんな切羽詰まったものじゃないのをわかっている。

なんか、もっと、ふつーにあるよね。
当然に
愛だわ。

っていう。
空気は酸素が含まれてます。
みたいな。

むしろそれ以外になんかあるの。

切羽詰まった生き方はドラマチックですが

そんな小芝居はもういいわ

さ、次行こ次。

わたしが癒やしに関わるのは

「助けてあげなきゃいけないから」ではなく

喜びと共に、今を生きるためだ。

子どもが親にとっての師匠であるように

夫婦が互いにとっての陰陽であるように

「相手に問題があるから、変えたい」ではなく

「より良き方向へ、導きたい」ではなく

「自分が、霊性と共に生きていきたい」というだけだ。

巡り合うわたしたちは、
互いにとっての「癒やし手」である。

すべての人は、

愛である。

内側の愛を延長することで、
「投影」のドラマをするりと避けられる。

ただ、存在の愛をゆきましょう。