【動画】パートナーは、自分と同じレベルの傷を持っている人

Video
第1回 パートナーは、自分と同じレベルの傷を持っている人

【概要】

・恋愛において「引き合う相手」(惹かれ合う相手)は、「自分と同じレベルの傷を持っている人」です。

・恋愛でうまくいかないという人は、「相手」を変えようとするのではなく、「自分」に何かの課題がある、という目を持ちましょう。

「同じレベルの傷を持つ人」とは、「同じ課題を持つ人」と言い換えることも出来ます。

一見そうとはわからないことが多いですが、私たちは「恋愛」という原始的な結びつきを通して、自分の中にある課題と向き合うことになります。

人生において何か問題があるというとき、それは潜在意識からの強烈な問いかけです。

「この出来事を通して、わたしは何を学びたいのだろうか?」

この問いかけを、忘れないようにしましょう。

恋愛は、それがよりダイレクトに見える形で問いかけてくるというだけです。

【こちらの文章もおすすめ】

日本人男女の昭和的パートナーシップ

夫婦は陰陽を相互補完する