魔術師のタロットカード

タロット

わたしのおすすめのタロットカードは、魔術師アレイスター・クロウリーとレディ・ハリスの作ったThouth Tarot(トート・タロット)です。
このタロットの世界観のあまりの深さに驚愕しつつ、どっぷりのめり込んでいます。 

数年前に親友がくれたサイキックタロットやエンジェルオラクルカードは、あまり予備知識がなくても使うことができるので、スピリットと繋がりチャネリングをしながらのリーディングにはとても使い勝手が良いです。

一方、このトート・タロットは、

エジプト神話や様々な魔術的シンボルを扱う、一見すると「わかりづらい」ものです。
しかし、そのシンボルを読み解いて霊的な旅としての人生と重ねて考察することで、自分の現在の深層心理が手に取るように理解できるようになります。

そんなわけで、毎日寝る前に「自分の深層意識を知るためのツール」として使っています。

内と外とは一つである、
天使と悪魔は同じものである、
出来事は内側のものが投影された影であると分かった上で
このカードに出会えたのも良かったな。

カードのメッセージに一喜一憂せず
深い知覚と受容を学べます。

シンボルの意味を知るのも、概念を扱うため、私にとってはとても面白いものです。

霊的であることは、直感的でありながら知性を重んじること。

幸せに生きるには、愛に対する知恵が必要。
そして知恵を愛する心が必要。

そんな風に感じるこの頃。