腸内環境は運命を創る

からだ

腸=脳です。

引き寄せや自己実現について語るなら、マインドと同じくらいの熱意を持って、ぜひ腸内環境を整えましょう。


しあわせホルモンのセロトニンは、9割が「腸」で作られます。

認知行動療法も、潜在意識の書き換えも、「意識」にしかFOCUSしてません。

もちろん、一定の効果はあります。

が、

本気で変わりたいなら、「意識」と並行して、腸内環境の改善をしてください。 

よくわからない人は、
とりあえず、腹6分目を心がけ、糠漬け食べて納豆食べて、ワカメと豆腐のお味噌汁を食べましょう。


あと、早く寝てください。


腸内環境を無視して「しあわせになりたい」というのは、ぶっちゃけ無理です。


なぜなら、しあわせを感じさせてくれるホルモンを作るのは、腸内環境だから。


食は性と同様、入り口と出口に接続する、とてもスピリチュアルな領域です。


ご飯を食べる=神事

くらいの認識で良いと考えています。


命をいただいて「個」に複数の命が加わり、調和して強くなるのです。


断食は、たまになら良いですがやり過ぎたらいけません。
食をおろそかにせぬよう、おなかを大切におすごしください。

我らが天地を繋ぐ管であるのは、霊でも肉でも同じことです。


肉体とは無意識そのものです。